膀胱結石

症状

膀胱結石(ルビ)とは

膀胱は、身体のごみを除去する機能をもつ器官です。 これは、ふくろ、または風船のような形をしています。 腎臓は体からごみを取り除き、 その残りは尿と呼ばれる水と混合され、膀胱に行き着きます。 尿は満杯になるまでそこに保管され、 尿道を通って膀胱から体の外へ出ます。 
時々膀胱はすべての尿を空にしません。 尿中の元素は結晶を形成する可能性があり、それが膀胱結石を作ります。 膀胱結石は大きさと形が異なります。 それは主に男性が発生します。

症状

膀胱結石がある人の誰もが症状を呈するわけではありません。 次の二つの原因が症状を引き起こす可能性があります。 一つは、石が膀胱の内側をこすり始めること。二つには 、尿が膀胱から出るのを石が妨ぐことです。
症状には次のものがあります。
腹痛または圧迫。
にごった、または暗い色の尿。
尿中の血液。
頻尿または排尿時の痛み
排尿時に尿が尿道を通る際に問題がおきる、または排尿のコントロールができなくなる。
男性の場合、男茎の痛み。

原因

ほとんどの膀胱結石はミネラルから形成されます。 膀胱に残った尿に見られるものです。 膀胱結石につながる一般的な問題には、次のようなものがあります。
【肥大した前立腺】 男性には前立腺と呼ばれる腺があります。 それは膀胱の隣の尿道の周りに形成されます。 前立腺が肥大すると、尿道に圧力がかかります。 これにより、膀胱から尿流が失われる可能性があります。 前立腺肥大は、年を取るにつれて多くの男性に起こります。
【膀胱の炎症】 特定の感染症は膀胱を悩ますことがあります。 最も一般的なのは尿路感染症(UTI)です。 骨盤領域への放射線の照射は他に考えられ得る原因の一つです。
【神経損傷】 膀胱がいっぱいで、空にする必要があるとそのタイミングを神経が教えてくれます。神経が傷ついている場合は、尿の流れに問題が生じます。 脳卒中や脊髄損傷は神経に障害を与える可能性があります。
【膀胱手術】 尿の流れをコントロールできない人は手術が必要な場合があります。 この膀胱の形の変化は、膀胱結石を引き起こす可能性があります。
【膀胱瘤 】 これは、女性の膀胱壁が弱くなって落ちこむ状態で、骨盤領域に圧がかかります。 それは尿の流れに影響し、膀胱結石の形成につながる可能性があります。
尿が酸性すぎる、または濃縮されている場合は、膀胱結石を発症することがあります。 まれに、異物があなたの膀胱に入ることがあります。 一例としては、手術で使用される医療機器の一片があり、こうしたものが、膀胱結石を形成することがあります。
腎臓結石は、膀胱結石と同様の症状を有します。 しかし、症状は同じではありません。 腎臓の石は必ずしも自然になくなるわけではありません。 石が膀胱にひっかかったら、そこに新しい石を作り出す可能性があります。

診断方法

膀胱結石の診断には医療機関の受診が必要です。 医師は、結石を見つけて原因を突き止めるための検査を指示します。
これらには、次のものがあります。
【身体検査】 医師は、お腹のかたさや痛みをチェックします。 男性の場合、直腸検査を行って前立腺を検査する場合もあります。
【尿検査】 尿を検査するには、尿分析(検尿)と尿培養の2つの方法があります。きれいな尿サンプルを提供します。 このためには、滅菌ワイプを使用して最初に陰茎や膣を洗浄して、尿サンプルに細菌が入り込まないようにします。 検査室では尿中の細菌、血液、膀胱結石の徴候をチェックします。 また、尿路感染症などもチェックします。

【X線】 医師は骨盤領域のX線撮影を指示するかもしれません。 いくつかのタイプの膀胱結石は写真で確認ができます。
【コンピュータ断層撮影(CT)スキャン】 すべての膀胱結石がX線写真に写るわけではありません。 X線が有効でなければ、CTスキャンを行うことがあります。
【尿路造影】 医師は静脈に特殊な液体を注入します。 それが尿路に流れていきます。 臓器に達したときにX線撮影を行います。 液体のコントラストにより膀胱結石はよりはっきりと確認できます。
【超音波】 これは放射線の代わりに超音波を使って石を識別します。
【膀胱鏡検査 】 医師は、膀胱の内部をより詳細に観察する必要があるかもしれません。 医師は尿道にカメラ付きの小さなチューブを挿入します。 検査では異常なものがすべて検出されます。

予防法

関連疾患から生じる膀胱結石は予防するのが難しいです。 症状が出たときに医師に相談してください。 膀胱結石が形成される前に尿路感染症を治療するという方法もあります。
健康を保つことによって膀胱結石のリスクを低下させることができます。水をたくさん飲むことを心がけてください。 1日に、グラス6〜8杯の水が平均的に必要です。 何が最良か医師に相談してください。脂肪、塩、砂糖が多い食事は避けてください。
喫煙や違法薬物は避けてください。 腎臓が悪い化学物質を取り除くのに苦労することがあります。 化学物質が蓄積すると、膀胱結石が形成される可能性があります。

治療方法

いくつかの膀胱結石は自然に落ちます。 大量の水を飲むことは、尿と一緒に膀胱を通って石を排泄させることに役立ちます。 石が体を出るときに痛みを感じることがあります。 通常、これは早期に見つかった場合や石の大きさが小さい場合にのみ有効です。
ほとんどの場合、医師は石を除去する必要があります。 これを行うには、主に二つの方法があります。 最も一般的な方法は、膀胱鏡を使用することです。 医師は尿道にカメラ付きの小さなチューブを挿入します。 カメラは膀胱結石を検出します。 医師はレーザーや超音波を使って石を破壊します。 その他の医療機器を使用することもあります。 液体によって残った破片を洗い流します。
時には石が大きすぎて尿道を通過できないことがあります。 医師は骨盤の近くを切開する必要があり、切開部分から膀胱に入り石を取り除きます。 手術には何らかの麻酔が必要です。入院が必要なこともあります。
手術の後、医師はすべての石がなくなったことを確認し、さらに確認のために検査を繰り返すかもしれません。また、感染を防ぐために薬を処方するかもしれません。
さらなる治療が必要な場合もあります。膀胱内に腫瘍を発見した場合は、がんの有無をチェックします。
膀胱結石は治療しないと、永続的な障害が残ることがあります。 これには、くり返す尿路感染症や膀胱、腎臓、尿道への損傷があります。

医師に質問すべき事項

腎臓結石や膀胱結石があるかどうかは、どのように検査しますか?
一度でも膀胱結石があった場合、再発の危険が高いのですか?
腫瘍が膀胱結石を引き起こす可能性はありますか? 腫瘍が癌であるという可能性はありますか?

関連記事一覧