アタマジラミ

症状

アタマジラミとは?

アタマジラミは、髪と頭皮に潜む小さな無翅昆虫です。シラミは寄生虫で、ごく少量の血液を摂食します。シラミの噛み傷はかゆみを引き起こし、皮膚の炎症または感染に至ることがあります。

アタマジラミの徴候は何ですか?

シラミは非常に速く動くので、肉眼で見つけることは容易ではありません。見ることができる兆候は次のとおりです。
頻繁なかゆみ
頭皮や首、肩の小さな赤い隆起や傷
シラミの卵(小さな楕円形で、白または透明な点のように見えます。シラミの卵は、通常、毛幹の隅に付着します)
家族の誰かがシラミを持っていると思う場合、全員をチェックするのがいいでしょう。確信が持てない場合は、主治医を受診します。

どんな人にアタマジラミが潜む危険性があますか?

誰にでもアタマジラミは潜む可能性がありますが、学校に通っている子供の間で頻繁に見られます。3歳から12歳の子供は、持ち物を共有したり、皆で一緒に遊ぶので、成人より簡単に広がってしまいます。
彼らが不潔な場合にアタマジラミが繁殖するというわけではありません。アタマジラミは非常に伝染性が高いものです。何回かシャワーを浴びたり、髪を洗い流しても、すでにシラミが蔓延している人と頭が接することで付着します。また、アタマジラミを保持している人と帽子、タオル、枕、櫛またはブラシを共有すると、シラミが付着することがあります。

アタマジラミを防ぐことができますか?

子供の間でアタマジラミが広がるのを防ぐのは難しいですが、以下のようなことで防ぐことができます。
子供に櫛、ブラシまたは髪の装飾を他の人と共有しないように教える
他の子供の帽子を着用しないように教える
自宅以外で寝る場合は、必ず自分の枕とタオルを持たせる

どのようにしてアタマジラミを治療できますか?

アタマジラミは、市販薬または処方薬で治療することができます。ピレスリンまたはペルメトリンを含有する市販のシャンプーおよびローションは、主にシラミを治療するために使用されます。アタマジラミ用のシャンプーやローションには農薬やその他の化学物質が含まれていますので、特に妊娠中または授乳中の場合、またはアレルギーや喘息の場合は、医師に相談することが重要です。また、眼の周辺にそれらの製品を使用することは安全ではありません。まつ毛やまゆ毛にアタマジラミを見つけた場合は、医師に相談してください。
市販の製品が有効でない場合、医師はクリーム、ローション、またはシャンプーを処方して、アタマジラミを治療することがあります。特定の処方製品は、妊娠している女性や授乳中の女性にとっても安全です。
アタマジラミを駆除する製品は、すべてのシラミの卵を駆除するわけではありません。別のシラミの侵入の危険性を減らすために、残ったシラミとシラミの卵を手または特殊なくし(シラミ専用梳き櫛)を使用して取り除きます。2週間またはシラミと卵がなくなるまで、少なくとも3日に1回以上髪の毛全体を梳きます。
また、頭のシラミを持っていた人が最近着用したベッドリネン、タオル、衣服を洗うにはお湯を使用する必要があります。ソファー、カーペット、チャイルドシート、ぬいぐるみなど、洗うことができないものはすべて掃除機を使用してください。アタマジラミは頭皮から離れて長い間生きられないので、これらに駆除スプレーを使用する必要はありません。

医師に相談するための質問

アタマジラミを取り除く最善の方法は何ですか?
特別なシャンプーを使うべきですか?
処方シャンプーが必要ですか?
子供はどのようにしてシラミを得ましたか?
残りのアタマジラミをチェックする必要がありますか?
特別な櫛を購入すべきですか?
アタマジラミを取り除くのにどれくらい時間がかかりますか?
家では何をすべきですか?
経過の診察のために子供を病院に連れて来なければなりませんか?
アタマジラミは再発することがありますか?

関連記事一覧