野菜を食事にしのばせる10の方法

その他

野菜嫌いの方でも食べられるようになるヒント

ここでは、野菜嫌いな人でも喜んで食べられるようなヒントをご紹介していますので、ぜひ試してみてください。
私たちに野菜が必須であるというのは疑いのないことです。野菜は食物繊維、ビタミン、ミネラル、そして重要なフィトケミカルというものが豊富ですし、ほとんどの場合カロリーは低いです。では野菜嫌いの人はどうしたらいいのでしょう?以下に野菜を楽しんで食べられるようになるためのヒントをいくつか挙げます。自分の役に立つと思ったものだけを選んでみましょう。

1.「好き」と言ってもよいような野菜を自分の既に好きな料理に加える
スライスしたズッキーニの層をラザニアの中に足してみたり、ブロッコリーをひとかたまりマカロニチーズに混ぜてみたり、トマトをオムレツに入れたり、ケサデイヤスの中にピーマンを入れてみましょう。

2.スープに野菜を入れる
自分で作ったものでも缶詰のものでも、お気に入りのスープに野菜を入れて彩りを加えましょう。スープを作っている最中や温めている最中に、生あるいは凍った野菜を加えるだけでよいのです。

3.サラダに野菜を押し込む
できる限り多くの生野菜をサラダに入れましょう。例えば、キュウリ、すりおろしたニンジン、ズッキーニ、サヤインゲン、たまねぎ、ラディッシュ、クズイモ、トマトなどです。あるいは、レタスの代わりにほうれん草の葉を入れてみましょう。

4.生野菜を食べる
カリフラワー、ブロッコリー、キャベツ、ほうれん草などの味の濃い野菜は、生で食べることによってその良い部分を最大限に引き出すことができます。

5.スパゲッティに野菜を混ぜる
細かく刻んだズッキーニ、マッシュルーム、たまねぎ、ナス、イエロースクワッシュなどをスパゲッティーのソースに加えましょう。細かく刻むほど、そこに野菜が入っているということに気づきにくくなります。

6.楽しむ
食べるのが楽しい野菜というものもあります。軸つきトウモロコシの輪切り(焼いたトウモロコシを1インチの厚さに輪切りにする)を作ってみたり、セロリの中にピーナッツバターやクリームチーズを詰めたり、ズッキーニやピーマン、パプリカにセイボリーフィリングを詰めてみましょう。

7.飲む
野菜ジュースやニンジンジュースなどを試してみましょう。あるいはニンジンジュースに好きなフルーツジュースを混ぜてみましょう。

8.ピザに野菜を混ぜる
ピザに野菜をトッピングしましょう。どんな組み合わせでもかまいません。例えば、トマト、たまねぎ、ピーマン、マッシュルーム、ズッキーニ、アーティチョークの蕾などです。

9.網焼きにする
焼き網で肉や魚を焼いた後に、どうして燃えている炭を捨ててしまうのでしょう?おそらく肉に使うものと全く同じマリネードを野菜にも使うことができるはずです。肉に触れていないマリネードを使って野菜を分けて漬ければよいだけです。たくさんの野菜(ナス、ニンジン、ピーマン、マッシュルーム、ズッキーニなど)を使ってケバブを作りましょう。やわらかい野菜は事前に火を通しておく必要はありませんが、サツマイモなどのように硬い野菜は焼き網の上に乗せる前に蒸したり、電子レンジにかけたりする方がよいでしょう。

10.ファストフードで野菜を食べる
サラダがお好きであればの話ですが、ファストフードのチェーン店でも野菜を食べることができます。無脂肪のフレンチドレッシング、低脂肪のハニーマスタード、あるいは低脂肪のランチドレッシングなどをかけて食べましょう。ドレッシングのパックの半分を使うと、0~4gの脂肪と50カロリーを足すことになります。

関連記事一覧