スポンサー:早産のリスクについて母親が知るべきこと

その他

LUMARAHEALTHによるスポンサーをうけた内容
早産について以下の質問を用いて医者と相談してください。

妊娠しているお母さんたちは多くの疑問を抱えていることでしょう。ずっと考えてしまう重要な問題の一つが、赤ちゃんが早産で生まれてこないだろうか?でしょう。

早産、リスクや結果、満期妊娠に至るためのプロセスについて知っている人は多くありません。事実を見てみましょう。

早産とは何か

健康的な出産は、40週間です。満期で出産することで、赤ちゃんに成長し発達する十分な時間を与えることができます。もし37週目前に出産した場合は早産とされます。時として早産は予期されていないものですが、医療状態によっては早産が必要な場合もあります。

早産はどのくらい起こるのか?

アメリカでは、毎年9人に1人の赤ちゃんが早産で生まれてきます。つまり毎年50万人の赤ちゃんが早産で生まれてきているということです。

早産のリスクは

早産はどの妊婦にも起こりえます。しかし既に早産をしたことのある女性は、赤ちゃんの健康に問題があるかどうかに関わらず、また早産する可能性が高いです。

多くの場合、医療提供者は何が早産を引き起こすのか正確にはわかっていません。しかし、早産をしたことがあるなどの要因によって早産のリスクが高まるということはわかっています。

早産のリスクを減らすにはどうすればいいか?

医療提供者と相談して、早産に繋がるリスクを確かめましょう。保障はありませんが、早産に繋がるリスクを減らして早産の可能性を下げることができます。もし早産(37週以内での出産)の経験を持っているとしたら特に、妊娠する前か妊娠初期に医療提供者に相談することが大事です。

早産のリスクを下げる治療はありますか?

あります。もし過去に早産の経験がある場合は、また早産してしまう恐れがあるのでマケナ(ヒドロキシプロゲステロンカプロート注射)を使うかもしれません。マケナはFDAが承認したホルモン剤(プロゲスチン)で、女性の早産のリスクを下げる効果があります。

もし過去に早産の経験がある場合は、医療提供者に相談してマケナがあっているか確認しましょう。

マケナ(ヒドロキシプロゲステロンカプロート注射)は自発的なシングルトン早産を経験したことのある女性のシングルトン妊娠のリスクを下げると言われています。マケナは37週目で出産(早産)したことのある女性に効果があります。新生児死亡率および罹患率の改善など、直接的な臨床的利益を示した事例はありません。

使用の制限:早産には多くのリスク原因がありますが、マケナの安全性と効能は過去に自発的なシングルトン早産を経験した女性にだけ証明されています。多胎妊娠や他の早産のリスク原因のための使用は考えられていません。

以下の症状を有する女性へのマケナの使用は避けましょう:血液凝固または他の血液凝固の問題、乳癌または他のホルモン感受性の癌、またはこれらの状態の病歴; あなたの現在の妊娠に関係しない異常な膣出血、妊娠中の肝臓の問題による皮膚の黄変、肝臓腫瘍を含む肝臓の問題、または制御されていない高血圧

マケナを使用する前に、ヒマシ油中のヒドロキシプロゲステロンアレルギー、ヒマシ油、またはマケナの他の成分のいずれか; てんかん、偏頭痛、頭痛、喘息、心臓の問題、腎臓の問題、うつ病、または高血圧などを患っている場合は医療提供者に伝えましょう。

臨床研究によると、マケナを使用した女性のほうがより多く妊娠関連の合併症などがおこりやすいことがわかっています。妊娠20週目以降の胎児死亡、早産妊婦の入院、子癇前症(高血圧、尿中の蛋白質過多)、妊娠高血圧 妊娠に起因する血圧)、妊娠糖尿病、および羊水過少(低羊水レベル)が含まれます。

マケナは血餅、アレルギー反応、うつ病、肌の黄色化、目の白濁などの深刻な副作用を引き起こす可能性があります。もし血栓(足の腫れ、あなたの足の赤み、足に触れるように暖かい場所、足を曲げたときに悪化する足の痛み)やアレルギー反応(蕁麻疹、かゆみ、顔の腫れ)などの症状が出た場合は医療提供者にすぐ診てもらいましょう。

マケナの一番よく見られる副作用には注射部位の反応(痛み、腫れ、かゆみ、あざ、硬い痛み)、蕁麻疹、かゆみ、吐き気、および下痢が含まれます。

関連記事一覧