慢性疲労症候群

症状

慢性疲労症候群とは何ですか?

慢性疲労症候群(chronic fatigue syndrome:CFS)は、日常生活ができないほど疲労する病気です。 

症状

 CFSの主な症状は6カ月以上続く慢性疲労で、身体的または精神的活動は症状を悪化させ、休息しても症状は改善しません。以下の症状があらわれることがあります。
疲労
頭痛
のどの痛み
リンパ節(またはリンパ腺)の腫(は)れによる首や脇の下の部分の圧痛や痛み
筋肉痛
腫れや赤みを伴わない関節から関節へ移動する痛み
記憶や集中力の喪失
睡眠の障害
24時間以上持続する運動後の極度の疲れ
CFSは、風邪や強いストレスを受けたあとに発症することがあります。 それは、はっきりとした発症時期や原因がわからないままゆっくりと始まり、場合によっては何年も続くことがあります。

原因

CFSを引き起こす原因については不明ですが、免疫力の低下やウイルスによって引き起こされるともいわれています。

予防法

日記をつける
適度な運動
悲しみ、怒り、欲求不満などの感情をためこまない
家族や友人、地域のサポートグループ、カウンセリングなどを活用する
集中できる活動(趣味など)をもつ
また、CFSは複雑で受け入れるのが難しい 病気です。一人で悩まず、医師やまわりの人と協力して症状を改善することができることを覚えておくことが大切です。

治療

薬は、筋肉痛、睡眠障害、不安、うつ病などの症状を緩和することはできますが、治癒(ちゆ)させるものではありません。 現在、CFSを治療する薬はなく、 時間とともに症状が改善するのを助ける手段にすぎません。

医師に質問すべき事項

いつも疲れています。 何が原因なのでしょうか?
疲れの原因がわかる検査はありますか?
CFSはどのように治療されるのでしょうか? 薬が必要ですか?
ヨガや鍼(はり)治療などの代替療法は役に立ちますか?
食事や生活様式を変える必要がありますか? 
どのような運動をすればいいですか?
CFSであることをみんなにわかってもらうにはどうすればいいですか?

関連記事一覧