にきびの治療法についての基礎知識

その他

にきびの治療法とは

にきびの治療は、症状の重さによって異なります。症状が改善するには、数ヶ月かかることもあります。

にきびには、様々な治療法があります。ここでは、詳しく紹介していきます。

にきびの治療

ブラックヘッドや、ホワイトヘッド、またニキビの数がほんの少しという事であれば、過酸化ベンゾイルを含む市販のジェルまたはクリーム(局所的な治療法)で治療できるでしょう。

しかし、範囲が大きくなってきているのであれば、処方薬が必要になる可能性があります。医師に相談するようにしてください。

医師に相談する基準として、以下を参考にしてみてください。

・多数の丘疹と膿疱がある
・市販の薬で効果がない

また、にきびの治療に使用できる処方薬は次のとおりです。

・局所レチノイド
・局所抗生物質
・アゼライン酸
・抗生物質錠剤
・経口避妊薬(ピル)の併用(女性の場合)
・イソトレチノイン錠

胸や背中の丘疹、膿疱や、顔に痛みを伴う結節がたくさんある場合は、症状が重いとされています。

通常、重度のにきびがある場合、最初は抗生物質錠剤と局所治療で対処します。それでも効果がないようであれば、イソトレチノインと呼ばれる薬剤を処方することがあります。

女性の治療としては、ホルモン療法や経口避妊薬(ピル)が有効とされることがあります。しかし、プロゲストゲン錠剤や避妊用インプラントは、症状を悪化させることがあります。

これらの治療の多くは、効果が出始めるまでに2〜3カ月かかることがあります。すぐに効果がない場合でも、忍耐強く、推奨された治療を続けることが重要です。

局所的な治療(ジェル、クリーム、ローション)

過酸化ベンゾイル

過酸化ベンゾイルは、皮膚の表面上の細菌の数を減らすための消毒剤として効果的です。また、ホワイトヘッドやブラックヘッドの数を減らす効果や、抗炎症作用もあります。

過酸化ベンゾイルは、通常、クリームまたはジェルとして入手可能です。 1日に1~2回、洗顔後20分以内使用します。顔のにきびのあるすべての部分に適用する必要があります。

肌を刺激しすぎないよう、控えめに使用するようにしましょう。また皮膚が日光に敏感になるため、日差しや紫外線(UV)を避け、日焼け止めを塗るようにしてください。

また、過酸化ベンゾイルには漂白効果もあります。髪や衣服につけないよう、気をつけましょう。

過酸化ベンゾイルの一般的な副作用には以下があります。

・肌のはりや乾燥
・灼熱感、かゆみ、かゆみ感
・若干の赤みと皮の剥がれ

副作用は通常、治療が終われば和らぎ、ひいていきます。

ほとんどの場合において、治療には6週間程度の期間を必要とします。症状がよくなった後も、再発を防ぐために、頻度を減らしながらも、治療を続けるように勧めらることが多くあります。

局所レチノイド

局所レチノイドは、皮膚の表面から死んだ皮膚細胞を除去する(剥離する)ことにより、細胞が毛包内に蓄積するのを防ぐ効果があります。

にきびを治療するために使用される局所レチノイドとして、トレチノインとアダパレンがあります。これらはジェルやクリームとして利用でき、通常は1日1回寝る前に使用します。

洗顔の20分後に、にきびがあるすべての部分にぬってください。ただし、局所レチノイドの場合、控えめに塗り、日光や紫外線に過度に暴露されないようにすることが重要です。また、局所レチノイドは、妊娠中に使用するのに適していません。先天性欠損を引き起こす危険があります。局所レチノイドの最も一般的な副作用には、軽い炎症やちくちくした痛みがあります。

抗生物質の局所投与

抗生物質の局所投与は、詰まった毛包に感染する可能性のある、皮膚上の細菌を殺す効果があります。 1日1回~2回、ローションまたはジェルで使用します。

抗生剤使用は、通常、6週間から8週間のコースが推奨されます。その後は、顔の細菌が抗生物質に耐性を持つリスクをさけるため、通常は治療を中止します。にきびが悪化し、さらに感染を引き起こす可能性があるためです。

副作用が起こることは少ないですが、以下が見られます。
・ 軽度の皮膚の炎症
・ 皮膚の赤みおよび燃焼
・ 皮膚のはがれ

アゼライン酸

アゼライン酸は、ベンゾイルペルオキシドまたは局所レチノイドの副作用が特に不快感や痛みを伴う場合、代替治療として使用されることが多くあります。

アゼライン酸は、死んだ肌を取り除き、細菌を殺す作用があります。クリームやジェルとして、通常は1日~2回(または皮膚が特に敏感な場合は1日1回)肌に塗ります。

この薬は、肌を日光に敏感にすることはないので、日光への曝露を避ける必要はありません。通常は、にきびが改善しだす段階で、1ヶ月間アゼライン酸を使用する必要があります。

アゼライン酸の副作用には以下がありますが、通常軽度とされています。

・皮膚の炎症やかゆみ
・かゆみ
・乾燥肌
・皮膚の赤み
・抗生物質の錠剤

抗生物質の錠剤(経口抗生物質)は通常、より重度のにきびを治療する局所治療と組み合わせて使用します。

ほとんどのケースにおいて、妊娠または授乳中でない限りは、テトラサイクリンと呼ばれる種類の抗生物質が処方されます。妊婦または授乳中の女性は、通常、使用することがより安全であることが知られているエリスロマイシンと呼ばれる抗生物質を服用することを勧められています。

症状が改善し始めるまでに、通常約6週間かかります。

治療にどれだけ功を奏するかによりますが、経口抗生物質のコースは通常4〜6ヶ月続きます。
テトラサイクリンは日光や紫外線に敏感に反応します。また、最初の数週間は経口避妊薬(ピルの効果が低くなります。ですので、コースの期間はコンドームなど別の避妊法をとりましょう。

ホルモン療法

ホルモン療法は、にきびを患う女性、特に多発性嚢胞卵巣症候群のようなホルモン状態が起因となっているケースや、生理に炎症が起こった場合、特に効果的です。

経口避妊薬(ピル)との併用を、医師に推奨されることがあります。女性のにきびに効果的なケースが多くありますが、完全な効果が見られるまでには1年ほどかかる可能性があります。

イソトレチノイン

イソトレチノインには以下のような、多くの有益な効果があります。

・皮脂を正常化し、脂の生産量を減らす
・毛包の詰まりを防ぐ
・皮膚上の細菌の量を減少させる
・それは赤み、斑点周囲の腫脹をおあさめる

しかし、イソトレチノインは広範な副作用を引き起こす可能性もあります。そのためこの薬は、治療法で効果のない重い症状にのみ、適応されます。

副作用のリスクがあるため、イソトレチノインは特別に訓練を受けた皮膚科医によってのみ処方されます。

イソトレチノインは錠剤とされる。ほとんどの人は4〜6ヶ月のコースをとります。治療の最初の7~10日間は、症状が悪化する可能性がありますが、これは正常な治療プロセスであり、すぐに解決します。

イソトレチノインの主な副作用としては、以下があります。

・皮膚、唇および鼻孔の炎症、乾燥および亀裂
・血糖値の変化
・眼瞼の炎症(眼瞼炎)
・目の炎症(結膜炎)
・血尿

また、まれな副作用として、以下が起こることもあります。

・肝臓の炎症(肝炎)
・膵臓の炎症(膵炎)
・腎臓病

希少ではあるもの、このような重大な副作用のリスクがあるため、イソトレチノインの治療では、治療前と治療中に血液検を行います。

イソトレチノインと出生異常

イソトレチノインは出産に影響を及ぼすことがあります。

妊娠中の女性は、以下を守るようにしてください。

・妊娠していたり、妊娠していると感じる場合は、イソトレチノインを使用しない
・治療開始前、治療中、治療終了後1ヶ月間、避妊の方法を1つ、理想的には2つ取る。
・治療前、治療中、治療後に妊娠検査を受ける

先天性障害のリスクを理解していることを確認し、現在性行為を行っていない場合でも、このリスクを避けるために避妊薬を使用する意思があることを確認する、同意書へのサインが求められます。

イソトレチノインを服用中に妊娠した可能性があると思われる場合は、直ちに皮膚科医に連絡してください。また、イソトレチノインは、母乳育児にも適していません

イソトレチノインと気分の変動

イソトレチノインを服用している間に気分の変動を経験したという報告がありました。これら変動がイソトレチノンの投薬が原因であったという証拠はありません。しかし念のために、もしうつ状態、不安、攻撃的な感情、自殺思考など感じた場合、すぐに医師相談して下さい。

非薬物療法

にきび治療には、以下のような、投薬を伴わものもあります。

・コメドエクストラクター
ブラックヘッドとホワイトヘッドをきれいにするのに使用できる小さなペン型の器具

・ケミカルピール
化学溶液が顔に適用され、皮膚が剥がれ、新しい皮膚がそれを置き換える

・光線力学療法
にきびの症状を改善するために光を皮膚にあてる

にきびと歯磨き粉

インターネット上には、歯磨き粉がニキビを乾かす効果があると紹介している情報が多くあります。確かに、歯磨き粉には抗菌物質が含まれていますが、肌に刺激やダメージを与える物質も含まれています。

従って、この方法で練り歯磨きを使用することはお勧めしません。薬剤師や医師に相談したほうが、よりはるかに効果的で安全な治療を受けれるでしょう。

関連記事一覧