減量につながるスーパーフードは本当?嘘?

その他

グレープフルーツ

減量させてくれる魔法はありません。例えば、グレープフルーツは脂肪を「燃やす」というのを聞いたことがあるかもしれませんが、そんなことができる食べ物はありません。ですが、ポテトチップスやチョコレートバーの代わりにグレープフルーツをおやつとして食べれば、減量の助けになります。他のものと同様に、ビタミンAとビタミンCが豊富に含まれています。

ナッツ

ナッツを取り入れたダイエットは続けられる可能性が高く、減量の可能性も上がります。脂肪含有量だけを見て思いとどまらないで、一掴み食べましょう。ナッツに含まれる脂肪分は健康的な上に空腹感を満たし、過食を防ぐ効果が期待できます。

脂肪分の高いヨーグルト

そうです、低脂肪ではなく、脂肪分の高いヨーグルトで間違いありません。食べ過ぎない限りにおいて、脂肪分の高いヨーグルトは肥満に効果が見られることがあります。その上、ヨーグルトは腸内の細菌にも良いのです。それによって、減量につながり、最も危険なタイプの脂肪である腹部脂肪が付くのを防ぐことができます。

じゃがいも

じゃがいもは空腹を満たしてくれます。そして、満たされたと感じることにより、過食の可能性も低くなります。さらに、茹でたじゃがいもは、難消化性でんぷんという特別な食物繊維を生成し、これが減量の手助けになりうるのです。ですが、バター、チーズ、サワークリームを乗せすぎないようにしましょう。

ベリー

甘いものが欲しくなったら、ベリーは良い選択肢です。カロリーが低く、果汁と食物繊維の詰まった、この小さくて風味豊かな果物なら、クッキーに手を伸ばすのを防いでくれるかもしれません。また、コレステロールを下げることもできる上に、抗酸化物質が豊富に含まれており、病気を寄せ付けないよう手助けをしてくれます。

アボカド

たっぷりアボカドを使ったワカモレディップはメキシコ料理の定番です。しかし、このクリーミーで食べ応えのある果物は、そのままでも、スライスしてサンドイッチに入れてもおいしいのです。確かに脂肪分はありますが、良い種類のものです。食生活における少量のアボカドは、コレステロールを下げながら、空腹を遠ざけてくれます。

栄養素が豊富な上に、満腹感を得るためにはうってつけです。もし、減量を目標に据えて、食べた量よりも多く燃焼しているなら、卵が食べる量を減らし、目標に近づけてくれるでしょう。

キムチ

キムチなどの発酵食品は、腸内の細菌に良いとされています。つまり、より良い脂肪代謝と体重管理を意味します。水、塩や、その他の香辛料に長く漬けることによって、食品は発酵します。これによって、食品の化学的性質や味を変えることができます。十分な効果を得るには、ただ漬けられた食品ではなく、発酵したものを買うようにしましょう。

関連記事一覧