減量に関連した5つの神話について

その他

体重減少に関する真実

体重減少に関する5つの一般的な誤解の背後にある真実を教えましょう。
あなたがダイエットやフィットネスルーチンにどれほど従っていても、誰も見ていないときにあなたが何を本当に食べたかだけではなく何らかの嘘が紛れ込んでいます。私たちのほとんどは、絶食、または特定の食物や栄養素を抜きのダイエットなど、少なくとも1回は急速なダイエットに挑戦したことがあるでしょう。体重が戻ったり、または増加する結果に終わるはずです。
早くて簡単なダイエット方法に疑いをもつことが大雑把なルールです。 「最も大きな誤解は、短期間に行う何かが長期的な結果が出す事です」と、WebMD減量クリニックの「レシピドクター」であるエレイン マギーさんは言います。あなたは何よりも魔法の弾丸を望むかもしれませんが、あなたの体重を減少し維持することに関して、一時的な熱中や仕掛けは利益より多くの害を及ぼすことがあります。
そこで「嘘」のリストをつくり、真実を武器に膨らみと戦うことができるように、私たちは、2人の管理栄養士マギーとエリザベス・ピヴォンカさん(PhD、RD、the Produce for Better Health Foundation代表)の協力を得ました。

神話:スナックは悪

良いニュースは、体重を減らすために飢える必要はないということです。 「間食をしてはいけないという考えは迷信です」とピヴォンカさんは言います。あなたの胃が震え始めると、頭の中で次の食事を台無しにしてはいけないと小さな声が聞こえるかもしれません。しかし、間食は実際には食事の量を減らすかもしれませんし、後で食べ過ぎる衝動を減らしてくれるかもしれません。実際に、あなたのカロリーを1回で摂取する代わりに、1日5食食べることを栄養士はしばしば勧めています。
間食が悪い評判を持つ主な理由の1つは、私たちの選択が原因です。例えば、ポテトチップ、クッキー、キャンディー、その他のおいしい、そして太らせる、お菓子が詰め込まれた自動販売機からの選択です。良いニュースは、午後4時に全ての人がキャンディー・バーを食べているわけではないということです。the Produce for Better Health Foundationによると、アメリカ人の70%は果物や野菜を取り入れる方法として間食を利用してます。
空腹の時にポテトチップの袋に手を伸ばす傾向があるならば、代わりに栄養価の高い食品を食べてみてください。例えば、適量の果物、野菜、ナッツ類です。そして普段食事の時間に食べないものに挑戦してみてください。牛乳をたくさん飲まないマギーは、カルシウムを毎日摂取する方法として低脂肪チーズとヨーグルトの間食を使用しています。

神話:ノー モア ファーストフード

マギーは全てのファーストフードを捨て去る必要はないといいます。「それは私たちの文化の一部です。私はそれを受け入れています。」と彼女は言います。 そして「私は、人々がその場でより良い選択をするように導くのです。」と続けます。
ピヴォンカは以前はファストフードを勧めていなかったと言います。しかし、今はより良い選択肢があるので健康的に食べることができます。 「ファストフードの大きな問題は、ナトリウムの含有量が理想よりもはるかに高いことです」とピヴォンカはWebMDに語ります。これはあなたがサラダばかりを選ばない限り、避けるのは難しいかもしれない問題です。少なくとも、小さな塩の袋は避けてください。マギーから他の健康的なアイディアがあります:

スターターとしてサラダを選ぶ。
パン粉をつけて揚げたフライドチキンのかわりに、焼いたグリルチキン選ぶ。
硬くてクリスピーなタコスの代わりにソフトタコスを選ぶ。
ソースとドレッシングを添えてもらうか、できるだけ掻き取る。

神話:炭水化物はすべて悪

ピヴォンカとマギーの2人とも、すべての炭水化物が悪いという意見は迷信だと同意します。しかし、それは低炭水化物ダイエットから学ぶことが何もないということを意味しません。炭水化物はすべて平等に作られているわけではありません。しばしば砂糖や白い小麦粉が多く使われている加工炭水化物は避けましょう。代わりに、豆、全粒粉(玄米や全粒粉のパンなど)を楽しみ、栄養素と繊維が豊富で、カロリーが低く、いくつかの病気のリスクを軽減するのに役立つ果物と野菜を忘れないでください、とピヴォンカは言います。
また炭水化物は運動中に体脂肪を燃焼させるために燃料として使用されます。これは、パンをメニューに残す大きな理由の1つです。

神話:特定の食品はカロリーを燃焼させる

特定の食品があなたの代謝率を高めより多くのカロリーを燃焼することができるかどうかについての相反する情報があります。いろいろな食品がさまざまな健康上の利点を提供していますが、カロリーが食べ物によって異なるかどうか不思議に思うことがあるでしょう。
「何に由来していてもカロリーはカロリーです」とピヴォンカは言います。あなたの代謝率を高め、カロリーの燃焼を助ける食物はありません、と彼女は言います。たとえ特定の食品があなたの代謝を高めたとしても、その量はそれを魔法の弾丸にするにはあまりにも小さい、とMageeは言います。
代わりに、ピヴォンカはウェイトリフティングを推奨します。何故?筋肉を作ることで、安静時に燃焼するカロリーの数が増えるためです。 マギーはまた、水分や繊維の含有量の高い食品を食べることを勧めています。何故なら、それらはあなたの体に長く留まり体重の減少を助けるからです。

神話:一貫とした「食べて運動する」は、決して体重を増やさない。

あなたが年を取り、変化し、成長すると共に、生活習慣を変化させ食生活を調整する必要があります。事実、加齢とともに代謝は減速する、とピヴォンカは言います。結果として、体重増加を避けるためには食事を減らすか運動を増やす必要があります。ピヴォンカは、40歳前後で最も大きな変化が起こると主張しています。あなたの代謝は、何年にもわたって徐々に減速し続けますので、常に食べ物と運動計画を柔軟に保つことが重要です。
食事と運動に関して本当に確信できる唯一のことは、毎日の新しい減量方法が出てくるということです。そのことを常に言い聞かせることが(そして疑わしい場合は眉をひそめる)、終わりのない矛盾する体重減少のアドバイスを切り抜ける事が秘訣です。

関連記事一覧