子供のためのプロバイオティクス:ゆるいお腹を改善する自然な方法

その他

下痢のときは、良い菌をつかって、悪い菌をやっつけましょう。

直視しましょう。子供は病気になります。いつでもなり得ます。手を何回洗っても、どれだけ消毒しても、それでも子供は、耳の感染症、喉の痛み、または胃腸の痛みなど、抗生物質を必要とする菌を拾う可能性があります。しかし、抗生物質は細菌感染症には効果的ですが、広域抗生物質(健康を保つための細菌まで殺してしまうもの)には、非常に不都合で不快な欠点があります。

子供の抗生物質による下痢を防ぐための方法として良いのは、活発的な善玉菌であるプロバイオティクスを摂取することです。研究では、いくつかのプロバイオティクスが、抗生物質による下痢を抱える子供の75%を改善するということが明らかになっています。

このことから、小児科医は抗生物質を使用しているときはプロバイオティクスの服用する勧めるでしょう。子供のためのプロバイオティクスについて更なる情報は、以下を参考にしてみてください

プロバイオティクスって結局何なのか?

尿路感染症(UTI)になったり、または海外に行って下痢になった経験があれば、病気になる可能性のある細菌に遭遇したことがあるということです。しかし同時に、私たちの腸内には健康を保ってくれるための、何百万もの細菌(別名:有益な菌、または善玉菌)がいます。

プロバイオティクスは、乳酸菌もしくはビフィズス菌の2つの細菌群のうちの1つに由来し、生きた細菌であり、私たちの心の中にある善の心のようなものです。

母乳の子供や正常出産した子どもは、ミルクの子どもや帝王切開で生まれた子供よりも、多くのこれらの良い細菌群を腸内持っている傾向があります。

体の外では、サプリメントやヨーグルトのような特定の食品にプロバイオティクスが含まれています。

プロバイオティクスの効果

抗生物質によっては、悪い菌と一緒に良い菌を殺してしまうので、プロバイオティクスは予備菌として考えることができます。(体に良い菌の数を増やして、病気の原因となる菌を押し出します。)良い菌は、悪い菌が血流に入ることができないように腸の内層を強化し、腸の環境を悪玉菌には望ましくない酸性に変えてくれます。

プロバイオティクスは、他の条件にも役立つか?

研究者によると、プロバイオティクスは、炎症性腸疾患、胃潰瘍、アレルギーおよび湿疹、UTIおよび膣感染症、風邪、インフルエンザ、耳感染症、膀胱癌、虫歯、高コレステロール高血圧などにも効果があるとされています。

しかし、今のところ、プロバイオティクスの最も強力な証拠は、抗生物質による影響や日常で感染する下痢の予防と緩和であるということです。

どのプロバイオティクスも有効か?

そうとも言い切れない部分があります。さまざまな種類の下痢で一貫して効果があるされているのはLGG菌です。しかし、乳酸菌とビフィズ菌を含むサプリメントはたくさんあり、どちらの菌株も同等に有効であるかは不明です。

一番良いのは、どの細菌株(または補完物)が良いのか、どのくらいの頻度で与えるのかを小児科医に相談することです。

また、ヨーグルト以外の食品からもプロバイオティクスを取ると良いでしょう。濃縮したサプリメントと同じくらい多くのプロバイオティクスを取ることは難しいかもしれませんが、どんな時でも食べ物から栄養を摂取するのは良いことです。LGGを含んでいて、低脂肪、低糖度のブランドを選択してください。プロバイオティクスの効力は時間とともに減少する可能性があるので、有効期限を確認しましょう。発酵乳飲料や豆乳、味噌ような大豆製品にもプロバイオティクスが含まれています。

関連記事一覧