音楽を演奏させましょう―音楽が赤ちゃんにとって良い理由

その他

なぜ音楽は赤ちゃんにとって良いのか

木製のスプーンで鍋を叩けるなら、お子さんはミュージシャンです。(実際には、壊れにくく子どもに安全なものは、楽器にできます)。お子さんが出す音は純粋に喜ばしいだけでなく、お子さんにドラムをさせる(何かでガラガラ音をたてたり、振ったり、パチパチさせたり、打ったりする)効果はいくつかあります。音楽は、身体と心を一緒に働かせ、思考力や表現力を刺激し、創造性を高めます。自分ができることをお子さんが認識できると、社交的になり自尊心が高まります(そして、ママとパパが拍手してくれます!)。

バンドをお手軽に作るために

・空のアイスクリームの箱(すすいで乾燥させてください)を即席ドラムにするか、異なるサイズのプラスチック容器(異なる音が聞こえるように)を使ってください。ドラムスティックはもちろん、木製のスプーンです!
・家庭用品を楽器に代用するだけでなく、子どもに安全なマラカスやカスタネット、ガラガラ、シェーカーも使いましょう。
・あなたと赤ちゃんの間で、どう演奏していくかを決めましょう。あなたはガラガラを振り、それにあわせてどのように振るのかをお子さんに教えましょう。次に、ドラムを2〜3回叩いて、お子さんにも叩き返してもらいましょう。(お子さんが理解するにはしばらく時間がかかるかもしれませんが、いったんやり遂げればお子さんの「音楽」に反応してバンドを組めるでしょう)。
・他のママや赤ちゃんにも声をかけて一緒にバンドをしましょう。お子さんがお友達とコミュニケーションをとるきっかけになります。あなたも気の利いた手作り楽器の新しいアイデアが得られるかもしれません。
・歌いましょう。お子さんにも歌ってもらいましょう!

関連記事一覧