予算内で「1日5種類」の野菜や果物を食べる

その他

より安く果物や野菜を買う

1日に5種類の果物や野菜を食べるのには、あまりお金はかかりません。ここでは、より安く果物や野菜を買うため方法をご紹介します。
お金を節約しながら日々の食事により多くの果物や野菜を入れる方法については、こちらをお読みください。

予算内で「1日5種類」をするための10のヒント

・果物や野菜は、包装されていないものを買ってください。パッケージに入った果物や野菜の半分の価格になっていることもあります。
・果物や野菜は通常、旬だと安いです。
・果物や野菜は、地元の商店街や農家の直売所では安いことがよくあります。
・朝や午後のお菓子を果物にしましょう。バナナやりんごはほとんどのチョコレートバーやポテトチップスの約半分の値段です。貯金が増えるだけでなく、健康になれます。
・古くなりかけた野菜を捨てないでください。シチュー、スープ、キャセロールに入れて冷蔵しておけば、別の機会に食べられます。残り物を安全に保存する方法について、詳しくはこちらをご覧ください。
・1つ買うともう一つが無料など、果物や野菜のお得な情報を探してください。
・凍結したエンドウ豆や乾燥した豆など、凍結乾燥した果物や野菜のお得な情報を探してください。新鮮なものよりも安いことがあります。
・調理済み食品から自炊の料理に交換してください。シチュー、キャセロール、カレーなどの野菜は1日に食べるべき5種類の果物や野菜の一つにカウントされますし、料理を自分で作れば既製品よりも安いことがよくあります。
・缶詰の果物や野菜をストックしておきましょう。5種類の野菜に入りますし悪くならないので、一括して購入することができます。水や果汁の中に入っていて、塩や砂糖が加えられていない缶詰のフルーツと野菜を買いましょう。スーパーマーケットのプライベートブランドのものは、たいていは一番安いです。
・一度にたくさん調理し、後で食べる分は凍らせましょう。
ほかにもお金を節約するヒントがあります。

関連記事一覧