日焼け

その他

きれいに日焼けしようと思って屋外で横になっても、ラウンジチェアから歩いていくあなたの肌の色は、まるで茹ですぎたロブスターみたいです。
太陽のダメージに関する健康的な注意にも懲りず、私たちの多くは太陽の日焼け光線に肌をさらし続けています。
CDCによると、成人の3分の1以上と、子供のおよそ70%は昨年中にひりひり痛むような日焼けをしています。
肌を安全に保つために知っておきたいことと、ラウンジで日に当たりすぎたらどこで処置を受ければよいかについて紹介しましょう。

日焼けの原因

単純な日焼けの説明はすでにご存知でしょう。肌が太陽に長時間さらされると、最終的には焼けて、赤くなりひりひりするのです。
肌の下では、もう少し事態は複雑です。太陽は3つの長さの紫外線光を発するのです。
・UVA
・UVB
・UVC
です。
UVCは地球の表面には到達しません。他の2種の紫外線光はビーチタオルに届くだけでなく、肌を貫通するのです。肌のダメージはUVAとUVB光線によって引き起こされます。
日焼けは屋外に長くいすぎたことの一番分かりやすい印です。しかし太陽によるダメージはいつも目に見えるとは限りません。肌の表面の下では、紫外線はDNAを変えることができ、肌を先天的に老いさせるのです。時間が経つと、DNAのダメージは致命的なメラノーマを含む肌のガンの原因になることがあるのです。
日焼けがどれほど早く始まるかは
・あなたの肌のタイプ
・日差しの強さ
・どれだけ太陽にさらされているか
によります。リオデジャネイロで日光浴をしている金髪の、青い瞳の女性はニューヨークで晴れた日に屋外で座っている黄褐色の肌の女性よりもはるかに早く肌が真っ赤になるでしょう。

日焼けの印

日焼けすると、肌は赤くなり痛みます。もし日焼けが深刻だと、腫れて日焼けの水ぶくれができます。熱が出て、寒気、吐き気、頭痛、虚弱など、インフルエンザのように感じるかもしれません。
何日か経ち、体が太陽のダメージを受けた細胞を取り替えようと肌がむけ始めてかゆくなるかもしれません。

日焼けの処置

日焼け治療は2つの面で日焼けと戦うためにデザインされています。真っ赤になり火照る肌の痛みを和らげ、緩和するのです。

湿布

冷たい湿布を肌に当てたり水風呂に入ることで炎症を和らげることができます。

クリームやジェル

日焼けのひりひりをなくすため、
・メンソール
・樟脳
・アロエ
などの材料を含むクリームやジェルを優しくすりこみましょう。
まずクリームを冷蔵庫に入れておくと日焼けした肌にさらに良いです。

NSAIDs 

イブプロフェンやナプロキセンなどの非ステロイド性抗炎症薬は腫れて痛む体中の日焼けを和らげることができます。

水分を摂り続けましょう

水とその他の液体を脱水症状にならないようにいっぱい飲みましょう。

日光を避けましょう

日焼けが治るまで、日光に当たらないようにしましょう。自分で日焼けの治療をすることも可能かもしれません。しかしこれらのより深刻な日焼けのサインにどれか気づいたら医師に助けを求めてください。
・102度かそれ以上の熱
・寒気
・ひどい痛み
・体の20%以上に日焼けの水ぶくれが見られる
・ドライマウス、喉の渇き、尿の減少、目眩、疲労感などは脱水症状の印です。

日焼けを防ぐ

屋外にいるときに肌を安全に保ついくつかの方法をお伝えします。
時計を見ましょう
太陽光線は午前10時~午後4時の間に最も強くなります。もしこの時間帯に屋内に居られなかったら、最低でも日陰に留まるようにしましょう。
正しい服を着ましょう
屋外に行くときは、
・つばの大きい帽子
・裾の長いスカートやパンツ
・UVカットのサングラス
などの日光から身を守る服を着ましょう。

日焼け止めを使いましょう

最低でも1オンスの広域日焼け止めで太陽にさらされている肌の部位を守りましょう。つまりUVAとUVB光線両方を日焼け止めは防ぐということです。
最低でも30の日焼け止め指数(SPF)を日焼け止めは持っていなくてはいけません。日焼け止めを塗るこれらの方法を参考にしましょう。
・屋外に行く30分前に日焼け止めを塗りましょう。
・紫外線は雲も貫くので、たとえくもりの日であっても日焼け止めを使いましょう。
・2時間ごとに日焼け止めを使いましょう。ひどい汗をかいていたり、泳いでいるのであればもっと頻繁に使いましょう。

関連記事一覧