主な減量方法:最初のステップを実行する方法

その他

体重を大幅に減らす方法を考えるのは難しいかもしれません。ここでは始め方をご紹介します。

月刊の『WebMD the Magazine』では、ダイエットと運動に関する質問を一流の運動や動機付けの専門家に伝えています。今月は、ロサンゼルス在住のテレビ番組編集者で、3人の父親でもあるギレルモ・ブストスさん(43)から、現在452ポンドの体重を200ポンド減らすためのアドバイスが欲しいという相談を受けました。私たちは、デューク・ダイエット&フィットネスセンターの行動健康担当ディレクターであるマーティン・ビンクス博士に話をしました。彼はダイエットでブストスさんを助けており、大きなダイエットの目標を小さなステップに分けることについてアドバイスしています。
 

ギレルモの質問

私はテレビ局で、撮影後の編集スタッフとしてデスクワークをしています。私は10時間から12時間仕事をしており、締め切りのペースやロサンゼルスの交通機関のスピードが速いので、手軽な食べられるものをたくさん食べています。私の典型的な食事はハンバーガー、フライドポテト、炭酸飲料で、1日中スターバックスのラテをたくさん飲んでいます。時間が経つと、その量が増えます。そして、私は子供たちを街のいたるところで開催されるサッカーや野球の練習に連れていっています。なぜなら、彼らを活発にして、私のようにならないようにするためです―私は参加しませんが。私はようやく、自分の人生を変えなければいけないことに気づいたんです。
 

答え

ギレルモのダイエットを管理しているビンクス博士によると、減らしたい体重が100ポンドであろうと20ポンドであろうと、大事なのは毎週1ポンドから2ポンド減らすことに集中し、自分がすることにしっかりと一貫性を持たせることそうです。ギレルモのように減らしたい体重が多い人は、最初から体重をかなり減らすかもしれませんし、医師の観察のもとで安全にダイエットをすることができます。長期的にみれば、体は1週間に一定量の体重を安全に減らすことができますし、それを続けていれば、最終的には目標の数値に達することができます。また、ビンクス博士は以下のことも勧めています。
 

運動を少し加える

ビンクス博士は最近研究を行い、その結果、ほんの少し活発になると健康を改善できることがわかりました。運動プログラムにもう数分加えるか、エクササイズセッションに数分を追加するか、ルームランナーのスピードを時速0.5マイル上げて、毎週少しずつ負荷をかけていってください。
 

低カロリー食品で空腹を満たす

ビンクス博士は、ペンシルバニア州の栄養学者であるバーバラ・ロールス博士が開発した「ボリューメトリック」アプローチを勧めています。これは、「満腹指数(カロリーをたくさん摂らなくても満腹感を感じることができる)」が高い食べ物でお腹を満たすというものです。大量、低カロリーの食品には、サラダ、スープ、オートミールがあります。ギレルモが今している毎日ランチやディナーを食べる前に大きなサラダを食べることは、過食を防ぐとてもよい方法です。
 

ダイエット中に自信をなくさないこと

大幅に減量することは難しいですが、もしひどく苦しんでいると感じたら、決してダイエットを続けてはいけません。The Biggest Loser(訳者注:アメリカで放送されているダイエット番組)の出場者のように、自分自身に拷問を与える必要はありません(そして、彼らのように週に10ポンド減量できると思わないでください)。あなたは長期的に取り組む持続可能な方法を望んでいます。

デューク・ダイエット&フィットネス・センターで4週間過ごした後、ギレルモは現在421ポンドまで減量し、「完全にライフスタイルを変える旅に幸先のよいスタートを切りました」と語りました。

関連記事一覧