西ナイルウイルスの基礎知識~症状、予防法~

症状

西ナイルウイルスとは?

西ナイルウイルスは、ヒト、鳥、馬、蚊に感染するウイルスです。 このウイルスの感染は、アフリカ、西アジア、中東で最もよく見られます。 このウイルスは1999年の夏に米国で感染が拡大したが、日本国内での感染例はなく、2017年に米国からの帰国者に1例感染者が報告されました。
西ナイルウイルスは、ヒト-蚊-ヒト感染、ヒト-ヒト感染することはありません。また、感染した患者から感染が拡大することはありません。

症状

西ナイルウイルスに感染したほとんどの人は症状が出ません。 また、西ナイル熱と呼ばれる症状が軽い場合もあります。 症状としては、以下のものがあります。
症状は通常、感染した蚊に刺されて3〜6日間続いた後3〜14日後に起こります。 西ナイルウイルスの症状の重いものには、以下のものがあります。
これらの症状は数週間続くことがあります。 これらの症状があり、最近蚊に刺された場合は、医師にご相談ください。
皮膚発疹
熱
頭痛
吐き気
嘔吐
下痢
食欲減少
腫れたリンパ節(リンパ腺)
背中や筋肉の痛み
突然の高熱(102°F以上)
重度の頭痛
肩凝り
動揺
震えまたは筋肉痙攣
発作
昏睡状態
弱さまたは部分的な麻痺

西ナイルウイルスはどのように広がっていますか?

西ナイルウイルスは、蚊によって広がることが最も多いです。 蚊はウイルスを運ぶ鳥を刺すことで感染します。 感染した蚊に刺されると、西ナイルウイルスに感染する可能性があります。 これは、春、夏、および早秋の暖かい時期に最も頻繁に起こります。 西ナイルウイルスは他の人やペットからうつることはありません。
米国で2002年に西ナイルウイルスが流行した際、数人が輸血や臓器移植によってウイルスに感染しました。 しかし、これらが原因でウイルスに感染するリスクは非常に低いです。
妊娠中や授乳中の女性から赤ちゃんに西ナイルウイルスがうつったという報告もありました。 しかし、これらのケースは非常にまれです。

西ナイルウイルスに感染するリスクは誰にありますか?

西ナイルウイルスがヒト、鳥、馬、または蚊に見つかった場所に住む人々は、感染の危険性があります。 暖かい季節に屋外で多くの時間を過ごす場合や、DEETを含む虫除け剤で皮膚を保護しない場合には、さらに大きなリスクにさらされます。 しかし、ウイルスが報告されている地域であっても、人が蚊に刺されて症状が出ることはほとんどありません。
50歳以上の人と免疫系を弱化させた人は、西ナイルウイルスに感染し、重症になる危険性が最も高いです。 西ナイルウイルスに感染した人々の1%未満が重い症状を引き起こすことを忘れないでください。

重度の西ナイルウイルス感染者の死ぬ割合は?

西ナイルウイルスに感染したほとんどの人は、症状を発症しないか、西ナイル熱の軽度の症状しか発症しません。 ウイルスに感染した人の1%未満が重度の症状または合併症を発症しますが、ほとんどすべての人が完全に回復します。 少数の重症患者のうち、約10%が死亡します。

予防法

西ナイルウイルスに対するワクチンはありますか?
西ナイルウイルスを予防するワクチンはまだありません。
西ナイルウイルスの感染を防ぐには?
西ナイルウイルスの感染を避ける最善の方法は、家や近所の蚊の数を減らすことです。
できることは以下のようなものがあります。
鳥の池、池、植木鉢、泳ぐプール、古いタイヤをはじめ、蚊が繁殖する可能性のある場所にある水を取り除いてください。 小さな池で蚊の繁殖を防ぐための製品は、園芸用品店に売っています。
蚊を防ぐために、窓のスクリーン、ポーチ、パティオのスクリーンで亀裂を修復してください。
夜明け、夕暮れ、早朝の夜間は屋内にいてください。 蚊はこれらの時間帯に最も活発です。 これらの時間帯に屋外に行く場合は、靴と靴下、ロングパンツと長袖シャツを着用してください。 ルーズフィット、明るい色の服が最適です。
屋外に出る場合は、20%〜30%のDEETを含む虫除けスプレーを使用してください。 ラベルの指示に従って塗布してください。 子供に虫除けスプレーを使用する際は、医師に相談してください。

西ナイルウイルス感染の治療法はありますか?

西ナイルウイルス感染の治療法はありません。 軽度の症状を経験した人は、通常、数日後に薬を飲まなくてもよくなります。 重症の患者には入院して静脈内(IV)の液体を与えることがあります。 この場合、呼吸を助けるために人工呼吸器と呼ばれる機械の上にいる必要があるかもしれません。 医師は、肺炎などの他の感染症から彼らを守るように努めます。

西ナイルウイルスは他の問題を引き起こす可能性がありますか?

まれに、西ナイルウイルスは、脳脊髄炎と呼ばれる脳の腫脹や脳の周りの膜の腫脹、髄膜炎と呼ばれる脊髄のような疾患を引き起こします。 これは、永続的な脳の損傷や死につながる可能性があります。

医師に質問すべき事項

この地域では西ナイルウイルスが広まっていますか?
西ナイルウイルスに感染するリスクはありますか?
西ナイルウイルスから身を守るためにできることはありますか?
どのような治療法が最適ですか?
風邪やインフルエンザの薬は効果がありますか?
子供に西ナイルウイルスをうつしてしまう可能性はありますか?
どのような虫除けスプレーを使うべきですか?
気分が悪化したら、医師に相談すべきですか?

関連記事一覧