妊娠中の食欲の低下について知っておきたいこと

症状

妊娠中の食欲の低下

妊娠中は食欲が止まらなくなってぺペローニピザからアイスクリーム、ピクルスにまで目がなくなると思っていますか?妊娠期間中は、大人になってから唯一体重の増加を褒められ、2時間に1回の食事が推進される特別な期間です。しかし冷蔵庫に健康食品をストックし始めたと同時に、食欲の低下ーまた吐き気も伴いますあなたが好きだったはずの食べ物を見たり匂いだけで嫌になってしまうのです。

妊娠中十分に体重を増やすことは、赤ちゃんにとって必要なものを食べているという証拠です。妊娠前の体重によりますが、普通体重の女性は10キロ〜15キロ増やす必要があります。妊娠初期、朝気分が悪くなってしまう時期ですが、500グラムから1キロほど増える(もしくは減ることもある)のが普通です。胎児はとても小さいのであまり栄養を必要としませんーなので妊娠中必要なビタミンをとっていれば、大丈夫です。妊娠初期の後、1週間に500グラムずつ増やしていくよう勧められています。もし妊娠中期の初期になっても食欲が湧かない、また妊娠末期までに推進されている体重にまで到達しないようであれば、医者に相談しましょう。

まだ心配ですか?そんなに気負わないでください。楽な日もあれば苦しい日もありますー大事なのは全体図です。朗報:多くの女性が簡単なコツで食欲低下を克服できています。以下はまた食欲を取り戻す方法です。

妊娠初期

起こっていること:
食欲低下は妊娠期のむかつきや吐き気とよく結び付けられ、70-85%の女性がこれに悩まされています(もし1日3回もトイレに向かってかがみこんでいたら、食欲がなくなるのも無理はありません)。朝に気分が悪くなるのは、本能的に胎児を害のある食べ物から守ろうとするからですーこのような食べ物への嫌悪感は女性は大概経験しています。
ホルモンの増加(エストロゲン、妊娠ホルモンhCG)も吐き気や嗅覚の感度をあげます。口内にいやな鉄の味を感じることもあります。

必要な栄養をとるには:
水分をとる。十分な水分補給をすることはカロリーの摂取量よりも重要です。1日8杯の水を飲みましょう(吐き気に効くレモネードやジンジャーティーに代える事もできます)。
食べ過ぎないこと。少量の食事を1日6回にわけて食べましょう(二時間毎に空腹を感じるはずです)、そうすることで満足できますー大量の食事を一度に食べるのは止めましょう。
適正に食べる。日中食欲がでてきたら、たんぱく質と複合炭水化物をできるだけ食べるようにしましょう、そうすることで血糖値が安定し腹持ちがよくなります。バナナなどのフルーツが胃に優しいでしょう:スプーン1杯のヨーグルトを加えると、プロテインもとれて良いでしょう。全粒粉のクラッカーも良いでしょう。
食べ放題などは控え、グリルチキンやサーモンサラダを選んだほうが無難です。
あなたの好きな味を選びましょう。選択肢は栄養に良い生活に欠かせません。もしほうれん草を食べて吐き気がし、ケールがビタミンAを豊富に含んでいるようであれば、ケールを好きなだけ食べてください。すぐにほうれん草も食べれるようになるでしょう。
温度を変える。
多くの女性が妊娠中は冷たい飲み物や食べ物を好む傾向にあります。もちろん熱いほうが好きな人もいます。どちらかに自分があてはまるか考えてみてください。
ビタミンをとる。妊娠に必要なビタミンをDHAと共に習慣としてとるようにしてください。理想的には、妊娠の1ヶ月前から、最低でも妊娠と同時にビタミンをとるようにしてください.
一時的に足りない栄養分を埋めるのに役立ちます。
吐き気を克服するために、医者にビタミンB6やFDAに認可されたDiclegisというビタミンBと抗ヒスタミン剤が入ったものを摂取することについて相談しましょう。そうすることで吐き気を減らし食欲を増進させます。

妊娠中期

起こっていること:
多くの女性はこの時期が妊娠の最盛期だといいますー身体の形がどんどん変わっていきますが、7月のスイカほどではありません。そしてさらに良いことに、多くの女性の食欲がこの時期に元通りになるのです。実際、食欲が今までで一番すごいと感じるかもしれません。

必要な栄養をとるには:
今がカルシウムを沢山摂取し(1日1000mg)、プロテインの摂取量も増やし(1日75mg)、葉酸を十分に食べる(野菜や緑の葉っぱなど食物繊維の多く含まれた食べ物を選ぶと、後に厄介な妊娠症状に役立ちます)、オメガ3が豊富な魚(赤ちゃんの脳のパワーを強めます。週に2回ほど妊娠中に食べても大丈夫な魚を食べましょう)を食べるいい機会です。
もちろん、全ての女性が妊娠中期に食欲がとまらないということはありません。もしまだ食欲が戻らないようであれば、妊娠初期の習慣を続けてください。水分を十分にとり、少量の食事をとり、強いにおいの食事は避け、賢く栄養について考え、妊娠前からビタミンを毎日とり、あなたと赤ちゃんが必要とする栄養をとれるようにしましょう。

妊娠後期

起こっていること:
妊娠の最後の数週間で、吐き気は消えるようですーそして大きく育ったお腹に代わります。食欲も戻りますが、お腹が大きいので一口目で一皿平らげてしまったように感じます。成長した子宮は胃などの他の器官のスペースをほとんど奪い、通常ある場所から押しやってしまいます。胸焼けによりスパイシーまたは揚げ物や柑橘類が嫌になり、ホルモンによって引き起こされる便秘によって、食欲はあまり湧きません。妊娠初期に経験したような食欲低下よりは軽度で、どちらかというと食欲阻害ですが、食生活と栄養について考えることが大事です。

必要な栄養をどうとるか:
考えすぎないこと。最初の12週間にやったとおりにしましょう。こまめに少量の食事をとるようにし、十分な栄養をとるようにしましょう。胃がすぐにいっぱいになってしまうのであまり食べることはできませんが、こまめに間食するといいでしょう。吐き気はもうないので、エンプティーカロリーよりも栄養を一番に考えましょう(ファーストフードではなく、ヨーグルトとフルーツサラダを選びましょう!)
食物繊維を多くとること。食物繊維の多い食べ物(緑の葉っぱ、全粒粉パン、アボカド、アスパラガス、ひまわりの種)を食べ続けることで便秘を軽減しシステムの循環をよくします。
妊娠初期のように多くの水分をとり(特に詰まっているようであれば)妊娠中必要なビタミンをとるのもいいアイデアです。

食事はやるべきことリストの中に入っていないかもしれません。それは自然なことです、しかし小さな積み重ねで大きな結果がかえってきます:健康で、元気な赤ちゃんです!

関連記事一覧