膀胱炎についての基礎知識~原因、症状~

その他

膀胱炎とは

“炎”で終わる病状を見ると、体の一部に炎症があることが分かります。膀胱炎の場合、膀胱に炎症がみられます。何度も痛み、心休まることなく、定期的にトイレにいくようになることで、自分が膀胱炎だと知ることになるでしょう。胱炎は尿路感染症(UTI)の最も一般的なタイプです。膀胱炎があると、膀胱に集まった細菌が膀胱を腫れさせ、刺激してし、通常よりも頻繁にトイレにいかなくてはならない症状になります。

男性よりも、女性の方がはるかに多く膀胱炎になる傾向が見られます。膀胱炎は、典型的には、重篤というよりは、厄介な症状です。抗生物質で治療可能ですが、細菌が膀胱から腎臓へと移動し、より重度の問題になる可能性があるので、すぐに治療することが重要です。

原因

膀胱炎の原因は、大腸菌と呼ばれる細菌です。大腸菌は、肌や腸の中に生きていて、通常は問題ではありません。しかし、大腸菌が尿道に入ると、膀胱にまで入り込み、問題を引き起こす可能性があります。

以下は一般的ではありませんが、膀胱炎が発症する原因とされています。

・石けんや香水などのパーソナルケア製品に含まれている化学物質
・化学療法薬
・膀胱手術やカテーテルによる損傷
・骨盤周囲のがんを治療するための放射線

中には、間質性膀胱炎と呼ばれる、膀胱が常に腫れている状態になっている人もいます。間質性膀胱炎の原因は不明であり、通常の膀胱炎に比べて治療するのがずっと難しいとさrています。

症状は何?

症状の傾向としては、いくつかみられます。

・排尿時の痛み
・頻尿
・吐き気(気分が悪い、疲れがみらえる、体温が低い)。
・下腹に痛みや圧迫があります。
・尿の色が濃く、曇っている、または強い匂いがある。

幼児の場合、通常はしない日中に、おねしょが見られる場合は、膀胱炎の兆候の可能性があります。夜間のおねしょは、通常、膀胱炎に関係ありません。

以下がみられる場合、医師の診察を受けてください。

・血尿
・数時間以上続く兆候や症状
・抗生物質を服用した後に戻ってくる症状

以下は、腎臓感染症の兆候です。これらが診られる場合は、すぐに医師に診てもらいましょう。

・高熱
・脇、または背中の痛み
・寒気
・嘔吐
・胃の不調

診断

医師は身体検査をした上で、症状について問診を行います。主に検査をする事項は以下です。

・尿検査
尿中の細菌、血液、膿を検査します
・尿培養
細菌の種類を調べます

膀胱炎の原因は、多くの場合、膀胱の感染であり、その場合は上記が必要になるすべての検査です。しかし、以下の人は、膀胱炎の原因を見つけるため、高度な検査を必要とする場合もあります。

・子供
・男性(男性は膀胱炎にかかりにくい傾向があるので、他の病気を調べる)
・腎臓障害のある人
・1年以内に3つ以上の膀胱感染症を発症する女性

その場合、医師は以下の方法で検査を行います。

・膀胱鏡検査
尿道に膀胱鏡(カメラ付の細い管)を挿入して問題を探したり、更なる検査(生検)のために組織サンプルを採取します。
・造影検査
超音波、CTスキャン、およびMRで、腫瘍、腎臓結石などが見つかる可能性があります。
・静脈性尿路造影(IVU)
腎臓、尿管、および膀胱の画像を撮影するために造影剤を使用するX線です。
・排尿時膀胱尿道造影
尿が膀胱から腎臓に向かって逆流しているかどうかを確認するために膀胱に染料を入れます。
・逆行性尿道造影
造影剤を使用して尿道の問題を発見します

膀胱炎の治療

膀胱炎に必要な治療は、膀胱炎になった原因によって異なります。

細菌

多くの場合、抗生物質で治療を行います。通常であれば、1日程度で改善が見られますが、あくまでも医師の指示どおりに薬を服用してください。治療に必要な期間は、全体の健康状態、感染の頻度、細菌の種類によって異なります。

閉経を過ぎた女性には、エストロゲンを含む膣クリームが処方されることがあります。

間質性膀胱炎

医者が原因を知らないので治療するのは難しいですが、以下はしばしば効果がみられます。
・辛い食べ物やカリウムが多い食品は避ける
・喫煙や飲酒は避ける
・膀胱訓練に取り組む
医師の協力の元訓練することで、頻繁にトイレに行かなくてもよくなります
・排尿の習慣を変える膀胱を弛緩させ、症状を緩和する薬を飲む。
・軽い電気パルスを使用して神経を刺激する。
このことで痛みが軽減し、頻繁に排尿しなくてもよくなります。

その他のタイプの膀胱炎

膀胱炎が石けんの使用などが原因となった場合は、これらの製品は避けた方がよいでしょう。化学療法や放射線療法を受けている場合は、痛み止めを処方してもらったり、膀胱を洗い流すために水分をたくさんとる方法について、相談にしましょう。

予防

膀胱炎を予防する確実な方法はありませんが、医師によって以下を提案される場合もあります。

・石けん、香水を含むパウダーは避ける。また、膣に消臭剤やスプレーを使用しない。
・尿意を催したときは我慢しない
・水分を十分取る
・性行為の後は排尿する
・トイレの際は、前から後ろに向かって拭く

関連記事一覧