健康とダイエットのためのジュース

その他

ジュースを試す準備はできていますか?食事にもっとたくさんの果物や野菜を加える簡単な方法があります。始める前に、ジュースがもたらしてくれるメリットと、誇大広告にすぎないことについて知っておくべきことがあります。

最大のメリット

デラウェア州ウィルミントンの栄養士であるジェニファー・バー氏は、「果物や野菜をあまり食べないなら、ジュースで摂るのはいい方法です」と言っています。それでも、もっと野菜や果物も食べたほうがよいでしょう、と体重管理プログラムであるイーティング・フリーの創設者であるマニュエル・ビラコルタ氏も言っています。

1日に2種類フルーツを丸ごと食べたり、3種類から4種類の野菜を食べたりすることを目指しましょう。さまざまな色の野菜を選ぶと、ビタミンとミネラルをうまく組み合わせて摂ることができます、とバー氏は言います。
 

食物繊維について

ジュースの場合、果物や野菜そのものに含まれる食物繊維を摂取できません。ジューサーは果汁を抽出しますが、食物繊維はジューサーの中に残してしまうためです。食物繊維を摂取できなくなってしまうので、ジュースの中に食物繊維を加えるか、料理に使ったりしましょう。バー氏によれば、繊維質をマフィン生地に入れたり、スープやお米、パスタを料理するときのブロスにすることを付け加えています。これが「食事の栄養価を高める特別なステップになる」と彼女は言っています。
 

ジューサーは必要ですか?

ジューサーは高価な場合があり、価格も50ドルから400ドルまでさまざまです。高価なジューサーの中には、芯、皮、種を砕いてたくさんの果物を粉砕するものもある、とバー氏は言っています。

ジュースを作るために、ジューサーは必要ないかもしれません。ミキサーを使えば、食物繊維を保ちながらほとんどの果物や野菜を丸ごとつぶすことができます。もし濃くなりすぎたら水を加えてください、とビラコルタ氏は言います。種や皮、薄皮なども取り除きたいと思うでしょう。

ジュースを作ったら、安全のためにその日のうちに飲みましょう。次に使うときのために、ミキサーやジューサーを徹底的に洗ってください。
 

カロリーをチェックする

ジュースにはどのくらいカロリーが入っていますか?それはどんな果物や野菜を入れたかによって変わります。

「4種類まで果物を入れることができ、カロリーは増え始めます。もし野菜をジュースにするなら、カロリーはかなり低くなります。もし主に野菜を使うなら、風味付けにリンゴやキウイを加えましょう。純粋なフルーツジュースにする場合は、カロリーの問題が出てきます」とビラコスタ氏は言います。

タンパク質を加えると、もっとバランスの取れたジュースになります。お勧めの材料は、アーモンドミルク、ギリシャヨーグルト、亜麻仁油、ピーナッツバターです。
 

ダイエットやクレンジングのためのジュース

ジュースを飲むことは、体重を減らすのに簡単な方法のように思えるかもしれませんが、裏目に出る可能性があります。食事がジュースだけになると、体に必要な食物繊維やタンパク質を十分摂取できない可能性があります。

反発するかもしれません。「ジュースダイエットをしているなら、自分に厳しい制限をかけているので、ケーキやドーナツといったものを食べたくなります」とバー氏は言います。
タンパク質を十分摂取できないと、筋肉を失う可能性もあります。
結論:ジュースダイエットは極端すぎるので、その結果が持続する可能性は低いです。

体内のデトックスやクレンジングをするために、ジュースを飲むのは効果があるのでしょうか?「クレンジングはジュースを飲むと起きる、という根拠を支持する研究や科学論文は見たことがありません」とビラコスタ氏は言います。肝臓や腎臓に解毒作用がありますが、これはジュースを飲んでいるかどうかは関係ありません。
 

その他の栄養機能表示

その他の栄養機能表示に関して、植物性食品を食べることが心臓病やがんのリスクを低下させることにつながっていることは事実です。しかし、ジュースを飲むことに特化した研究はそれほど多くありません。

ジュースと免疫システムに関する研究はあります。ただ、免疫システムのメリットは、おそらく果物や野菜を摂取したことに由来しており、ジュースを飲んでいるかどうかではありません、とバー氏は言っています。
 

処方薬を服用している場合

ジュースをたくさん飲む前に医師に相談してください。そうすれば、潜在的なリスクを避けることができます。
たとえば、ケールやホウレンソウといったビタミンKが多い食品は、抗凝結剤であるワルファリンの作用を変える恐れがあります。

関連記事一覧