男性の悩み?男性器の大きさについて

陰部

男性器について

どの男性も自分の性器は普通より小さいとか恋人を満足させてあげられないといったことで悩んでいます。しかし調査によればほとんどの男性は彼らの誇りや喜びを過小評価しているのです。
男性はつねに性器の大きさを重要視しています。多くの文化が男性と性器の大きさを結びつけています。だんだんと男性器は男らしさ、豊かさ、強さ、能力と勇気といった性質を象徴するようになりました。

ある男性たちはその性器を大きくしようと極端なことをします。聖者として知られるインドの神秘主義者たちは若いときから男性器に重しをつるし伸ばそうとしてきたことで知られていますし、ブラジルのトピナマ族の男性たちは男性器を大きくするために毒蛇に噛ませることをすすめてきました。

不適切であるということを感じることは男性の自信を傷つけ社会的生活にも影響を及ぼします。性的なかかわりを避けるために公衆便所や共同のシャワー室が使えなくなるなどの問題に発展することがあるのです。

世界中の会社がこの心配を搾取し、「男性器の長さと太さをすばやく増強します。そうならなければ返金を!」と約束するピル、男性器肥大器具とその他の男性器拡大器具を販売するのです。

あなたの男性器を測定すること

多くの男性の性器に関する考えは幼いころに形作られます。成長するにつれ、彼らはお兄さんや友人、父親の性器を見て、心の中で自分のものと比べてみるのです。

性器の大きさへの恐れや心配は思春期のほかの人々からの嘲笑や性的パートナーの言葉によっても起こるかもしれません。

しかし、性健康の専門家であるデヴィッド・デルヴィン博士は男性は自らの性器に間違った見方をしていると言います。「自分の性器を見下ろしたとき、実際よりも小さく見えます」と彼は言います。「反対に、着替え場所やシャワーで他の人の性器を見たときは横から見るわけです。ですからたいてい自分のより長く見えるのです」

自分の男性器を他の人が見るように見るため、姿見の前に裸で立ってみましょう。上から見るよりも男性器は長く、大きく見えるのです。

ある年頃になると、ほとんどの少年たちはルーラーやメジャーで男性器がどれほどの長さか調べます。デルヴィン博士は勃起していない状態での計測は、たとえば部屋がどれほど寒いかなどによってもさまざまな結果になるので重要でないといいます。

適切な計測をするには、勃起したときに行いましょう。それが根元からてっぺんまでの大きさをはかる基準です。

男性器の大きさの平均

人間の成長率は人それぞれなので10代の平均数値はありません。

2015年の1万5千人を対象にした調査によれば、成人の男性器の平均的大きさは

長さ:13.12CM(5.16インチ)勃起時
外周:11.66CM(4.59インチ)勃起時

です。勃起した男性器の角度にはかなりの多様性があります。ある勃起した男性器は真上を、あるものは真下を向きます。あるものは左右に若干曲がります。正確な形状はないのです。もし男性器にかなりの曲がりがあれば性交時に痛みや困難を伴うかもしれないので医者に見せましょう。それらはペイロニー症の兆候かもしれないのです。

ひとそれぞれ男性器は独特で男性は違う年齢、比率で成長します。思春期のころ、おもに11歳から18歳のとき、男性器と睾丸は男性器は21歳まで成長するのにもかかわらずより早く成長します。

満足できない男性たち

実際の大きさに関わらず、多くの男性が自分たちの男性器の大きさに満足していません。

5万人以上の男女を対象にしたインターネット上の調査を基にした研究によれば、男性の45パーセントが男性器を大きくしたいようです。シェフィールド大学の性医学の相談役、ケヴァン・ワイリー教授の調査書は、男性器が小さい人よりも平均的大きさの男性のほうが男性器の大きさに極度の関心をもつと結論付けました。

女性の考えること

ワイリー教授の報告書は男女の考えていることの違いも見つけました。自分の性器の大きさに満足している55パーセントの男性よりもはるかに多い85パーセントの女性がパートナーの男性器の大きさに満足しているのです。

ワイリー教授は、女性にとっての魅力の問題は複雑だといいます。しかし、ほとんどの調査によれば男性器の大きさは男性の人格や身づくろいといった問題に比べれば女性の中で優先度はだいぶ下がるのです。

教授は言います。「若い男性には驚きかも知れませんが、ほとんどの女性は男性器の大きさにはほとんど興味がなく、それは数え切れない調査で繰り返し示されています。」

教授は性交時、女性は男性がロマンティックであるか、女性の求めるものや欲に対し優しく繊細であるかの方に男性器の大きさより興味を持つと調査は示しているとしています。

もしまだ心配であるなら

性器について心配な男性に対しカウンセリングは有効であることが証明されています。セラピーは患者たちを結びつけ彼らの男性器に対するゆがんだ見方を直し、自尊心をつくり性的関係への恐れを打破することを助けます。

ワイリー教授は言います。「治療により、男性たちは恐れによってかつては一緒になることすらためらった潜在的パートナーに会うことへの心配に打ち勝つことができるのです」

関連記事一覧