健康的な食事計画に戻るための10の方法

その他

健康的な食事計画に戻るために

休日を責めていませんか?もしくは自分が何を食べていたか、思い出すことに、忙しすぎるかもしれません。おそらく休暇シーズンに無謀になって、カロリー計算を辞めてしまったのでしょう。何が原因であれ、それは起こったことです。あなたはダイエット計画から外れていた、ということです(おそらく数日間、または数週間)。最終的に、それは私たち全員に起こるのです、と専門家は言います。重要なことは、自分を責めたてるのをやめて、健康的な食事計画にすぐに戻ることです。

ここでは、正しい道に戻るための10つのアドバイスを紹介します。

1.再発を道徳的な問題として捕らえない。

あなたが悪い人、というわけではありません。ただ単に、過ちを犯してしまったため、太っているということに過ぎないのです。その挫折に対処するスキルをどう築くかを考えるようにしましょう。

2経験から学ぶ。

なぜ、ダイエット計画からそれてしまったのか分からないのであれば、次回に同じ状況が起こった時に、また同じように反応するでしょう。食べ過てしまう状況を誘発する事柄のリストを書き留め、それぞれの代替案を計画してみてください。たとえば、パーティーが原因などであれば、事前に健康的なスナックを服用して、自分の食欲をチェックするようにして下さい。

3.食事と運動で自分を戒めるような形で、失敗を取り戻そうとしない。

この方法で体重を減らすことができるかもしれませんが、ほぼ確実にリバウンドすることになるでしょう。これでは、増量と減量の不健康なパターンを作るだけで、食事との関係について不安を感じてしまうようになります。

4.広い視野で考える。

体重を減らすためには、時間とともにカロリーを減らす必要がありますが、正確にはどのくらいの期間なのかは関係ありません。ですから、食事の摂取量は、毎日ではなく一週間、または1ヶ月単位で考えてみてください。うまく行く日があれば、行かない日もあることでしょうが、1度失敗しても大したことではなくなるでしょう。その週の後半であったり、または次の食事で、いつでもロスを補うことができるからです。

5.モチベーションを更新する。

ダイエットを辞めてしまうということは、モチベーションが軌道から外れたというサインです。ですから落ち着いて、自分実績を評価しましょう。ダイエットの計画に従っていた時、どのように感じていましたか?何があなたを動機づけていたのですか?これらの感情を再現することで、やる気が復活できるでしょう。

6.空腹を止めるために先に計画する。

あまりにも空腹になってしまうと、簡単に食べ過ぎてしまいます。それを避けるために、毎日の計画に、栄養価の高い軽食を組み込んでみてください。家にいないときは、ドライフルーツ、カットニンジン、無脂肪のヨーグルト、トレイルミックス、全粒粉の穀物、ナッツ、焼きたてのポテトチップなど、健康的な軽食を詰めた「スナックパック」を持ち運ぶようにしましょう。

7.自分自身を見失わない。

好きな食べ物をすべて辞めてしまうと喪失感が生まれ、まず間違いなく、結果的に食べ過ぎてしまうでしょう。ですから、全く辞めてしまうのではなく、より健康的な選択肢をとるようにしてください。アイスクリームの代わりに低脂肪の冷凍ヨーグルト半カップを、アイスキャンディーはまるまる一本ではなく、一口サイズを食べるようにしてみてください。

8.体を動かすのを止めない。

ジムに行くことができない場合でも、20分歩くようにしてみてください。エクササイズは、ダイエットプランから外れている間に余分なカロリーを摂取するのを助けるだけでなく、過食を引き起こす原因となる、退屈とストレスを和らげてくれます。

9.状況を報告できるパートナーを見つける。

パートナーは同じくダイエットに取り組む仲間や、友だち、あなたの頑張りを励ましてくれる家族でもよいでしょう。パートナーにあなたの意図と目標を伝え、定期的に関わるようにすることで、モチベーションを保つことができます。

10.ルーティンを変更する。

試しに、新しいエクササイズの教室を利用してみましょう。ベリーダンスなんてどうでしょう?また、食生活に新しいヘルシーな食事を加えてみてください。(気分を盛り上げるため、あなたの地元の野菜市場を訪れてみましょう。)刺激が得られて、マンネリを失くすことができるはずです。

関連記事一覧