性交疼痛症の基礎知識~原因、診断、検査~

症状

性交疼痛症とは?

性交疼痛症とは、女性にみられる性交時の痛みです。性器付近や骨盤の深部が鋭く痛んだり、ひりついたり、月経中の痙攣痛に似ている場合もあります。原因は多数存在しますが、それぞれ有効な治療法があるため、医師に相談してください。

どこで相談することができますか?

医師に症状を話しましょう。状況によっては、婦人科医に相談する必要があるかもしれません。

原因

セックスでは、性器のあらゆる部分に痛みが生じる可能性があります。
膣周囲の皮膚の痛み
タンポンや陰茎が膣に挿入されたときや、座ったり、ズボンをはくときに痛みが生じます。原因としては、炎症や感染の可能性があります(酵母感染、尿路感染、膣の炎症など)。
膣や周辺の怪我の痛み
避妊具が正しくフィットしていないことでの痛み
膣周囲の筋肉の痙攣
深刻な場合は、セックスが不可能なケースもあります。
膣の乾燥による痛み
セックス中に痛みを引き起こす可能性があります。原因として、閉経やエストロゲンレベルの変化、性交前の前戯の欠如などが考えられます。
骨盤の深部の痛み
セックス中、「何かがぶつかっている」という感覚になることがあります。
子宮の怪我の痛み
子宮筋腫が成長している場合や子宮が傾いている場合、子宮が膣まで下りている場合、子宮を損傷する可能性があります。
卵巣の病気による痛み
特定の体位で痛みを引き起こすことがあります。
過去の手術での瘢痕の痛み
膀胱や腸の痛み
膣に近いため、セックス中に痛みを引き起こすことがあります。
子宮内膜症や骨盤内炎症性疾患による痛み
精神的な問題による痛み
実際には痛みがない状態になっていても、「セックス=痛い」と思い込んでいると、緊張したり、興奮できなくなり、さらなる問題を引き起こす可能性があります。
セックスに対するあなたの気持ちや悩みを、パートナーや医師に打ち明けることが重要です。

性交疼痛症はどのように診断されますか?

どこが痛むか、いつ始まったかなど、痛みについて医師からの問診があります。 場合によっては、過去に試したことについても尋ねられるかもしれません(ローションや長い前戯を試したか?セックスするたびに痛むのか?セックスに関わる他の病気はないか?など)。

検査はどのようなものですか?

検査中、膣の周辺が痛いか綿棒で確認することがあります。
膣と子宮頸部の検査は膣鏡によって優しく行われますが、一部、痛みを感じる女性がいます。その場合、小さな膣鏡を使ったり、痛みが減るまで検査を延期することがあります。
検査の最終段階では、腹部に当てた片手と、膣に挿入した指で子宮と卵巣を触診します。
検査があまりに痛い場合には、医師に伝えることが重要です。医師と事前に相談してください。

検査は必要ですか?

症状や検査で病気の可能性があった場合は、酵母や細菌の検査を、病気でない場合は、尿やアレルギー検査などを行うことがあります。

医師に相談すべき質問

私の痛みの原因は何ですか?
検査は必要ですか?
痛みを和らげるために何ができますか?
薬やほかの治療法でも痛みは改善しますか?
セックスするのは安全ですか? 痛みが悪化したらどうしたらいいですか?

関連記事一覧