抗生物質の基礎知識~メリットとデメリット~

症状

抗生物質とは何ですか?

抗生物質は、生命を脅かす伝染病など、感染症を治療するために使用される強力な医薬品です。 抗生物質は、正しい方法で使用されていない場合、益よりも害を引き起こす可能性があります。 いつ抗生物質を使用すべきか、また使用しないようにするべきかを知ることが必要です。

抗生物質はすべての感染症に対して働きますか?

抗生物質は、細菌、真菌、特定の寄生虫によって引き起こされる感染症に対してのみ作用します。 ウイルスによって引き起こされる感染に対しては機能しません。 ウイルスはたとえば、風邪、インフルエンザ、咳、喉の痛みを引き起こします。

抗生物質耐性とは何ですか?

「抗生物質耐性」および「細菌耐性」は、同じものです。通常抗生物質は、細菌を殺したり、増殖を止めたりします。 しかしいくつかの細菌は特定の抗生物質に対して耐性があります。 これは、抗生物質がそれらに作用しないことを意味します。 抗生物質を使用しすぎたり、医師の指示通りに正しく使用しない場合、細菌はより急速に抵抗力を身につけてしまいます。
ある抗生物質に耐性のある細菌は、別の抗生物質で治療されることがあります。これらの医薬品は、病院で静脈内に投与しなければならない場合があります。 いくつかの細菌はすべての抗生物質に耐性があり、現在は治療が不可能な状況です。

家族を助けるために何ができますか?

抗生物質がすべての病気を治すとは思わないでください。 風邪やインフルエンザなどのウイルス性疾患のために抗生物質を服用しないでください。 できる最善のことは、風邪やインフルエンザが自然と治るのを待つことです。 場合によっては2週間以上かかる場合もあります。 病気が2週間後に悪化したら、医者に相談して症状を和らげるための助言を得てください。

抗生物質が必要かどうかはわかりますか?

感染を引き起こしているものによって異なります。 基本的なガイドラインは次のとおりです。
【風邪やインフルエンザ】 ウイルスが原因のため、抗生物質で治療することはできない
【咳または 気管支炎 】 ほとんどの場合ウイルスが原因だが、肺に問題がある場合や長期間続く場合、細菌が原因である可能性がある。 医師は抗生物質を処方することがある
【喉の痛み 】 ほとんどの喉の痛みはウイルスが原因なので、抗生物質は必要ない。 しかし、連鎖球菌性咽頭炎は細菌によって引き起こされる。医師が連鎖球菌性咽頭炎かどうかを判断し、抗生物質を処方することがある
【耳の感染症】 耳の感染症にはいくつかの種類がある。 抗生物質は耳感染の一部(すべてではない)に使用される
【副鼻腔感染症 】 副鼻腔感染症の治療に抗生物質がよく使われる。しかし、鼻水や黄色や緑色の粘液は必ずしも抗生物質が必要なわけではない

抗生物質の何を知る必要がありますか?

医者が抗生物質を処方している場合は、数日後に気分が良くなっても、処方通りの期間と分量をすべて守ってください。 これは、抗生物質に耐性になる可能性のある細菌が体内に残る可能性を減らします。
処方箋なしで抗生物質を決して服用しないでください。 何らかの理由で、手元に抗生物質が残っていても、医師の指示がない限り、服用しないでください。 その抗生物質は、今の病気に対しては機能しないかもしれません。 効き目があるとしても、すべての細菌を完全に殺すのに十分な量の薬は残っていないでしょう。使用することで、体調が良くならないだけでなく、細菌が抗生物質に耐性を得る機会を増加させます。
衛生状態を良くすることで、感染にかかるのを防ぐことができます。石鹸と水で手を洗ってください。特に、トイレを使用した後や、ペットの便や赤ちゃんのおむつを交換などの後、食べる前に手を洗ってください。

関連記事一覧