妊娠糖尿病が与える赤ちゃんへの影響について

その他

妊娠糖尿病とは

妊娠前は糖尿病ではなかったにも関わらず、妊娠中に高血糖になる症状を、妊娠糖尿病と呼びます。

妊娠糖尿病の原因ははっきりとしていませんが、要因はいくつかあります。母体にある胎盤は成長を続ける赤ちゃんを支え、胎盤からのホルモンが赤ちゃんの成長を促します。しかし、これらのホルモンが、母親の体内でのインスリンの作用を遮断してしまうことがあります。これをインスリン抵抗性と呼びます。インスリン抵抗性は、母体がインスリンを使用するのを困難にします。

妊娠糖尿病は、体が妊娠に必要なすべてのインスリンの生成、使用ができなくなると発症し始めます。十分なインスリンがなければ、血糖をエネルギーに変えることはできません。そのため血糖が血中に高濃度で蓄積しはじめ、これを高血糖といいます。

妊娠糖尿病が与える赤ちゃんへの影響

妊娠糖尿病は、妊娠後期の母親に影響を与えます。既に胎児の体は形成されていますが、未だ成長を続けている時期です。妊娠前に母親が糖尿病ある場合と異なり、通常、妊娠糖尿病が赤ちゃんの出生に影響を与えることはありません。

しかし、治療をしなかったり、正しく管理しない場合、赤ちゃんに影響を及ぼす可能性もあります。妊娠糖尿病の場合、膵臓はインスリンを余分に産生しますが、血糖値を低下させません。血糖や他の栄養素と違い、インスリンは胎盤を通過しません。その結果、余分な血糖が胎盤を通過し、赤ちゃんに高血糖値を与えることになります。そして赤ちゃんの膵臓は余分なインスリンを作りだし、血糖を取り除くことになります。赤ちゃんにとっては、必要以上のエネルギーを得ることになるため、余分なエネルギーは脂肪として保存されます。

脂肪がたくさん保存されていくことで、結果として、巨大児や、 肥満児につながる可能性があります。巨大時の赤ちゃんは、出生時の肩の損傷など、母親の健康上の問題にも直面しています。赤ちゃんの膵臓によって作られた余分なインスリンのために、新生児は出生時の血糖値が非常に低く、呼吸障害の可能性が高くあります。過剰にインスリンをもつ乳児は、幼児期の肥満や、成人してからの2型糖尿病のリスクがあります。

関連記事一覧