ベビーマッサージのリラックス効果とは

その他

ベビーマッサージとは

ベビーマッサージは、赤ちゃんをまるで夢の国にいるかのように癒したり、ガスが溜まったお腹を緩めたり、驚異的な効果をもたらしてくれます。

マッサージは大人だけでなく、赤ちゃんにとってもリラックスでき、治療効果さえあると言われています。これは五感の中で触覚が出生時に最も発達しているからであり、ベビーマッサージが赤ちゃんの成長にとって、膨大なメリットがあるとする研究もあります。

ベビーマッサージの効果

赤ちゃんのおなかのトラブルや歯の痛みを和らる、筋肉の発達を促進する、気持ちを落ち着かせる、安らかな眠りにつながる、といった効果があります。また赤ちゃんに触れることで、ママと赤ちゃんがより親密になれます。それに赤ちゃんにマッサージすることで、ママ自身も穏やかな気分になるでしょう。

ベビーマッサージは、赤ちゃんを家に連れて帰ってくる日から、初めても大丈夫です。パートナーにもマッサージを手伝ってもらうことで、赤ちゃんとお父さんとの絆も深まるでしょう。ベビーマッサージを始める前に頭に入れておきたいことは、次の通りです。

ベビーマッサージを毎日の習慣の一部にする

毎日、同じ時間帯にマッサージするようにすると、赤ちゃんも期待して、楽しんでくれるかもしれません。特に最適な時間帯というのはありません。ただし、何かの合間など焦らない時間帯のほうがよいでしょう。また赤ちゃんが空腹であったり、お腹一杯の際は控えましょう。

マッサージオイルを使用する際は、食べても大丈夫な、果実または植物のオイルにしましょう。オイルは無くても問題ありませんが、滑らかにすることでより簡単にマッサージするのが簡単であれば、ママも赤ちゃんもより楽しめるでしょう。オイルはココナッツ、キャノーラ、トウモロコシ、オリーブ、ブドウ種子、アプリコット、アボカド、またはベニバナ油などがお勧めです。これらのオイルは、赤ちゃんの肌に簡単に吸収され、子ども手や指を吸うと簡単に消化できます。ベビーオイルやミネラルオイルは毛穴を詰まらせますし、アレルギーがあるようあれば、ナッツオイルも控えましょう。

快適な場所を選ぶ

最低でも75°F以上で、ママと赤ちゃんの両方にとって快適で温かい場所にしましょう。 赤ちゃんはほぼ裸になるわけなので、マッサージ中に冷えて風邪を引かないようにしましょう。マッサージはオムツ交換台、ベッド、そしてラグの上などで行ってみてください。BGMをかけたり、話しかけたり、歌いかけたりしてみましょう

赤ちゃんの指示に従う

赤ちゃんも大人と一緒で、気分が乗らない時にマッサージをされるのが好きではありません。手を置いたときに彼が離れたり眉をひそめたり泣いたりする場合は、後にしましょう。そして、毎回全身マッサージをする必要はありません。足の裏と脚をマッサージした後に赤ちゃんが十分だと判断したら、そこで辞めて大丈夫です。

優しく触る

過度な圧力をかけないでください。心臓から離れた場所(肩から手首まで等)はリラックスしているので、昼寝前または就寝前のマッサージには最適です。赤ちゃんが起きて活発になる時には、心臓に向かう部分(手首から肩まで)は刺激されているため、より適しています。これらを組み合わせてもいいでしょう。

ベビーマッサージを始めるためのマッサージの方法

脚と足裏

片手で赤ちゃんのかかとを支えてください。そしてもう一方の手で、太ももの上から始め、ゆっくりと足首まで下げて、脚をゆっくり握ります。動きを逆にして足首から太ももに移動します。その後、親指で足をこすり、つま先まで静かに引きずるように撫でます。足を切り替えます。この方法は、腕と手のマッサージにも有効です。

赤ちゃんの体の両側を頭から足のつま先まで、手を滑らせて撫でましょう。また、赤ちゃんの頭に小さな円を指先で描くようにマッサージしてみてください。

赤ちゃんの頭の両側に手を入れて、額を中心から外側に向かってゆっくり押してください。そして上唇から目の下あたりまでスマイルマークを描くように、優しくなでてください。

赤ちゃんの胸に手を向け、ゆっくりと両側に押し出します。

お腹

指先で、あなたの赤ん坊のへその下に楕円を描きましょう。次に、「X」を作っているかのように、赤ちゃんの腹の一方の側から他方の対角線上に指先を「歩かせます」。

背中

背中を横に、そして上下になでてください

関連記事一覧