燻製したカキを食べるメリットは?

その他

オリーブオイルに漬かった燻製のカキは、おいしいごちそうになるだけでなく、栄養も詰まっています。生の新鮮なカキは、蒸したあと、風味を高めるために燻製にします。缶から薫製したカキを食べても、高級レストランで自家製の燻製カキを楽しんでも、栄養素を得ることができます。

質の良いタンパク質を供給する

カキなどの貝は、質の高いタンパク質を体の適切な成長や修復、および維持に欠かせない必須アミノ酸として供給します。体内のあらゆる細胞はタンパク質を含んでおり、尿や胆汁を除いて、体内の体液にもタンパク質が含まれています。99グラムの燻製カキのうち、約7グラムから11グラムのタンパク質を含んでいます。

鉄分の供給

体の健康に欠かせないミネラルである鉄は、血流に酸素を運ぶ赤血球の重要な要素です。鉄はエネルギーの生産と免疫システムの強化に必要です。99グラムの燻製カキのうち、約5ミリグラムの鉄を含んでいます。

ビタミンB12の摂取量を増やす

ビタミンB12は、体のエネルギー生産、アミノ酸代謝およびDNA生産に必要です。適切な細胞分裂および効率的な脳および神経機能は、ビタミンB12に依存しています。ビタミンB12の欠乏が深刻になると、症状は記憶障害から麻痺、そして死に至ることもあります。99グラムの燻製カキのうち、16マイクログラムのビタミンB12が含まれています。

オメガ3脂肪酸が高い

オメガ3脂肪酸は、体内で必要ではあるものの、自ら作り出すことができない多価不飽和脂肪酸の一種です。多価不飽和脂肪酸は、魚やオリーブオイルのようないくつかの植物食品に豊富に含まれています。これらの脂肪酸は、LDLと呼ばれる低比重リポ蛋白を減らして、コレステロール値を改善することができます。カキはオメガ3脂肪酸が高く、心臓の健康に良い選択です。99グラムの天然の東海岸の牡蠣には、約0.6グラムのオメガ3脂肪酸が含まれています。

関連記事一覧