減量のためにヨガをすることは効果的か?

その他

ヨガについて

ヨガは幸福感を味わうことができ、減量にも役立つという人もいます。
ヨガは、洗練された心と体のエクササイズで、多くの人が自分のお尻を引き締めるヨガのエクササイズをすることで毎日の生活の見方が変化すると言います。
激しい運動ではなく、自分のレベルに合わせて行うことができるヨガが、減量に役立つのは本当でしょうか?
ヨガは、有酸素エクササイズのようなカロリー消費を伴わないものがほとんどであることは本当です。体重68キロの人が通常のヨガを1時間行った場合のカロリー消費は150カロリーで、時速4.8キロでウォーキングした場合の1時間の消費カロリーが311カロリーと比較すると少ないです。しかし、ヨガも運動であることには変わりなく、多くの専門家がヨガを行うと余分な体重を減量することに役立つと信じています。
「ヨガは他にはない、自分の体に触れる素晴らしい方法で、減量に役立ちます」と、米国医学会の認定トレーナーであり、ノース・レディングにあるラディウス・ヨガの施設長のダナ・エディソンは言います。
セレブリティーのヨガ・トレーナーである、アナ・ブレットとラヴィ・シンは、ヨガには減量できる力があると信じている有名人とヨガを行いました。「ヨガは、自分自身の中に、そしてクライアントたちの中に、たとえ初心者であっても本当の運動を感じさせてくれるものであることが見出せるものでした。」と、ブレットは言いました。二人はベストセラーDVDである、ファット・フリー・ヨガ(Fat Free Yoga)のプログラムを作ったことでも知られています。

ヨガはどのような効果があるのでしょうか?

「2005年、医学研究員であり、ヨガを行っている、アラン・クリスタル博士は、ヨガの減量効果について医学的な研究を行いました。
米国国立がん研究所(the National Cancer Institute)の資金を得て、クリスタル博士とシアトルのフレッド・ハッチンソンがん研究センターの同僚たちは、健康的な15,500人の男女を調査しました。調査では、45-55歳の年齢の人の、ヨガを含む運動と体重を調べました。研究者たちは、データを分析し、ダイエットや運動の種類など、体重の変化に影響を与えたであろう他の要因を引き出しました。
その結果、ヨガは体重を減らすことに本当に役立っており、または少なくても体重増加しないようにする効果があることがわかりました。
「過体重の人がヨガを行い始めると、2キロ程度減少したのに対し、同じ時期にヨガをしていなかった人は6キロ体重が増加していました。」とクリスタル博士は言いました。
この研究では、ヨガの定義は、週に最低でも30分のヨガを4年以上行っていたことを指します。

クリスタル博士は、この研究では科学的な見地からは、ヨガが減量するために役立つかどうかについてははっきりわからないと言います。博士の個人的な見解では、減量効果自体はわずかなものですが、ヨガの心身面の影響があるのではないかといっています。
「流行用語でいえば、マインドフルネスです。つまり、無反応な方法で、内面で起こっていることが何であるかについて観察する能力のことです。」博士は言います。「心身の家系が変わることに役立つため、食べ物や食事にも影響します。」

エディソンは加えて言います。
「ヨガは人を変化の影響を受けやすくします。このため、自分のライフスタイルを変化したいと考えているのであれば、食べ物に対する考え方を変えたいと思い、食べすぎをしたくないと思うでしょう。ヨガは体との精神的なつながりを与えてくれ、こうした生活の変化をもたらすことに寄与しているのです。」
別の考え方では、ヨガは心身の強い結合を築くものなので、何を食べるのかについて注意を払うことや、満腹感は同感じるのかについてわかるようにしてくれると考えられています。
「ヨガでは、体は敵ではないことを学ぶことができ、体の自覚を得ることにより、より良い食欲のコントロールを行うことの必要性があると考えが変わっていくのです。」とエディソンは言います。

パワー・ヨガについて

減量を行うためには、ヨガは動きが緩すぎるという人がいますが、パワー・ヨガとして知られるヨガを行っている人たちは、それには異論を唱えます。
パワー・ヨガは、伝統的なクンダリニー・ヨガをアメリカ版にしたものです。ブレットとシンのようなインストラクターは、パワー・ヨガは減量ができる可能性があり、有酸素運動の心臓疾患を減らす効果があると信じています。
典型的なヨガは、静的ポーズと呼吸法がペアになったものが基本となっていますが、パワー・ヨガは早くアクティブな動きと瞑想呼吸法を混ぜたものであると、シンは言います。この結果、パワー・ヨガは、有酸素運動よりも有酸素運動であると彼は言います。
「有酸素運動とは、酸素を取り入れながらの運動のことなので、典型的なヨガの呼吸法をアクティブな動きに取り入れると、それこそまさに有酸素運動をしていることになります。」と彼は言います。「例えば、私達の「火の呼吸法」は、呼吸をしている間にカロリーを燃焼することに役立てるための呼吸法の一つです。」

エディソンは、パワー・ヨガは減量に役立つかもしれないということは認めていますが、しかしヨガ初心者や平均的な体型が崩れているダイエットをしている人たちに効果があるのかについては疑問に思っています。
「ヨガをすると筋肉はつきますか?」筋肉はつくでしょう。
「ペースの早いパワー・ヨガは有酸素運動でしょうか?」そうであることもあると思います。
「40度の部屋で汗をかいて水重量を減らすことはできるでしょうか?」もちろんです。
「平均的な過体重の人は、一般的なパワー・ヨガで効果的に減量できるのでしょうか?」現実的ではないかもしれませんし、安全ではないかもしれません。
質問にエディソンはそのように答えました。
パワー・ヨガを減量計画の始めに組み込むのはどうでしょうか?クリスタル博士はどんなに強度の高いヨガであっても、心血管運動の健康効果とは同一の効果があるわけではないと言っています。そして、ヨガはすぐに多くのカロリーを消費するものではないとも言っています。
「パワー・ヨガは医学的には減量が可能なものではなく、減量ができるといえるものではないのです。」と博士は言います。
それでもなお、ブレットとシンは初心者であっても、効果があったことを直に見ているといいます。
「ヨガをしにくる人たちにはそれぞれ違った理由がありますが、減量と体重を管理する方法を学ぶという点に関しては、多くの成功事例を見ています。」とブレットは言います。「アクティブなヨガは、初心者であっても、体と生活を変えることができます。」とブレットは言います。

ヨガの効果がでるようにする

専門家が一致して合意する点は、フィットネス界に対し、ヨガが多く導入されている点です。
ヨガを始めるために、専門家は以下のアドバイスをしています。
鏡のない部屋で練習を行い、体の動きよりも、体の内面に重点を置きましょう。
細胞レベルの動きまで、動きの感覚を学びましょう。
常に自分の限界点を探してみましょう。それは体が辛いと感じる部分ですが、それに圧倒されないでください。これを達成すると、心の状態を受け入れることができます。
疲れた時には休むようにしましょう。
前向きな独り言を心の中で言いながら、ヨガを行いましょう。自分の努力を褒め、内面の状態が良いことを称賛しましょう。
きちんとヨガのクラスに通いましょう。家で行う場合は、行う日と時間を決め、それに従って行いましょう。
ヨガを体のためだけにしているわけではなく、忍耐力、自制心、親切心、良識、感謝の心を鍛えるためにも行っていることを認識しましょう。
ヨガのレッスンをやる気にさせてくれる、やさしさと厳しさのバランスが取れていると感じる先生を探しましょう。
レッスンに出席したり、ヨガのDVDを買うことは、もっと自分自身が良くなることへの第一ステップに過ぎないことを認識しましょう。これは、続けるための推進力にすべきものです。
ヨガでしている努力は、自分自身だけでなく、内面も外面も自分が調和していけばいくほど、他の人にも刺激を与えていくものであることに気がつきましょう。

関連記事一覧