妊娠中の栄養を確保するための食事計画について

その他

妊娠中の栄養確保

妊娠中とはいえ、職場で食べる、道端で食べる、或いは移動中に食べる、なんてことをしているんじゃありませんか?
ここでは、妊娠中の女性がどんな状況に出くわそうとも、確実に栄養を確保するための方法をご紹介いたします。

健康食

妊娠中、食事として妊娠食を採用する、或いは我流で食事を考える、など様々な方法があるとは思いますが、いずれにしろ、常に決断を妊娠ガイドブックに頼る、といったことができるわけではないことはご承知のことと思います。確かに、いつでも自身が状況をコントロールできている(買い物や調理も自分でしている)のであれば健康的な食生活を送ることは簡単でしょう。しかしながら、最も栄養志向の妊婦でさえも、どこかしらの時点で(大体は、多くのケースにおいて)主導権を握りきれていない中で食事に関する決断を下さねばならないときがあるのです。

結局、妊娠を超越した人生を生きているのも事実ですから。それは、ビジネスランチ、休暇でのディナー、旅行プラン等があれば完結するのです。バフェには魅力的なメニューが並び、スナック・バー等は栄養のかけらもないくせにカロリーばかり高い食品で溢れかえっているでしょう。機内の調理室など、(15g程度のプレッツェルパックを食事と呼べるのなら話は別だが)まともな食事がないではありませんか。会議が食事の時間に食い込んでしまう日には、お腹が減っていても目の前にあるのは自販機だけ、なんてこともあるわけでしょう?(自販機のチーズ・クラッカーにはカルシウムが入っているから、なんて期待しているんでしょうよ。)

そんな忙しないノンストップ人生には、良好な妊娠期を送るための栄養食生活を取り入れる余裕は無いのでしょうか。いいえ、ありますとも。ちょっと計画しさせえすれば(ついでにジップロックも必要)、家からどれだけ離れていようとも、栄養を確保するための作戦を遂行できるでしょう。

関連記事一覧