アルコール飲料を飲むときにカロリーのとりすぎから守る5つの方法

その他

アルコールとカロリー

今週も長い一週間で、ハッピーアワーを楽しみにしていることでしょう。ただし、夜の街は、特に高カロリーのカクテルドリンクを注文するならば、ダイエットに深刻なダメージを与える可能性があります。

ただそれでも、気を落とす必要はありません。少しの計画で、食事による災害を避けることができます。また、カロリーが比較的少ないアルコール飲料もいくつかあります。

アルコールを飲むと、簡単にカロリーを取りすぎてしまいます。私たちは皆、デザートが太るもとだという事は知っています。しかし、アルコール飲料に関しては、マクドナルドのグリルチキンサンドイッチよりも、1杯のチョコレートマティーニの方が、カロリーが多いにもかかわらず、多くの場合メニューには表記されていません。実際、1グラムのアルコール含まれているのは、7キロカロリーであるのに対して、1グラムの炭水化物またはタンパク質には、わずか4カキロカロリーしか含まれていません。

またカロリーは、ビールやワインよりも、混合酒により多く含まれています。割る前の状態であっても、標準的な80度アルコールの40mlには、96キロカロリーです。170mlのオレンジジュースは84キロカロリーですが、それをスクリュードライバーにするためにアルコールを加えると、カロリーは2倍以上にします。

アルコールを控えた方がいい理由はカロリーだけではありません。カクテルはカロリーを上昇させるだけでなく、抑制にも大きな影響を与えます。

「しらふの時には、意思がすごく強くても、何杯か飲んだ後は、ナッツやピザの別のスライス、他の手の届く食べ物がすぐそばにあれば、無意識に食べ過ぎてしまうでしょう」と、Christine Gerbstadt氏は言います。アルコールを飲むことで、血糖値が下げるため、お腹が空いているように感じるという効果もあります。

どのようなアルコール飲料のカロリーを追加しますか?

混合酒のカロリー量は、アルコール度数、ドリンクの分量など、様々な要素によって異なります。「割り材、シロップ、ソーダなどが、トラブルの元です。ほとんどのお酒はは1.5ポンドで約96キロカロリーしかない蒸留酒が素ですが、 バーテンダーは簡単に数百ものカロリーを含んだドリンクにかえることができるのです、とThe Dish on Eating Healthy and Being Fabulousの共同著者である、Carolyn O’Neil氏は語ります。

ビールやコスモをポリタンを飲んでいても、アルコール含有量が高いほど、カロリーは高くなると、O’Neil氏は語ります。

例えば:
80度のウォッカ(アルコール度数40%、最も一般的なタイプ)は1キロカロリーあたり64カロリー
86度のウォッカ(アルコール度数43%)は70キロカロリー/ 1オンス
90度のウォッカ(アルコール度数45%)は73キロカロリー/ 1オンス
100度のウォッカ(アルコール度数50%)は82キロカロリー/ 1オンス

量に関していえば、ワインや他のアルコール飲料の平均的なサイズは、おそらくあなたが考えてるよりも少ないでしょう。一方、ビールは、ヨーロッパのビアガーデンにいる場合を除けば、ビール瓶かグラスのどちらかでしょう。

ほとんどのワインには125-150キロカロリーが含まれていますが、グラスの大きさと、どれだけ入っているかよって倍増することがあります。カクテルパーティーやディナーパーティーでは、グラスが空になる前に、注ぐことが多いため、カロリーをどれだけ取ったのか把握しておくことは、特に難しいでしょう。

ビールは340mlあたり64~198キロカロリーと幅があります。 ライトビールは良い選択肢です。「普通のビールとアルコール度数は同じですが、炭水化物は少ないです。」とGerbstadt氏は言います。

他にダイエットをだめにしてしまうものとして、カロリーが特に高いカクテルの人気が高まっています。
チョコレート・マティーニからホット・バター・ラムまで、まさにデザートが変装したドリンクといえるでしょう。クリエイティブなカクテルが大ブームになっていて、バーテンダーは常連客をキー・ライム・パイ・マティーニのような、メガカロリーのカクテルで魅了しています。こういったカクテルは、クリーミーで美味しいですが、カロリーの宝庫でもあります。

「グラスの縁に砂糖をつけたり、チョコレートシロップを加えたりして、クリエイティブなアレンジでカクテルをデザートに変えるのが、今のカクテルのトレンドなのです」とO’Neil氏は言います。

O’Neil氏は、これらをどうしても飲みたいのであれば、夕食でとるカロリーを削り、カクテルはデザートとして楽しむよう勧めています。また、アマレットのような少量のお酒をオンザロックで、ゆっくりと飲むとさらによいでしょう。

さらに、スーパーサイズの飲み物もあります。 Gerbstadt氏によると、チェーン店の中には、ダブルショット付きのマルガリータに、割り剤をたくさん追加するようなジャンボードリンクがあり、マグカップ1杯で1,000キロカロリー含まれていることがあります。

アルコールカロリーを抑制する5つのヒント

では、アルコール飲料で素早くカロリー取ってしまわないようにするためには、どうすればいいのでしょうか?

ここでは、専門家からの5つのヒントを紹介します。

1.カロリーを節約するため、アルコール飲料とノンアルコール飲料を交互に飲む

賢くダイエットしている人は、カクテル、ワインまたはビールなどを1杯を飲んだあとは、ノンアルコールやゼロカロリー飲料を飲んでいます。この戦略は、カロリーやアルコールを過剰に消費するリスクを軽減するだけでなく、水分補給にも役立ちますので、二日酔い防止にもなります。

「アルコール飲料で喉の渇きを満たさないようにするため、最初に一杯の水や炭酸水から飲むようしてみてください」とGerbstadt氏はいいます。

2.ワイン、ライトビール、または低カロリーの割り材で作ったシンプルなカクテルを選ぶ

サイドディッシュにドレッシングのかかったサラダを注文するような感覚で、低カロリーの割り材を頼むのを恥ずかしがらないでください。

「割り材にダイエットソーダを使うだけで、100キロカロリーを節約することができます」とThe Flexitarian Diet.のの著者、Dawn Blatner-Jackson氏は述べています。

カクテルを水、クラブソーダ、低カロリージュース、人工甘味料、または無糖シロップと混ぜるとカロリーを手軽に節約できます。フルーツや野菜のジュースは、他の割り材よりもカロリーが低く、また病気を予防する抗酸化物質を含んでいるため、良い選択肢になるでしょう。それでも、フルーツジュースには注意が必要です。なぜなら、栄養価はより高いのですが、カロリーも簡単に摂取できてしまうからです」とBlatner-Jackson氏は言います。

ポンドを増やさない割り材には以下のものがあります:
・ダイエットソーダまたはダイエットトニック:0カロリー
・オレンジジュース(170ml):84キロカロリー
・クランベリージュースカクテル(220ml):136キロカロリー
・ライトオレンジジュース(220ml):50キロカロリー
・ライトクランベリージュース(220ml):40キロカロリー
・ライトレモネード(220ml):5キロカロリー
・コーヒー、茶:0カロリー
・レモンまたはライムジュース(14ml):10キロカロリー

3.割り材は全く足さない

お好みのスピリットやリキュールをオンザロックで注文してみてください。 「フレーバー付きのウォッカは、甘味がなく、ハラペーニョからピーチまで、余分なカロリーを加えることなく、風味が注入されているので、非常に人気があります」とオニールは語ります。

4.ドリンクを薄める。

別の選択肢は、ソーダまたはスパークリングウォーターでドリンクを薄めることです。スプリッツァは低カロリーのドリンクとしてお奨めです。例えば、ウォッカ・クランベリーを飲む場合、クラブソーダ、少量のクランベリージュース、一絞りのレモンを試してみてください。V字型に切った柑橘類またはパイナップルで飾り付けをして、数カロリーのフレーバーを加えましょう。

5.計画を立てる。

カクテルパーティやハッピーアワーに向かう前に、計画を立てましょう。あらかじめカクテルの量を決めておいて、日中にとるカロリーを制限しましょう。ただし、その前に軽い軽食を食べるようにしてみてください。そうすると、最初の1杯でほろ酔いしなくなり、食べ物に没頭しにくくなくなるでしょう。食べれる限界を常に意識してください。そしてもちろん、飲みすぎないでください。

人気のカクテルにはどれくらいのカロリーがあるの?

あなたの好きなカクテルにどれだけ多くのカロリーがありますか?一般的なアルコール飲料のこれらのカロリーカウントは、人気のあるレシピに基づいておおよその値ですが、成分や部分によって異なる場合があります。

・ピナコラーダ(170ml):378キロカロリー
・モヒート(220ml):214キロカロリー
・マティーニ(70ml):160キロカロリー
・ブラッディ・メアリー(140ml):118キロカロリー
・赤ワイン(140ml):120キロカロリー
・白ワイン(140ml):120キロカロリー
・アルコールフリーワイン(140ml):20-30キロカロリー
・ビール(340ml):150-198キロカロリー
・ライトビール(340ml):95-136キロカロリー
・シャンパン(140ml):106-120キロカロリー
・ウォッカとトニック(220ml):200キロカロリー
・ドライバー(220ml):190キロカロリー
・ミモザ(110ml):75キロカロリー
・ジントニック(200ml):200キロカロリー
・ラムコーク(220ml):185キロカロリー

関連記事一覧