子供の鼻について知っておくべきこと

その他

子供のかわいい顔の中でも、特に魅力的なパーツの鼻は、健康に成長するにあたって重要な役割を果たしています。

子供の小ぶりの鼻は、間違いなく魅力的ですが、愛らしい形だけではありません。小さくても、子供の発達や成長に大きな役割を果たしています。

成長に重要な機能を果たす鼻

味覚や触覚のように、子供は嗅覚を使っては周りの世界を知ります。そして、それは既に赤ちゃんの頃から始まるのです。赤ちゃんは母親の乳首を香りで見つけ、乳の臭いを他の人とちゃんと区別することができます。その匂いの感覚は、生後6ヶ月間で最も成長し、幼児期にピークに達します。そのため、子供たちは匂いに関して大人よりも鋭い感覚を持っています。ただし、だからと言って必ずしも完全に信頼できるものではありません。とても幼い子供は、通常、毒や賞味期限切れの食べ物が “悪い”と感じることがほとんどありません。大体2歳くらいになると、変わり始め、悪臭の臭いを認識しだすのです。

食欲をそそる

チョコレートやチーズバーガーの匂いを嗅がずに食べることを想像できますか?匂いと味覚は密接に関連しています。どちらも特別な感覚細胞で構成されている化学感覚システムの一部であるからです。ですから子供は、まだ一度も食べたことがなくても焼かれたばかりのクッキーの匂いに惹かれてるのです。野菜料理に魅力を感じて欲しければ、良い匂いをさせるべきです。

思い出作りを助長する

クレヨンの箱の匂いを嗅いでみてください。何を思い出しますか?横になって、子供の頃のベッドルームに色づけしているイメージでしょうか?脳は鼻から得た情報含め、たくさんのデータを記憶に詰め込みます。何かイベントごとを思い出させようとするときは、そのときの匂いを表現するのもよいでしょう。(おばあちゃんの料理や海のにおいなど)

健康維持に役立つ

フィルターと聞くと機械的なものをイメージされるかもしれませんが、鼻にもフィルター機能があります。

呼吸すると、鼻の小さな毛が細菌や埃などの空気から刺激物を取り除きます。鼻の通路が暖かくなり、空気を湿らせて肺を健康に保ちます。鼻詰りになると息が詰つまりとても不快な思ります。その際はベビーベッドのマットレスの下に枕を入れたり、余分な枕を使い、頭の位置を高くしてあげましょう。そうすることで、鼻の通路が通り、呼吸がより簡単になります。

子供の鼻はいつも変化している

完全に形成された大人の鼻の形は、小さな子供の顔に当てはめるには少し奇妙に見えるでしょう。鼻の形は十代を経て成長し続けます。 幼児の鼻の多くの重要な機能を考えると、鼻をきれいに保つ方法、怪我や鼻血への対処法など、鼻に関することは何でも確かめたくなってくるでしょう。

関連記事一覧