ビタミンCについて

その他

概要
ビタミンとミネラル
ビタミンA
ビタミンB群と葉酸
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK
カルシウム
ヨウ素

その他

ビタミンCは、アスコルビン酸としても知られ、いくつかの重要な作用があります。
それは、細胞を保護し、健康を保つことに役立つこと、健康な肌、血管、骨、軟骨を保つこと、創傷治癒に役立つなど、の作用です。
ビタミンCの欠乏は、壊血病の原因になることもあります。程度の軽い欠乏は、乳児用栄養調整がされていない牛乳を乳児が飲んでいる時や、貧しい食生活や食事内容を非常に制限している場合に起こることがあります。

ビタミンCが多く含まれているもの

ビタミンCは様々な果実と野菜に含まれています。多く含まれているものには次のようなものがあります。
オレンジとオレンジ・ジュース
ピーマンと赤ピーマン
ストロベリー
ブラックカラント(クロフサスグリ)
ブロッコリー
芽キャベツ
じゃがいも

どのぐらいの量のビタミンCを摂取すればよいでしょうか?

成人(19-64歳)は1日あたり、ビタミンC40mgが必要です。
ビタミンCは多くの食材に含まれているので、毎日の食事から必要な量のビタミンCを摂取することは可能なので、食事から摂取するのがよいでしょう。ビタミンCは体内で蓄積することができないため、毎日食事から摂取する必要があります。

ビタミンCを摂りすぎるとどうなりますか?

1日1,000mg以上の大量のビタミンCを摂取すると次のような症状がでることがあります。
胃痛
下痢
腹部膨満
こうした症状はビタミンCサプリメントを摂取するのを止めるとなくなります。

米国保険局は国民にどうアドバイスしていますか?

必要なビタミンCを、バランスの取れた種類の豊富な食事から摂れるようにすべきです。サプリメントを摂る場合は、大量に摂取すると摂りすぎて健康に有害な可能性があります。
ビタミンCサプリメントを1日1,000mg以下摂取する場合は、健康に影響はないと考えられています。

関連記事一覧