便秘改善と予防のための食事と栄養について

その他

便秘の改善と予防のために食事はどのように役立つのでしょうか?

食べ物で摂取する食物繊維のおなかの中の働きを良くするために、水や、フルーツジュース、野菜ジュースといった水分を十分にとりましょう。水分をたくさん飲むことで、便の状態を正常に近づけ、規則的になります。ご自分の健康状態や運動の状況などを踏まえた上で、推奨される1日あたりの水分の摂取量について、医師に相談してみてもいいかもしれません。

年齢や性別によって推奨摂取量は異なりますが、成人は1日あたり22~34グラムの食物繊維を摂取したほうが良いとされています。年配になってくると、食に対する興味が弱くなってしまう人が多く、十分に食物繊維を食生活に取り入れることができない場合があります。高齢で、以下のように食に興味がなくなってきたら、医師に相談してみましょう。

・以前と味の感じ方が異なる
・あまりおなかが空かなくなった
・料理したくなくなった
・噛んだり飲み込むことに問題がある

医師とよく相談して、ご自分にあった食物繊維の摂取量を把握しましょう。体が食生活の変化に徐々に慣れるためには、少しずつ量を増やしていくことが大切です。

便秘になったら食べないほうがいいものはありますか?

便秘になってしまったら、食物繊維をほとんど含まない、もしくは全く含まない、以下のような食材は控えるようにしましょう。

・チーズ
・ポテトチップス
・ファストフード
・アイスクリーム
・冷凍食品やスナック類
・ホットドッグや、レンジで温めるだけの出来合いのもの

関連記事一覧