てんかんについての基礎知識〜症状〜

その他

てんかんとは

てんかんの主な症状は反復発作です。影響を受ける脳の領域に応じて、発作の種類は大きく異なります。
てんかん患者のほとんどは、一貫した症状がみられますが、てんかんではあらゆる種類の発作がみられます。発作は、起きている時でも、寝ているときでも起こることがあります。

医師は、脳の影響を度合いによって、発作を分類します。

・部分発作(または部分発作)
脳のわずかな部分のみが冒されます
・全般性発作
脳のほとんどまたはすべてが冒されます

一部の発作は、上記には適合せず、分類されていない発作とされています。

部分発作

部分発作には主に2つ種類があります。

単純な部分発作

単純な部分発作であれば完全に意識下にあります。シンプルな部分発作の症状には以下があります。

・うまく言葉にできないような、奇妙な感覚
・おなかが「浮いている」感覚
ジェットコースターに乗っている時の感覚に似ています
・新しいものでも、以前にも体験したように強く感じる(デジャブ)
・異臭や、変な味に感じる
・腕や脚に刺すような感覚
・突然、激しい恐怖や喜びを感じる
・腕や手などの身体の一部の硬直または痙攣

これらの発作は、「警告」や「前兆」と呼ばれることがあります。別のタイプの発作が進行しているというサインの可能性があるためです。これらを感じることで、周りの人々に警告をし、自分が安全な場所にいることを確認する時間ができます。

複雑部分発作

複雑部分発作になると、意識を失い、発作が終わった後に、何が起こったかを覚えていません。複雑部分発作の症状には、通常、以下のような、奇妙でランダムな身体的行動がみられます。

・舌を鳴らす
・手をこする
・ランダムに声を上げる
・腕を動かす
・服をつまむ
・何か物をいじくる
・異常な姿勢をとる
・もぐもぐと口を動かしたり、つばを飲み込む

複雑な部分発作の間、他の人に反応することができず、発作の記憶はありません。

全身発作

一般発作には6つの主なタイプがあります。

1.欠神発作

以前は小発作と呼ばれていた欠神発作は、主に子供にみられますが、成人でも発症します。通常15秒間、意識が消失し、周りが見えなくなります。空中を見つめたり、目をぱちぱちしたり、舌を鳴らします。通常、発作の記憶はありません。

発作は1日に数回発生することがあります。子供の場合、学校での生活に影響を及ぼす可能性があり、また混雑した道路を横断するなど、肝心な時に発生すると危険です。

2.ミオクローヌス発作

これらのタイプの発作は、電気が走ったかのように、腕、脚または上半身が痙攣します。多くの場合、1秒ほどしか持続せず、この間は通常、意識はあります。ミオクローヌス発作は、起床後最初の数時間に頻繁に起こり、他のタイプの全身発作と組み合わせて起こることがあります。

3.間代性発作

間代性発作はミオクローヌス発作の痙攣と同じような痙攣を引き起こしますが、症状は長く続きます。通常は最大2分です。意識の喪失が起こることもあります。

4.無緊張発作

無緊張発作は、すべての筋肉を突然弛緩させるので、転んで怪我をする危険性があります。

5.強直発作

強直発作は、筋肉が突然強直してしまい、バランスを崩して転倒する可能性があります。無緊張発作と同様に、怪我の恐れがあります。

6.強直性間代発作

以前は大発作として知られていた、強直間代発作または強直間代発作痙攣には2つの段階があります。まず最初に体が強直し、腕と脚が痙攣し始めます。それから意識を失い、失禁する人もいます。発作が続くのは、通常数分間ですが、長く続くこともあります。

このタイプの発作は、ほとんどの人がてんかんの発作と考えているものです。

他の人が発作を起こした場合の対処方法

発作を起こした人がいる場合、手助けをすることができる簡単なことがあります。

強直性間代発作

強直間代発作を起こした人の近くにいる場合、以下を参考にしてください。

・近くに危険なものがあれば取り除き、手や柔らかい素材で頭をクッションして、怪我から保護する
・(直ちに危険でない限り)拘束したり、移動はせず、口に何も入れない
・意識を取り戻すまでは、安静にしている

痙攣が止まったら、回復するまで移動させないでください。

他の種類の発作

他の種類の発作が見られる場合、以下を行ってください。

・危険なものや近くに有害なものを取り除き、手や柔らかい素材で頭を保護して、怪我を防ぐ
・直ちに危険にさらされている場合のみ、移動させる
・完全に回復するまでは一緒にいるようにし、声をかける

救急車を呼ぶタイミング

発作後に救急車を呼ぶ必要は通常ありませんが、以下の場合は電話してください

・発作が5分以上発作が続く
・回復しないうちに、別の発作が同時進行で起こる
・最初の発作であることが分かっている場合
・負傷していたり、呼吸に問題があったり、他の理由で救急医療を必要とする場合
・発作の後に、危険な行動がみられる

てんかん重積症

てんかん重積症は、30分以上続く、意識を回復しない一連の発作の事をいいます。医療上の緊急事態であり、できるだけ早く治療が必要です。

てんかんのある人をケアする場合には、てんかん重積症を治療するように訓練することができますが、訓練を受けていない場合は、てんかん重積症の疑いがある場合は、ただちに救急車を呼ぶ必要があります。

訓練されている場合は、通常、次のいずれかを使用するようにアドバイスされます。

・ジアゼパムを注腸する
・口腔ミダゾラムを鼻腔内に投薬する

これらの治療法の1つを試み、発作がつづいている場合は、救急車を呼んでください。

発作はあるが、てんかんではないケース

これらを非てんかん発作といいます。糖尿病、心臓病および心理的状態などの他の状態は、発作を引き起こす可能性があります。
発作という言葉は、人の意識、行動、感情を変える突然の短い減少を意味します。すべての発作がてんかんではありません。

関連記事一覧