体重計で量る:本当の体重を見つける

その他

どのように、いつ、どこで、体重計を使うのがよいのか学びましょう。

体重を量るか量らないか。それが問題です。

体重を減らし、筋肉を増やし、健康的な体重を維持しようとしている人にとって、体重計は友人でもあり、敵でもあるかもしれません。しかし専門家によると、体重計の使い方が正しい場合と間違った場合があるのだそうです。
 
アメリカダイエット協会の広報担当であるドーン・ジャクソン・ブラットナー氏によると、「定期的に体重を量る人はダイエットに成功することがわかっています。これは進捗や成功を測る方法ですが、標準の定義は幅広いのです」と言っています。

「中には毎日体重を量るのが好きな人もいますが、私は週1回量ることを勧めています」とブラットナー氏は言います。

問題は、毎日体重を量る人の中には、体重計の数字にこだわりすぎる人がいることです。「自分自身に『これで今日の私の気分が決まりますか?』と問う必要があります。もしそうなら、明日は体重計に乗らないほうがよいかもしれません。そして、週に1度体重を量るようにするべきです」とブラットナー氏は言います。

体重を量るときの4つのS

体重計で自分の体重を測るとき、ブラットナー氏は一貫性をもつようにすることを伝えます。以下のルールを守って、体重を量りましょう。

・同じ時刻に量る
・毎週同じ曜日に量る
・同じ服を着て量る
・同じ体重計に乗って量る
 
自宅で体重計を使っている場合、必ず平らな場所に置いてください。不安定な浴室のタイルや豪華なカーペットの上だと、数値が不正確になる可能性があります。これらのステップに従ったとしても、体重が毎日、あるいは週ごとに数ポンド変動するのは当然です。通常の体重の変動は、以下のような理由で起こります。

・デンプン質や塩辛い食べ物を食べる
・天候
・ホルモンの変化による水分保持
 
だからこそ、ブラットナー氏は毎日の変動ではなく、体重計に表示される数値の全体的な傾向を見ることが重要だと言います。彼女は一般的な見解とは異なり、体重は長期にわたって体内で起きていることの結果を表すもので、ジャンクフードを食べたからといって、すぐに体重計に反映されるわけではない、と言っています。
 

体重計に代わるもの

体重計を使うことができない場合や、ほかの方法で進行状況を記録したい場合、健康や体重を量る方法がいくつかあります。
・体脂肪の評価。ブラットナー氏によると、多くのジムや一部の家庭で利用できる生体インピーダンス法(BIA: Bioelectrical Impedance Analysis)という方法は、従来のキャリパー法による体脂肪測定技術よりも正確です。
・時間の経過とともに、洋服がどのようにフィットしているかに気をつける
・体型の変化を記録するために、巻尺を使う

「一部の人々は、体重計の数字だけでなく、測った数字を見ることでもモチベーションが高まります」とブラットナー氏は言います。「数字を見てモチベーションが上がる人なら、自分自身を測ることは良いアイデアです。こうしたステップを踏みたくないと思うなら、クローゼットにある洋服を使いましょう。そして、3カ月前にきつかった洋服がゆるくなっていれば、自分のダイエットは正しいという、とてもうれしい動かぬ証拠になります。

関連記事一覧