砂糖依存症について知っておきたいこと

その他

シュガーデトックス:誇大宣言?それとも希望?

今流行のシュガーデトックスダイエットは、甘いもの欲求を防いでぐれ、体重を減らすのに効果的だとされています。しかし、本当に効果があるのでしょうか?ここでは、甘いものへの欲求と、それを抑える方法についての信実を紹介します。

本当に甘いものに夢中になっている?

実際の中毒になっているわけではなくて、健康とはいえない方法で、甘いものを食べている人もいます。徴候としては、甘いものを激しく食べたくなり、コントロールを失い、計画していた以上に食べる、ということです。

脳の糖分

糖分は脳のすべての細胞に燃料を供給します。脳はまた、報酬として砂糖を認識するため、もっと必要とし続けます。多くの場合、糖分をたくさんとると、その報酬が強化され、習慣を破るのが難しくなる可能性があります。

血糖値の急上昇

お昼の時間にキャンディーバーを食べると、なぜ満たされるのでしょうか?糖質は、単炭水化物と呼ばれ、血流ですぐにグルコースに変わります。そして、血糖値は急上昇します。単炭水化物は果物、野菜、乳製品にも見られます。しかし、これら食べものに含まれる食物繊維やタンパク質は、血糖値を亜状況させるプロセスを遅くします。シロップ、ソーダ、キャンディー、テーブル・シュガーは違います

糖質低下

体はグルコースを血流から細胞の中に移動させるため、エネルギーを必要とします。これを行うために、膵臓はホルモンあるでインスリンを生成します。その結果、血糖値が急に低下することがあります。この血糖値の急激な変化は、気持ちを払拭し、不安定にして、その砂糖を再び取り戻すために、より多くのお菓子を探しています。そのため、正午には甘酸っぱいおやつがあなたに悪い食事をしてくれました。

デンプンも糖分と同じ

もし甘いものを食べなかったとしても、ベーグルやポテトチップス、フライドポテトを食べたらどうでしょう?これらのデンプン質食品は、複合炭水化物と呼ばれ、体が単糖に分解します。より良い食物を使わずに食べると、てんぷん粉は血糖上昇し、砂糖の急低下することがあります。白米と精白小麦粉はこれを行います。白パン、プレッツェル、クラッカー、パスタのような高度に精製されたでんぷんは最悪です。

シュガーデトックスダイエットは効果がある?

いきなり甘いものをとる習慣を経つことができますか?シュガーデトックスダイエットの中には、すべてのお菓子を避けるように強く勧めるものもあります。この場合のすべてとは、すべての果物、乳製品、精製された穀物を意味します。アイデアはあなたの砂糖システムを浄化することです。このようなダイエットの変化は、追いつくにはあまりにも抜本的です。あなたが短期間だけ行うことができる変更は、あなたの古い習慣に落ちることを意味します。

味覚を再教育する

砂糖は、私達が思っているほと、必要なものではありません。実際に、甘い以外を楽しむために、味覚をあ訓練することができます。普段の食事から、毎週1つ、甘い食べ物を除くようにしてみてください。例えば、ディナーの後にデザートを控えてみる、コーヒーやシリアルに砂糖を入れないようにする、などが良いでしょう。何度も行うにつれ、砂糖の味が必要なくなるでしょう。

スイーツを選ぶ

甘い物をあきらめる必要はありません。他のものからとるようにしてみください。砂糖の代わりにオートミールに新鮮な、または裏ごしした果物を加えてみてください。ドライフルーツ、冷凍フルーツ、または缶詰めのフルーツ(砂糖があまり添加されていないもの)も良いでしょう。低脂肪ミルクや低糖ヨーグルトと一緒に楽しんでみてくだい。

少しずつ習慣を変える

食習慣を小さく変更すれば、維持するのは簡単です。より多くの果物や野菜を食べ始めてください。水分たくさん取りましょう。食品のラベルを確認し、砂糖が多くないものを選んでください。毎週、少しずつ砂糖を減らしてみましょう。数週間後、自分がそれほど砂糖を欲していないことに驚くでしょう。

タンパク質

タンパク質を食べることは、砂糖への欲求を抑制する簡単な方法です。高タンパク食品はよりゆっくりと消化され、長期間にわたり満腹感を保ちます。タンパク質は、精製された炭水化物や糖分のように、血糖を急上昇させることはありません。脂肪の少ない鶏肉、低脂肪ヨーグルト、卵、ナッツ、豆類などからタンパク質を摂取しましょう

食物繊維をとる

食物繊維は、いろいろな意味で、砂糖への欲求と戦うのを助けます。まず、食物繊維をお腹を満たしてくれます。高繊維食品はまた、より多くのエネルギーを与えてくれます。血糖を上昇させないので、後に血糖が急激に下がることもありません。果物、野菜、全粒粉から食物繊維を摂取してください。または、タンパク質、食物繊維を一緒にとるために、リンゴにピーナッツバターを塗ってもよいでしょう。

外に出る

運動することで、それらの砂糖への欲求を押さえられ、一般的な食事も変えることができます。気分が良くなり、健康的な食べ物を食べたいと思うようになるでしょう。ウォーキング、自転車、泳ぐなど、好きなことをしてください。ゆっくりと始めて、週に5日、一度に少なくとも30分行うようにしましょう。

人工甘味料について

いくつかの研究では、人工甘味料で、砂糖への欲求がより高まる可能性が示唆されています。このことで、体重をコントロールすることが困難になる可能性があります。また問題は、人工甘味料が味覚障害を引き起こす可能性があるという、専門かもいるということです。体には注意を払うようにしましょう。甘味料を食べると、とくに甘いものが欲しくなりますか?もしそうなら、他のもので甘みをとるようしてください。

「健康な」糖分を制限する

蜂蜜、ブラウンシュガー、サトウキビ汁などと効くと、健康的だと思うかもしれません。しかし、砂糖は砂糖です。蜂であってもサトウキビであっても、血糖値が上昇する可能性があります。蜂蜜や精製されていない糖は、栄養素がわずかに高いですが、それらのカロリーがあるのには違いありません。

どのくらいであれば、取りすぎているといえる?

ほとんどのアメリカ人は、1日に追加で砂糖をティースプーンで19杯以上食べています。約285キローとなり、健康の専門家によると、あまりにも多いです。では、どのくらいの砂糖を食べるべきなのでしょうか?アメリカの心臓協会によると、女性は、毎日6ティースプーン、100キローカロリーまでとされています。また、男性は最大9杯のティースプーン、150カロリー以下とされています。

別の名前での砂糖

あなたは常に食品ラベルに「砂糖」という言葉が表示されているわけではありません。時には別の名前、たとえば次のようになります。
・アガベネクター
・玄米シロップ
・異性化糖
・デキストロース
・濃縮サトウキビジュース
・乳糖
・モルトシロップ
・糖蜜
・スクロース

4グラム以上の砂糖があるものは注意してください。

隠れた砂糖を探そう

砂糖は食べ物に隠れる可能性があります。甘そうには見えませんが、ケチャップ、バーベキューソース、パスタソースには砂糖がたくさん含まれています。だから減量サラダドレッシング、パン、焼き豆、いくつかの風味のコーヒーができます。ラベルを読む習慣を身につけてください。買い物籠に入れる前に、糖分の多い食品を排除してください。

糖尿病は糖尿病の原因ですか?

糖そのものは糖尿病の原因となりません。しかし、たくさんのとりすぎることで、糖尿病のリスクが上がります。たくさんの砂糖を含むものはなんでも、体重を増やします。太りすぎは、血糖をコントロールするホルモンであるインスリンの使用を困難にします。体がインシュリンに抵抗すると、血糖値と糖尿病のリスクが高まります。

関連記事一覧