透き通った肌を手に入れるためのアドバイス

その他

透き通った肌:少しずつ

吹き出物ができるのは仕方がありません!ニキビや吹き出物は、皮脂腺の最も多い顔や首、胸、背中、肩によく現れます。誰にでも起こりうることですが、治療をすることによってニキビを抑えることができます。

やさしく

やり過ぎてしまうと肌を刺激し、ニキビを悪化させてしまいます。キメの粗いスクラブや刺激の強い化学薬品の入った石鹸もそうです。その代わり、刺激を減らすためにきつくない洗剤と温かいお湯でニキビのできやすい部位を毎日二度、洗いましょう。

洗うときにはオイルフリーを使う

オイルフリーの石鹸や洗剤は毛穴の詰まりや黒ずみ、ニキビ、稗粒腫を引き起こしません。「オイルフリー」、「ニキビを発生させない」、「毛穴を詰まらせない」と表記された製品を買いましょう。中には、過酸化ベンゾイルやサリチル酸などの、皮膚科医がすすめる原材料を含んだ製品もあります。手ぬぐいは赤ちゃん用などのように柔らかく、清潔なものを毎回使うようにしましょう。

好きな食べ物を楽しむ

油っこい食べ物やチョコレートがニキビの直接の原因となるという話は嘘です。ニキビは毛穴が脂や皮膚細胞、ごく普通の細菌で詰まり、炎症を起こしたときに発生します。もし特定の食べ物が原因でニキビができているようなら、それらを控えましょう。ですが、透き通った肌を手に入れるためにピザやチョコレートを諦める必要はありません。

化粧を薄くする

油性の化粧品は避けましょう。どのようにして見極めるのか?次の簡単なガイドラインに沿っていきましょう。クリーム状のファンデーションやチークは、一般的に毛穴を詰まらせます。軽くて粉末状のミネラル化粧品のほうがそのようになる可能性が低いかもしれません。化粧品のラベルで「毛穴を詰まらせない」という表記を探すと良いでしょう。

オイルフリー

化粧をするなら、オイルフリーのファンデーションを使いましょう。また、どれほど疲れていても、寝る前に化粧を落としましょう。

日光浴や日焼けをしない

日焼けをすると肌が綺麗になるというのは嘘です。紫外線は皮膚がんや肌の早期老化、しわのリスクを高めます。太陽の下で寝転がったり、日焼けサロンに行くのはやめましょう。また、よく処方されるニキビの薬であるレチノイドなどの塗り薬は、肌を紫外線に対してより敏感にさせます。なので、必ず日焼け止めを塗り、日光に当たる時間は制限しましょう。

正しい日焼け止め選び

オイルフリーの日焼け止めまたは「広域スペクトル」と表記されているSPF30以上の保湿剤を使用しましょう。そうであれば、紫外線Aと紫外線Bから守ってくれるということになります。「毛穴を詰まらせない」製品を探しましょう。たっぷりと使い、2時間おきに塗りなおしましょう。

ベタベタした整髪料を使わない

ポマードやジェルなどの製品は、ブラシが顔に当たったときに毛穴を詰まらせる可能性があります。髪の毛が脂っぽいなら、毎日シャンプーをしましょう。また、髪を整える際にスプレーやジェルを使用する場合には、顔を覆いましょう。

髪の毛が顔に触れないようにする

髪が長い?それなら肌を刺激しないように寝るときには結びましょう。日中も同じく顔につかないようにしましょう。なぜ?髪の毛には、たとえ整髪料を使わなくても毛穴を詰まらせ、ニキビを引き起こす油分が含まれているからです。

触らない

ニキビを悪化させる恐れがあるため、顔を触ったりこすったりするのは避けましょう。携帯電話も顔につけないようにし、電話を肌に直接当てるのではなく、イヤホンを使うようにしましょう。また、ニキビを刺激する油分や細菌が手のひらについているかもしれないため、頬杖をつくのもやめましょう。汗もニキビを悪化させる要因のひとつです。運動後に汗だく?それならお風呂に入りましょう。

道具を使う

クリームを塗ったり化粧をしたりするときには、コットンや綿棒、清潔な塗布器を使いましょう。この際、再利用はせずに、毎回新しいものを出しましょう。手を使う場合は先に手を洗い、指先のみを使いましょう。また、化粧をする前に肌を綺麗にしましょう。

オイルフリーの保湿剤を使う

「毛穴を詰まらせない」と表記してあるものを選びましょう。ニキビのできやすい肌を保湿するのが不安?心配しないで。品質の良いものを使えば炎症を起こした肌を落ち着かせることができ、ニキビを食い止めることができます。

ニキビをつぶさない

問題が増えるだけです。ニキビを押しつぶすことによって感染した物質を肌の中に入れてしまい、そこでさらに炎症を引き起こしてあとを残すかもしれません。ニキビがより早く治し、あとを残さないようにするためにその誘惑に耐えましょう。

ニキビの薬は指示に従って使用する

ニキビを早く治す方法はありません。薬は一晩では効きません。治療薬の多くは何週間も続けて使用して初めて肌の状態の改善が見られます。ニキビによっては完治まで半年もかかるものもあります。その後は、毎日のお風呂や刺激の少ない石鹸での洗顔、手洗いなどの基本的なスキンケアだけでは不十分かもしれません。肌が綺麗になった後も薬を使い続けなければならない可能性があります。医師の指示に従いましょう。薬は多すぎても少なすぎてもいけません。

ニキビ治療はすべて調べる

もし今使っているニキビの薬が効いていないようならば、医師もしくは皮膚科医に他の治療法の相談をしましょう。肌を綺麗にするための薬にはたくさんの種類があり、中には医師の処方箋が必要なものもあります。

関連記事一覧