出産後の避妊について知っておきたいこと

その他

出産後の避妊

子供を産んだ直後か、まだ妊娠したばかりかに関わらず、出産後の避妊のために何を使うかを考えるのに早すぎることはありません。

親になりたての時期は、人生の中で最もセクシーではないかもしれません。そして、出産後の避妊は、問題ないことのように思いさえするかもしれません。なんといっても、あなたの体はかなり深刻な外傷から回復しつつあるところで、疲れきっていて、母乳が漏れてくる可能性があります。これは永遠に続くわけではありません。実際、思っているよりも早く、パートナーとの夜を楽しむようになることがわかるでしょう。そして、産後3週間から4週間で排卵が始まるので、そのときが来たら、避妊の準備をして、身を守る必要があります(もちろん、すぐにもう一人ほしいと思っている場合はこの限りではありません)。ここでは産後の避妊について、知っておくべきことをご紹介します。

・どのくらい早く家族を増やしたいかという意見を持つのに役立ちます。ここではっきりさせる必要はありませんが、理想的には、いつ、あなたとパートナーが2人目(もしくは3人目、4人目)を作るか、またそもそも作るかどうかについて、大まかな考えを持っておくべきです。いったんそれがわかったら、どの避妊方法が自分にとってベストかを選ぶことで、かなり楽になります。
・以前使っていたものが、今も使いたいものとは限りません。もう母親(もしくは、これから母親になる)なのですから、少し違う体と一緒にこれからの新しい人生を歩んでいきます。コンドームが昔は一番合っていたかもしれませんが、今は不快かもしれません。毎日ピルを服用することを覚えておくことは、(a)対処したくないことか、(b)単に覚えて痛くないことのどちらかかもしれません。加えて授乳中の場合、ピルやパッチ、リングといったエストロゲンを含む避妊は避ける必要があるかもしれません。というのも、ホルモンが母乳の供給に影響を与える可能性があるからです。
・授乳でタンパク質を提供する―ある程度の。授乳している間は受胎能力を抑制するとずっと知られてきました。そして一部の女性にとって、産後直後から数カ月間は避妊の魅力的な状態になる可能性があります。もし、授乳政務月経、別名LAMを試してみたい場合は、

看護は妊娠を抑制することが長い間知られており、一部の女性にとっては、出産後数ヶ月で妊娠の魅力的な形態になる可能性があります。 泌乳性無月経の方法、別名LAMを試してみたいと思っているのであれば、独占的かつ頻繁に母乳を与えるひつようがあります。日中の授乳は4時間を超えてはならず、夜間の授乳は6時間を超えてはいけません。また、以下のようなことを知っておくことも重要です:LAMは短期的な選択肢です。赤ちゃんが固形物を食べ始め(約4カ月から6カ月)、それほど頻繁に授乳しなくなったときは信頼度が低くなります。もうひとつの大きな落とし穴は、出産後、最初の生理がきたら、もうLAMで守られなくなります。―しかし、生理が来てはじめて排卵していることに気づくので、もし避妊をしなければ妊娠する可能性があります。

今は避妊の基礎がわかっているのですから、どの方法が自分にとって最適かを判断するために読み続けてください。

関連記事一覧