「私は動きやすく、しなやかなままでいたいから運動しています」

その他

エクスターのマギー・ニコルさん(62歳)は、自分にとって、運動は肉体的に健康であること以上のものがあると言っています。

毎週日課にしている運動は何ですか?

典型的な1週間を挙げると、仕事帰り月曜日の夕方に体操教室に行きます。仕事に行く前と週末の朝の2回、早朝のスイミングに行きます―オリンピックという訳ではありません。朝活動を始めて、最高の気分なのです。時間があれば、その週のヨガセッションにも行きます。

体操教室は大変ですか?

やりがいがありますが、それがまたとても楽しいこともあります。体操教室は、90分間のエアロビクスクラスで、姿勢、運動性、バランスと強さに焦点を当てています。準備運動からはじめ、徐々にペースを上げていきます。動きの中には、一連のダンスステップの習得と復習があり、これがまた、頭の体操になるのです。

それは怖いですか?

まったく怖くありません。非常に社交的です。グループで運動することは、やる気には重要です。ランニングやジムに行くと、時々さみしさを感じることがあります。教師主導のクラスには最大50人の人がいる可能性があり、誰もが同じ理由でそこにいます。いつも友好的で、歓迎し、批判的な雰囲気はありません。誰もがお互いに言葉を交わし、セッション中に笑みを浮かべます(うまくいかなかったときは特に!)。社交的な交流は、運動と同じくらい重要です。

泳ぎますか?

オフィスに行く前に、1週間に2回朝泳ぐことに挑戦しています。私はプールにいて、午前7時30分にプールに15分間泳ぎます。主に平泳ぎと背泳ぎを行った後、柔軟体操をします。その後、私はジャグジーでリラックスします。1回あたり、合計で約30分です。

さらにまだ、ヨガの時間を見つけているのですか?

20代のとき、ハタヨガをやったことがあります。現在は仕事があるので、毎週のクラスに参加することはとても難しいのですが、柔軟性と強さを維持するために、通常5分から10分の早朝のストレッチをしています。

どのくらいの期間続けていますか?

私はいつもダンスを楽しんでいました。子供の頃、私はクラシックバレエをしていました。学生時代は、モダンバレエを続けました。その後、結婚して子供が生まれてからは、動きで表現する方法としてエアロビクスクラスに参加しました。私は20年以上にわたって、フィットネスリーグのメンバーです。

なぜ運動するのですか?

若者にとって、運動はストレスを軽減するために行う場合がほとんどですが、私にとっては、年齢を重ねるに連れて、動きやすく、しなやかなままでいることがとても重要なんです。ですから、楽しいものならなんでも続けます。私は旅行、ガーデニング、ダンスを続けたいし、一度には難しいかもしれませんが、3人の孫を持ち上げたいのです。そして、私は自立したままでいたいのです。

楽しく運動しているように聞こえますね!

気分がよくなるんです。それは、サイズ10であることや、モデル体型になることではなく、素晴らしい気分になることです。エクササイズは私を幸せにします……体操教室で音楽が流れ始めると、10分以内に私は笑顔になれます。

気分を高めるために運動するのですか?

まさにその通りです。日が短くなると、私は憂うつになりますが、運動をすると本当に気持ちの落ち込みが軽くなります。それは私を持ち上げてくれるようなものです。私の早朝のスイミングは、その日の残り時間のすべてにおいてポジティブな気分にしてくれました。私にとって、運動は体型よりも気分をよくするために行っています。

運動したくない日もあるのではないですか?

完全に怠惰になることができます。特に冬の間は、私はやる気が起きない日が何日かあります。でも教室に行き、運動すれば、再び元気が出てきます。だから続けられるんです。

そういうとき、自分をどう元気づけますか?

月曜日に仕事から家に帰って、運動クラスに行くために再び外出する気になれないとき(特に冬の夜)、私は準備しながら紅茶とトーストで自分をごまかしています。もし座ったら、もう一度立ち上がって出かけるのが難しくなることが自分で分かっているので、座らないようにしています。

自活していますか?

はい。私には2人の息子と3人の孫がいます。仲はよいのですが、自分の自立を重んじています。あなたの強さを維持し続けないと、徐々に筋肉の調子が悪くなります。ある日目を覚まして、かよわい小柄の老人になり、人生がはるかに厳しくなっていることに気づくでしょう。そんなふうになる必要はありません。

簡単に言えば―自分の人生すべてを活発にしてきました

活動的になるのに、遅すぎることはありません。ほんの少し運動をしても、まったく効果がありません。平均運動に取り組むことで転倒を防いだり、負荷が軽い運動で骨密度を強化することで骨粗しょう症から逃れたりするといったことで、違いを実感できます。定期的な運動は、高血圧や後期発症の糖尿病にも効果があることがわかっています。年をとってから運動を始めた体操教室の人に、経験者がたくさんいます。私は彼らがどんどん健康に、そして幸せになっているのを見てきました。

自分自身の世話をするのに適していますか?

運動、特にヨガを通して、自分の体を知ることができます。ストレスや疲労などの警鐘を認識することを身につけます。リラックスと良い呼吸技術を通して、より良い気分になるツールを提供し、より良い睡眠を可能にし、けがを避け、あなたの健康をコントロールします。

関連記事一覧