野菜や果実を自己栽培するメリットについて

その他

野菜・果実摂取メリット

野菜や果実は健康的な食事に欠かせないものであり、自分でこれらを栽培すれば、楽しみ、満足感を得ながら五人前/日計画を遂行できるに違いありません。
野菜や果実は多量のビタミンやミネラルの良き供給源でありますが、ほとんどの人は摂取量が足りておりません。
たくさんの野菜や果実をとる人は心臓病等の慢性の病気、脳卒中、癌を発症する確率が下がります。だからこそ、一日五人前摂取することを念頭に置いて、毎週買い物に出かける際に多彩な野菜・果実を購入することが重要なのです。
しかしながら、キッチンの野菜・果実供給源はほかにもあります。自己栽培することで、最も新鮮なものを確実に口にすることが出来、節約も出来るのです。
また、ガーデニングは身体的によりアクティブでいるためのとても良い方法です。これはさらに、ストレスを解消して精神的健康を増進する可能性もあります。子供に手伝わせればガーデニングは、彼らが果実や野菜をより一層食べたり、多彩な食物を試したりすることの後押しにもなるのです。
予想以上に簡単なことですし、庭なども要らないのです。

野菜・果実の自己栽培を始める

野菜や果実を自分で育てる方法はたくさんあります。
庭があるのであれば、そこで始めると良いでしょう。もし庭がない場合でも、以下に示す選択肢があります。
・容器の中で育てて、舗装された庭やバルコニーにおく。
・自分の居住地区のガーデン・スキームおを調べるか、自治体から市民農園を貸与してもらう。
・自治体に問い合わせ、付近の市民農園の貸与を申し込む。大抵の場合は一区画を割り当てられるか、或いは予約リストに記録してもらえる。

関連記事一覧