膀胱炎の治療

陰部

医療専門家は、どのように膀胱感染症を治療していますか?

細菌が原因で膀胱感染症を発症している場合、医療従事者は抗生物質を処方する可能性が高いです。症状や検査結果に基づく診断がはっきりしない場合は、抗生物質が必要ない場合があります。代わりに、医療従事者は症状の原因と、最善の治療法を見つけるために動いてくれるでしょう。

どの抗生物質を服用するかは、感染の原因となる細菌のタイプや、抗生物質で起きる可能性のあるアレルギーに基づいています。

治療の長さは、以下の要素によって変わります。
・感染の重症度
・症状と感染がなくなるかどうか
・感染を繰り返しているかどうか
・尿路に問題があるかどうか

細菌は尿道の周辺にある前立腺に移動できるため、男性は抗生物質を長期間服用する必要があるかもしれません。細菌は前立腺組織の奥に隠れることがあります。

抗生物質を服用するときは、医療従事者の指示に従ってください。症状が改善してきたとしても、必ず抗生物質は飲み切ってください。

必要に応じて、医療従事者は、膀胱感染から痛みや不快感を和らげるために他の薬を処方することがあります。

在宅治療

治癒のスピードを上げるために、たくさん飲み物を飲んで排尿しましょう。水がお勧めです。尿失禁、頻尿、心臓や腎臓の不全など、ほかの健康問題のために液体をたくさん飲むことができない場合は、医療従事者に相談してください。

背中や腹部に温熱パッドをあてると、腎臓や膀胱の感染症の痛みに対処しやすくなります。

研究

研究者らは、抗生物質を使わずに膀胱感染症を治療または予防する方法を研究しています。これらの感染症を引き起こす細菌は、抗生物質を繰り返し服用すると耐性が増し、治療が難しくなります。代案として、プロバイオティクス、膣エストロゲン、「待機療法」などがあります。民間療法やサプリメントなどで膀胱感染の治療を始める前に、医療従事者に相談してください。サプリメントの中には副作用があるか、または処方薬と組み合わせるとうまく反応しなくなるものがあります。

膀胱感染症を予防するにはどうすればいいですか?

毎日の習慣やライフスタイルの選択肢の一部を変えると、膀胱感染が再発するのを防ぐことができます。

十分な液体を飲む

ほとんどの人は1日に8オンスのコップで6回から8回液体を飲むのがお勧めです。尿失禁、頻尿、心臓や腎臓の不全など、他の健康問題のために、この量を飲むことができない場合は、医療従事者と相談してください。

浴室での習慣に気をつける

最初に尿意をもよおしたらお手洗いに行き、尿を出しましょう。尿が膀胱内に長く滞留しすぎて感染を引き起こすと、細菌が増殖する可能性があります。セックスの後はすぐにお手洗いに行って尿を出し、セックス中に尿道に入った可能性がある細菌を洗い流しましょう。

排尿後または排便後は、常に前から後ろまで拭いてください。このステップは排便後、尿道に細菌が入らないようにする上でとても重要です。

ゆったりとした服を着る

綿の下着やゆったりとした服を着ることを検討しましょう。そうすうと、空気が尿道の周りを乾燥した状態に保つことができます。

反復膀胱感染症がある場合、避妊方法の変更を検討する

膀胱感染の再発に問題がある場合、避妊について医療従事者に相談しましょう。もしペッサリーや無潤滑コンドーム、または殺精子剤を使う場合は、別の避妊法に切り替えることを検討してください。これらすべてが膀胱感染症を発症するリスクを増やす可能性があるためです。殺精子剤を使わない潤滑剤入りコンドームの使用や、非殺精滑性潤滑剤の使用を検討しましょう。

関連記事一覧