妊娠中にマニキュアをするときに注意したいこと

その他

妊娠中のマニキュア

妊娠中にマニキュアをするのは、まったく問題ありません。妊娠中もマニキュアを大いに楽しんでください。

マニキュアなしでは物足りない、おしゃれができなくて寂しい、と思っていませんか?安心してください。妊娠中にマニキュアをすることには何の問題もありません。おまけに、妊娠ホルモンの影響で爪がのびるスピードがはやくなる傾向にあるため、もしかしたら普段よりも楽しむことができるかもしれません。ネイルサロンにいく場合、よく換気してくれるところを選ぶようにしましょう。マニキュアの臭いが吐き気を催したり、使われている成分に危険なものが含まれている場合がまれにあります。アクリルのマニキュアについても、母体や胎児に悪い影響があるという科学的根拠はありませんが、万が一のことを考えて、赤ちゃんが産まれるまでは避けたほうがいいかもしれません。また、もしも妊娠ホルモンの影響で爪が弱くなって割れやすくなったら、爪を補強するための透明なものを繰り返し塗ってみてください。カルシウムを十分に摂取できているか、食生活ももう一度見直してみてください。

ネイルサロンでペディキュアをしてもらうときにマッサージをしてもらうと、足の痛みや、循環、むくみを取るのに驚くべき効果が見られることがあります。ただし、ネイリストに足をマッサージしてもらうときは、くるぶしとかかとの間の部分はマッサージしないように注意してください。陣痛を引き起こしてしまうことがあります。

ネイルサロンにいけなくても、自宅でできる方法はあります。
ブラウンシュガーとオリーブオイルを1:1で混ぜ、手ですくえるだけの量を脚に塗りながらマッサージします。かかとなど荒れているところは特に入念にマッサージしてください。それから、洗面器または湯船にお湯をはり、お気に入りのボディーソープを投入して、その中に脚を入れてください。よくすすいでタオルで乾かしたら、良いにおいのするボディークリームで保湿してください。最後に、ぺディキュアを塗りましょう。妊娠中に爪をケアすることは、良くも悪くも爪に起きる変化を上手に対処することにつながるでしょう。

関連記事一覧