• HOME
  • ブログ
  • その他
  • ノンシュガーの清涼飲料が健康的であるという証拠はない、という報告書が発表される

ノンシュガーの清涼飲料が健康的であるという証拠はない、という報告書が発表される

その他

成長し続けるノンシュガーの清涼飲料市場

「人工甘味料で作った清涼飲料は、体重を減らすのには役に立たず、通常の砂糖を使った飲料と同じくらい肥満の問題の大きな要因のひとつになる可能性がある」とガーディアン誌が報じています。

見出しで決定的に聞こえるかもしれませんが、これは意見書(あるいは談話のまとめ)の結論であり、新しい研究に基づく結論ではありません。

大手の食品および飲料製造会社は、人工甘味料を使った飲み物が体にやさしいことを宣伝することで、虫歯や2型糖尿病の増加など、通常の砂糖を使った甘い飲み物が及ぼす不安が増えていることに対応しています。しかし、最近の研究結果によると、これらは実際にはより良い選択肢ではない可能性があることがわかっており、この報告についてさらに調査したかったんです。

報告書では、人工甘味飲料は天然の砂糖甘味飲料と同じくらい体に悪いと主張しています。また、この報告書では、人工甘味飲料が健康な体重にするのに役立つといった健康効果を向上させるような「一貫した証拠がない」と結論付けています。しかし、「証拠がない」ということは、「ないことの証拠」と同じというわけではありません。この報告書が体系的になっていないため、関連するすべての証拠が考慮されているかどうか、定かではないのです。

この説はどこから来たのか?

報告書はイギリス、アメリカ、ブラジルのさまざまな機関の研究者(具体的にはロンドンのインペリアルカレッジ、セントルイスのワシントン大学、サンパウロ大学)によって実施されました。個々の研究者は、それぞれさまざまな助成金を受けています。また、この報告書は、査読された医学誌PLOS Medicineに掲載されたので、オンライン上で無料で読むことができます。

予想どおり、イギリスのメディアは、「ダイエット飲料」はより健康的な選択肢とみなすべきではない、という主張に飛びつきました。しかし、ほとんどの報道機関は、少なくとも見出しについて、これは既存の結果に反する新たな研究結果である、という誤った印象を与えました。ただ、大半は、彼らの報告に関する限界を掘り下げて調査したのです。

どんな調査だったのか?

この報告書は、さまざまな研究方法からデータを集めた、根拠に基づく談話によって構成されていました。報告書では、実際には人工甘味飲料が天然の砂糖甘味飲料よりも良い選択肢ではない、という仮説を調査しました。研究者たちは、無作為化比較試験(RCT)や観察試験など、さまざまなタイプの試験から証拠を評価しました。彼らはまた、研究デザインに関連するいくつかの強みと限界についても議論しました。

文献がどのように特定されたのか、という背後にある方法は明らかになっていません。たとえば、データベースが検索されたのか、あるいはデータとして取り込むか除外するかという評価基準については言及されていないのです。このように、この報告書が体系的に実施されたかどうかはを言うことはできないのです。

体系的ではない報告書は、特定のトピックに関する研究をまとめるには役立ちます。しかし、反論やほかの関連する証拠を見落としてしまうというリスクがあるのです。

何がわかったのか?

この報告書は、天然の砂糖甘味飲料と人工甘味飲料に関する背景と、世界的な肥満の危機とつながりがありそうな関係を提供することから始まります。次に、肥満の危機は、非伝染性疾患(2型糖尿病など、感染が原因ではない病気)の急激な増加に影響を及ぼしている、と考えています。また、健康面での懸案事項に対処するためのガイドラインと方針の策定方法についても強調しています。

報告書は続けて、人工甘味飲料の潜在的な影響についての証拠について概要を説明しています。いくつかの観察コホート研究と無作為化比較試験の体系的な報告書で、人工甘味飲料と体重減少との関連が明らかになっていることを認めています。

また、天然の砂糖甘味飲料を人工甘味飲料に置き換えると、体内でさまざまな作用を引き起こす可能性がある、という指摘を取り上げています。これは、人工甘味飲料から摂取したカロリーが低いことを認識しているため、食欲が増進したり、甘い物がもっと食べたくなったり、あるいは単に固形食を食べ過ぎてしまう、といったことを含んでいます。しかし、こうした懸念事項は、いずれも信頼できる証拠によって裏付けされていないのです。

どう結論付けたのか?

研究者たちは、体重増加を防ぐという点で人工甘味飲料の役割を支持する証拠がないことや、健康に対する長期的な影響についての研究結果が欠けているため、人工甘味飲料は健康的な食生活を担うものとして勧めるべきではない、という立場を強調する、と結論づけています。

結論

この報告書では、天然の砂糖甘味飲料と比較して、人工甘味飲料が潜在的に健康にマイナスの影響を与えることを調査する一連の研究を評価しました。報告書はかなり偏っており、人工甘味飲料と世界的な肥満の問題との関連性だけでなく、甘い飲み物が及ぼす環境に対する悪影響についても議論しています。研究者たちは、国民食生活指針で、人工甘味飲料を天然の砂糖甘味飲料の代用品として使うことを勧めるべきではない、と提案しています。

しかし、この報告書にコメントした専門家の多くは、人工甘味飲料のメリットに対する証拠がないものの、体重を減らしたいと思う人にとって、「ダイエット飲料」は天然の砂糖甘味飲料よりもよい選択肢だった、という意見を明らかにしています。「人工甘味飲料は、カロリー摂取を控える上では適切な選択肢になる」と言う人もいました。

おそらく、人工甘味料と電子タバコを比較するようなものです。つまり、どちらも理想的なものではないが、天然の砂糖甘味料やタバコといったものよりはまし、ぐらいのものなのです。

関連記事一覧