ハイポグリセミア(低血糖)~症状、治療~

症状

低血糖とは

低血糖は血液中のグルコース(血糖)の数値が普通は70mg/dl以下と異常に低い状態のことです。お医者さんにあなた個人の血糖値の目標値と、低すぎる数値はどのくらいかについてお話をするのは大切なことです。

低血糖はインスリン反応、あるいはインスリンショックとも呼ばれます。

低血糖の症状はあなたの血糖値が低いことを示す重要な手がかりです。低血糖への反応は個人によって異なるので、血糖値が低いときの自分の兆候と症状を学ぶのは大切です。

自分が低血糖状態かどうか知る唯一の確かな方法は、可能であれば血糖を調べることです。もし症状を経験していて何かの理由で血液中のグルコースを調べることができなかったら、低血糖の処置をしましょう。深刻な低血糖は事故、怪我、昏睡、そして死亡につながる潜在的可能性があるのです。

低血糖の兆候、症状(早く起きるもの)

震え
神経質や不安
発汗、悪寒やじっとりとした感じ
短気やせっかち
うわごとを含む混乱
速い心拍
朦朧としたり、くらくらしたりする
空腹と吐き気
眠気
ぼんやりしたり視覚障害が出る
唇や舌のちくちくや無感覚
頭痛
虚弱や疲れ
怒り、頑固さ、あるいは悲しみ
協調の不足
悪夢や就寝中に泣く
発作
無意識

治療

15~20グラムのグルコースか単純糖質を取りましょう。
15分後に血糖値を再度確かめましょう。
もし低血糖が続いていたら、繰り返しましょう。
ひとたび血糖値が普通に戻ったら、1、2時間より後に食事か軽食をとろうとしているならば、少しだけ軽食を摂ってください。

単純糖質15グラムは主に以下のように使われます。

ブドウ糖錠剤(包装の指示に従いましょう)
ゲルチューブ(包装の指示に従いましょう)
テーブルスプーン2杯のレーズン
4オンス(2分の1杯)のジュースか(ダイエット向けではない)普通のソーダ
1さじの砂糖、蜂蜜、とうもろこしから作ったシロップ
脂肪が無い、もしくは1%の牛乳を8オンス
キャンディー、ジェリービーン、グミキャンディー(消費すべき量を見極めるため包装を見ましょう)
グルカゴン

もし処置されないままでいれば発作や無意識(意識を失った昏睡状態です)につながるかもしれません。この場合、他の誰かがひきつがなければいけません。

グルカゴンは血糖値が低すぎるときに貯めこんだグルコースを血液中に放出するよう肝臓を刺激するホルモンです。注射可能なグルカゴンの一式は、深刻なインスリン反応で意識を失った糖尿病の人を治療する医薬品として使われます。お医者さんにそれを買うべきか、そしてどのように、いつ使うべきかお話になってください。

あなたが頻繁に交流をもつ方々(例えば、家族の人員、重要な他人、共同作業者など)も深刻な低血糖状態を治療するグルカゴンの投与の仕方を指導されなくてはなりません。もし状況を統御できないと感じたら(例えば、低血圧の人が気絶した時、意識が戻らないか発作があり、面倒を見てくださる方がどのようにグルカゴンを注射するかご存知でない、あるいはグルカゴンが手に入らないなどの状況)、電話をしましょう。

グルカゴンがもし必要なら

グルカゴンを患者さんのお尻、腕や腿に製造者の注意書きを読みながら注射しましょう。
患者さんが意識を回復したら(たいてい5~15分)、吐き気と嘔吐を感じるかもしれません。
もしグルカゴンが必要なら、お医者さんに知らせましょう。そうすれば将来深刻な低血糖になるのを防ぐための方法をお話することができます。

してはいけないこと

インスリン注射(低い血糖値をより低くしてしまいます)
食べ物や液体の供給(個人によっては喉を詰まらせる恐れがあります)
口に手を突っ込む(個人によっては喉を詰まらせる恐れがあります)

無自覚性低血糖

かなりの頻度で、低血糖の症状は血糖値が70mg/dl以下に下がったとき起こります。しかし、多くの人は見たところこれより数値が低いのに症状が見られません。これは無地覚醒低血糖と呼ばれます。無自覚性低血糖の人は低血糖症が夜に起こるため眠りから目覚めにくいです。

無自覚性糖尿病はこれらの人の中でより頻繁に起こります。

頻繁に低血糖になる(この状態は低血糖の初期の危険信号に気づかなくしてしまいます)
長期間糖尿病を患ったことがある
糖尿病を厳しくコントロールしている(これは低血糖反応を経験する機会を増やします)
もし自分は無自覚性糖尿病だとお考えなら、お医者さんとお話をしましょう。お医者さんは更なる低血糖と将来の症状の発現のリスクを避けるため血糖目標値を調整して下さるかもしれません。

症状の他の原因

他の人々は血糖値が70mg/dlより高いときに低血糖の症状が出るかもしれません。これは血糖値がとても高く、素早く下がり始めた時に起こる可能性があります。もしこれが起こったら、お医者さんと治療について話し合いをしましょう。

メディカルID

多くの糖尿病の患者さん、特にインスリンを使われる方は、常にメディカルIDを携帯なさるべきです。
深刻な低血糖症の場合や自動車事故、その他の緊急事態に、メディカルIDは糖尿病に罹患していることや、インスリン使用の有無、なにかアレルギーは無いか、などその人の健康状態に関する重大な情報を提供することができます。救急医療関係者の方は自分自身について話のできない人が運び込まれてきた時にメディカルIDを探すように訓練されているのです。
メディカルIDは普通ブレスレットやネックレスとして着用されます。古くからのIDにはその人に関する基本的な鍵となる情報が刻まれていて、小さなUSBを含む現在のIDのうちいくつかは緊急時のために個人の全ての医療記録を保持できます。

どうやったら低血糖を防げる?

一番いい策は、良い糖尿病の管理を実践することと低血糖を検知する方法を学ぶことです。そうすれば悪化する前に早めに治療ができます。

関連記事一覧