真実の告白:私のダイエットの失敗原因

その他

どの食事が問題なのか

どの食事が「いけないか」。これがよくある落とし穴ではありませんか?私たちは「Friends Talking:Daily Journaling」の掲示板で、WebMDのウェイト・ロス・クリニックのメンバーに質問しました。彼らは時に最高のダイエットを妨害する5つのよくある間違いを告白してくれました。
あなたの弱点を知ることは、それを克服するための第一歩です。これらのメンバーはすでに優れた習慣への道を進み始めているのです。おそらく、あなたは彼らの話の中で自分自身を発見するでしょう。

食生活の失敗原因トップ5
1.十分な食事をしていない

メンバーの何人かは、時には食事を抜いてしまい(後でその代償を支払った)と告白しています。
「恐ろしいことですが、私は朝食をおそらく10年以上食べていません。」 とメンバーのchektyは書き込みます。「時々昼食を抜き、夕食や夕食後にがつがつ食べていました。私は間違いなく過食でしたが、気づいていませんでした。」surggloはこう書いています。「私には作業中のことに夢中になり過ぎて、食べ物を一切食べないという悪い習慣があります。ほとんどいつも昼食です。そのため後で間食を食べてしまい、普通の時間に夕食を食べたくなりません。」
他の人たちは、好きな食べ物を制限すると、最終的に食べ過ぎてしまうと信じています。
「私はお気に入りの食べ物を適当な量に抑える方法が分からないので制限し過ぎるのが問題だと思う」とメンバーである2spookyは語っています。 「結果、過食、食べ物への渇望を引き起こす傾向があり、それは悪質なサイクルの発端となってしまいます。」
他のメンバーは、健康的な軽食を加えることでエネルギーを均等に保つのに役立つことを発見しました。
「私は糖尿病を患っていません」とHopeful00713は語っています。「しかし、血糖値が下がったときにはそれを感じていました。このプログラムに参加以来、それは頻繁には起こらなくなりました。間食が私のダイエットの落とし穴であると思っていたので、当初は食事計画に間食を組み込みたくありませんでした。今では、 加工された”スナックフード”よりも果物やヨーグルトを選ぶことが多いので、 “シュガーハイ”や “ロー”を感じることが少なくなったことと関係があるのかもしれません。」

2.食べ過ぎる

驚くことではありませんが、食べ過ぎる事は、やってはいけない食生活のリストの中で高く評価されています。
「私の問題は、あまりにも多くの食べ物を1回の食事で食べるだけではなく、その後にもそれ単体で食事になる可能性のあるものを絶えず「間食」することです。ホットポケット、ケサディーヤ、ピーナッツバターとジャムのサンドウィッチ、冷蔵庫にある何かなどです。」とgrease52678は書いています。
「食事の量をコントロールするのはうまくなってきています。しかし間食を摂りすぎることはまだ問題です」
Joanie0921は次のように書いています。「時々、私は満腹になるまで食べているのに、1時間後には冷蔵庫で食べ物を探しています。これは生理直前に良く起こると思います。」
メンバーluv2cook49は、料理に対する情熱が多食につながる可能性があることを発見しました。 「夕食を作っている間、パンや野菜をつまむのが大好きです。間食としていくつかは良い選択ですが、問題は食べる量です。特に夕食が遅れていると、夕食としてみなされる量の間食を食べてしまうことが何度もあります。」
「もう一つの問題は食事量のコントロールです」とluv2cook49は続けます。 「おいしい食事を作ること、おいしく低カロリーのレシピを探すのが大好きです。問題は、食べ物が素晴らしいと、食べ過ぎる傾向があることです。…夕食後の台所の掃除も問題です。子供の食器をきれいにして、余り物を冷蔵庫に入れるときに少しつまんでしまうのです。」

3.運動を休む

Hopeful00713:6は、フィットネスを毎日の習慣にするという目標をまだ達成していません。 「今は週に2回ほどですが、それでもゼロから一歩進んだのです」と、このメンバーは書いています。
Joanie0921も「運動をスキップすることが最近の大きな問題でした」と書いています。しかし、Joanie0921はすでにダイエットの道に戻っているようです。「今週は毎朝ジムへ行ったよ!」

4.オール・オア・ナッシング思考

このような考え方で、小さな挫折はダイエット挫折への雪崩への契機になる恐れがあります。
「何度も私の友人が食べ過ぎてしまいダイエットを台無しにしてまったと嘆いているのを聞きました」とeconisgr8は書いています。 「私がそれをすると、彼女達のように永遠にあきらめてしまうような気がします。」
「その後、医師からは、毎日ではなく、一週間単位で食べた量を考えるようにとアドバイスをもらいました。そして食べた食事の平均をみるようにと言われました。良い食事を取ることを学ぶにつれ、徐々に悪い食事が少なくなりました。私は一回の食事で失敗しただけで罪悪感を感じないようになり、週の間に又は次の食事でそれを補うようになりました。この考え方は私をとても助けてくれます。」

5.あなたの食べ物の選択を良いものの仮定する

何人かのメンバーがこの失敗原因を擁護しました。具体的には、何人かは果物全体にわたってジュースを選ぶことがよくあると言っています。
「私は非常に偏食で、特定の種類の食べ物にはその食感だけで吐きそうになります」とlittleb16は書いています。 「ジュースだけが私が栄養素を摂取する手段なのです。一歩ずつ。 ジュースをやめる(減らす)のは最後の一歩です。」
ご存知のように完璧な食事はありません。食生活の失敗(またはいくつかの失敗)を犯した場合は、共有したこれらのメンバーからのヒントを受け取ってください。間違いを振り払い、それらから学び、それらの小さな変化を少しづつ続けるのです。

関連記事一覧