自殺の予防

その他

精神的健康を改善する

精神病にならないと補償することは不可能ですが、精神的健康を改善するためにとることのできるステップがあります。
感情的に強ければ、ストレスや動揺に対処し、うつ病などの精神病になるリスクや、自殺願望のリスクを減らすことが容易になるでしょう。

エクササイズと食事

研究によると、軽度うつ病のある人にとって、運動はうつ病症状を軽減する上で抗うつ薬と同じぐらい効果的であることが示されています。身体的に活動的であることは、次のような状態にすることに役立ちます。
気分をあげる
ストレスと不安の軽減
エンドルフィンと呼ばれる「気分が良く感じる」脳内化学物質の放出を促す
自尊心を高める
英国国立保健ケアエクセレンス(NICE)は、すべての年齢の人々のうつ病の治療に運動を利用することを推奨しています。
健康的な食事を摂ることも重要です。健康的な食事は、精神的健康を維持するために重要であり、かつ肉体的な健康問題を予防することにも役立ちます。

アルコール

飲酒は、問題や不快な感情に対処しようとする方法としては魅力的なものです。しかし、アルコールは、悲しみや絶望などの不快な感情を悪化させる可能性があることを意味する、抑制剤です。
アルコールの乱用に関連する一般的な精神的健康上の問題を避けるために、推奨されるアルコールの1日制限を超えて飲まないでください。次の量です。
男性の場合は1日3〜4ユニット
女性のために1日2〜3ユニット
アルコールの単位は、正常強度のラガーのパイントおよそ半分、またはスピリッツの単一単位(25ml)です。小さなグラスワイン(125ml)は1.5ユニットです。
アルコール消費を抑えることができない場合は、かかりつけ医に相談してください。

薬物

問題を抱えている人や不快な感情を抱えている人は、通常、それへの対処の方法として薬物を使います。しかし、アルコールと同様に、薬物乱用が持続すると、うつ病などの重大な精神病が発症するリスクが高くなります。
薬の服用をやめるのが難しい場合は、カウンセリングや投薬が必要な場合があります。

孤独を避ける

社会的に隔離されることは、自殺に関する重大な危険因子です。自分の周りの世界と可能な限り関わり続けるようにしてください。時にはそういう気にならないとしても、信頼できる誰かに自分がどう感じているか話、友達関係を維持し、関心を持ち続けてください。
友だちを作るのが難しい場合は、本愛好家グループやウォーキンググループなど、地域のアクティビティグループに参加することもよいかもしれません。地元の図書館、コミュニティーセンター、役所などで、自分の地域にある様々なグループやクラブの詳細を得ることができます。
研究によると、慈善活動やその他の自発的な活動を通じて、他の人を助けるために定期的に時間を費やす人々は、通常、一般の人よりも精神的に健康だという結果があります。地元の慈善団体やボランティア団体でボランティア活動を行うことからメリットを得られることでしょう。
慈善団体とボランティア組織にとっては、どんな助けでも大きな助けになります。強く関心がある問題を選択して、関連する組織に連絡してください。組織を見つける最も効果的な方法は、インターネット検索です。

ポジティブであり続ける

ポジティブであり続けることは、特に重度のうつ病のある人にとっては、無意味なことのように聞こえるかもしれませんが、可能な限りポジティブなままでいることが重要です。
ネガティブな考えに固執することは、周りの世界からひきこもり、さらに孤立してしまいます。
このパターンを破ることは、通常、何かの出来事が自分を動揺させた時にどのようにポジティブな方法で答えることができるのかという、「ステップバック」という意識的な努力を要求します。
思考のネガティブなパターンを変えることができない場合、認知行動療法(CBT)と呼ばれる一種の話し方治療を受けることができます。CBTは、考え方や行動を変えることによって、問題を管理するのに役立ちます。

自助治療(セルフヘルプ)

全般性不安障害(GAD)またはうつ病と診断されたとき、かかりつけ医は、集中的心理療法または薬物療法を受ける前に自助治療を試みることを推奨するかもしれません。
これには、通常、約6週間もしくはそれ以上期間、本もしくはコンピュータプログラムからの作業が含まれます。場合によっては、毎週または二週おきに熟練したセラピストによって緊密にサポートされる場合もありますが、進行を監視するセラピストとの接触が最小限または時々しか行われない治療もあります。
不安に対処する方法を学ぶのに役立つさまざまな書籍やコースがありますが、英国国立医療技術評価機構NICE(National Institute for Health and Care Excellence)は認知行動療法(CBT)の原則に基づいて治療を試みることを推奨しています。
CBTは精神状態をより良く理解し、問題、思考、感情、行動がどのように相互に影響を与えるかについて理解するのに役立つ心理的治療の一種です。CBTベースの治療の目的は、ネガティブな、または役に立たない行動や考えを修正することによって、不安を管理する方法を学ぶことに役立ちます。

関連記事一覧