ニキビについて ニキビに有効な自然治療はありますか?

その他

回答者は米国メイヨー・クリニック医学博士、ブレント・A・バウワー氏(Brent A. Bauer)

いくつかの自然治療はニキビの炎症を減らすことに役立つ可能性があります。例えば次にあげるようなものです。

ティーツリー・オイル
ティーツリー・オイルを5%含有するジェルは、過酸化ベンゾイルを5%含有するローションと同じぐらい有効性がありますが、しかしティーツリー・オイルが効き目がでるのはもっとゆっくりしています。副作用として起こりうるのは、皮膚炎に触れてしまったり、または酒さ性皮膚炎がある場合は、症状が悪化する場合があります。ある少年が、ラベンダーとティーツリーオイルが含まれているヘアケア製品を使用した後、乳房の発達が見られたという事例があります。ティーツリー・オイルは局所的に使うべきです。

αハイドロキシ酸
この天然酸は柑橘系果物やその他の食べ物に含まれています。肌に塗ると、αハイドロキシ酸は死滅細胞を取り除き、毛穴の詰まりを取り除く効果があります。ニキビ痕を改善する働きもあります。副作用としては、太陽光過敏、赤み、軽度のチクチク感、肌炎症があります。

アゼライン酸
この天然の酸は、全粒穀物や動物製品に含まれています。20%濃度のアゼライン酸は、一般的なニキビ治療薬と同様に、1日2回、最低でも4週間塗ると効果があるとされています。エリスロマイシンと混ぜて使用するとさらに効果的です。アゼライン酸の処方は、妊娠中や授乳中に行われることもあります。

牛軟骨クリーム
牛軟骨を5%含むクリームを患部に1日2回塗ると、ニキビを減らす効果があります。

亜鉛
ローションやクリームに亜鉛が含まれているものは、ニキビの炎症を減らす効果があります。

緑茶抽出物
緑茶抽出物を2%含むローションは、軽度、中度のニキビがある成人と青少年における2つの研究において、ニキビを減らす効果があったとされています。

アロエ・ベラ
ニキビ治療薬(トレチノイン)と混ぜ合わせた、アロエ・ベラ50%含有ジェルを、中度のニキビを持つ人60人に8週間塗布してもらったところ、トレチノインだけを塗布した場合と比べ、明らかにアロエ・ベラ・ジェルと混ぜたもののほうが効果的であったという研究があります。

醸造用酵母
CBS 5926と呼ばれる、醸造用酵母の特殊株はニキビを減少させることに役立つ可能性があります。ここであげているものの中で、唯一、塗布ではなく経口するものです。膨満感などの原因になる可能性があります。

こうした自然治療や、漢方、アーユルベーダハーブなどの自然治療については、その有効性と長期的な安全性を確立するためにさらなる研究が必要になります。

試してみるために、かかりつけの皮膚科医に天然治療についての是非を聞いてみるとよいでしょう。

関連記事一覧