頭からつま先まで輝く肌にするために

その他

柔らかい肌のために

手触りだけでなく見た目もよい、柔らかい肌になりたいですか?これは、顔だけでなく、全身を洗ったり保湿したりする方法から始まります。ケアの日課がこのところずっと同じパターンを繰り返している場合、で古い、しばらくの間同じであった場合は、その習慣を刷新して、自分が何を選択すればよいかを検討するタイミングかもしれません。

クレンザーとスクラブで保湿する

固形石けんを使って洗うのが、最も一般的な体を洗う方法です。しかし、ほとんどの固形石けんにはクレンジングは、今でも身体を洗う最も一般的な方法です。しかし、ほとんどの固形石けんには、肌から天然の油分を取り除くラウリル硫酸ナトリウムが入っています。

でも今は、体を洗うときに潤いを与える石けんがあります。こうした石けんやクレンザーは、肌が水分を保持しやすくするヒアルロン酸といった成分で潤いを与えています。石けんやクレンザーの中には、肌をしっとりさせる持続放出型セラミドと呼ばれる成分が入っているものもあります。また、クレンザーの中には肌を滑らかにする粉砕されたダイヤモンドパウダーが配合されているものもあります。

男性のほうがべたべたして脂っぽい肌になりがちなので、男性用に作られたボディクレンザーは、女性用もしくは男女兼用のクレンザーより泡立ちやすい一方、保湿力はありません。

ボディスクラブで見た目を新たにする

ボディスクラブは新しいものではありません。長年にわたり、女性は角質除去スクラブを使用していますが、多くの人が今やそのメリットを発見しています。それは、入手できるボディスクラブ製品の種類が増えている原因のひとつとなっている可能性があります。

肌が新しい細胞を成長させる前に、死んだ細胞を取り除く必要があります。ボディスクラブは、粒状の、もしくは化学的なスクラブ剤で死んだ細胞をはがします。海塩や砂糖といった粒状のスクラブ剤は、肌の保湿を保つために植物油と混ぜ合わせています。

ボディモイスチャライジングクリームとローション

男性も女性も、肌が乾燥すると体を保湿するクリームやローションで補うことができます。顔用の保湿剤やクリームを首や胸の上に使うこともできます。

体用の保湿クリームやローションは、乾燥して荒れた肌、特に足や腕、胴の肌が乾燥してかゆくなる冬の肌を治すのに最適の製品です。どの製品が肌に合うかがわからない場合は、皮膚科医に相談してください。

セラミドに効果があるかもしれません。セラミドはクレンザーや保湿剤に含まれています。ボディモイスチャライザーは多目的になっています。ボディモイスチャライザーは、肌の輝きを改善するために、保湿剤と死んだ肌細胞をはがす効果があるαヒドロキシ酸を組み合わせています。クリームや保湿剤の中には、広域スペクトラムの日やけ止めの効果があるものもあります。日焼けは肌を乾燥させるため、この日焼け止めはUVAとUVBの両方の紫外線を防ぐとともに、1つで保湿と日焼け止めという2つの効果を提供します。

高価なボディクリームは、香りもよく、ぜいたくで、変わった成分が入っているかもしれませんが、ほとんどの薬局で販売されている商品は、それほど高いものでなくても、乾燥肌を治したり予防したりするのに効果があります。多くの製品が脂っぽくないように作られています。中には乾燥して肌がめくれている人を対象にした成分が入っているものもあります。乾燥肌用のクリームは、シアバターやジメチルポリシロキサンといった成分で保湿成分を閉じ込めます。

関連記事一覧