臭い足を改善するためのセルフケアとは

症状

足のセルフケア

誰にとっても臭い足は嬉しいものではありません。しかし効果的で簡単かつ安くすむ家でできる、一週間以内に足の臭いを消せる方法があるのです。

医学的にはブロモエステルとして知られる、不快な臭いを発する足は、一年を通して問題になっています。
足汗と毎日同じ靴を履くことが主な原因となっています。

なぜ足汗をかくのか

誰でも気温や時期を問わず足汗をかきます。しかしティーンエージャーや妊婦はホルモンの変化でより汗をかきやすくなり、特に足汗をかきやすいのです。
また一日中靴を履いていたり、ストレスを感じていたり、多汗症である場合、普段よりも汗をかくことになります。
みずむしなどの真菌症も足の臭いに繋がります。

足病医のロレーヌ・ジョーンズによると、足汗が靴に浸透し、次に履くまでにその汗が乾かなかった場合、足が臭くなります。
肌のバクテリアは毛穴から流れてくる汗を分解します。汗が分解されることで強烈な臭いが放たれるのです。

「靴の中で一日中足は汗をかき、湿ることでバクテリアが育ち始めます。靴を脱ぎ、特に暗い靴入れの中などにしまった場合、バクテリアは繁殖し続けます。そして次の日靴を取り出しまだ汗で湿った靴をはくことで、シャワーを浴びた直後でも、バクテリアが生き残るのに最適な状態を生み出しているのですー温かく、暗くて湿っていること。

どのように足の臭いに対処するか

嬉しいことに、簡単で速く、確実な足の臭いの解決法があるのです。
・ヒビスクラブという抗菌性の石鹸で足を洗うこと。地域の薬局の店頭で多くの足用衛生商品を見つけることができるが、ヒビスクラブが一番効果が出る。
・ヒビスクラブをつけてそのまま数分待ち、洗い流す。

ロレーヌによると「もし一日二回それを行えば、一週間以内に確実に足の臭いを消すことができる」そうです。
また湿疹など皮膚が弱い状態でヒビスクラブは使用できません。

足の臭いを予防する

足を清潔に、良い匂いの状態に保つためには、衛生的であること、靴を定期的に替えることが大事です。
・二日続けて同じ靴を履かないこと。代わりに違う靴を履いて、最低でも24時間靴を乾かす時間をとること。
・10代の男子には二組の運動靴を持たせ、二日間以上連続して同じ靴を履かないようにすること。
・毎日足を洗って乾かし、最低でも一日一回は靴下(ウールやコットンが望ましく、ナイロンは避けるべき)を変えること。
・足の爪は短く清潔に保ち、硬い皮はやすりなどで取り除くこと。硬い皮は湿ったときにふやけ、バクテリアの格好の住処になってしまう。

もし特に足汗をかきやすい場合は以下の項目を試してみてください。
・シャワーや入浴跡に、エチルアルコールを染み込ませたコットンでつま先を軽くふくと良いーエチルアルコールはつま先の間の皮膚を乾かすのに役立つーさらにタオルで乾かすこと。
・デオドラントスプレーや発刊抑止スプレーなどを足に使うことー普通の腋用スプレーや発刊抑止スプレーでも専門的な足用商品と同じくらい効きます。またコストも抑えることができます。
・消臭効果のある薬用インソールを靴の中に入れること。
・足を清潔に保つ靴下を試すースポーツ用ソックスの中には、足を乾いた状態に保つための通気パネルがついているものもあります。また抗菌ソックスには、汗によって育ち、臭いの発生源となるバクテリアを抑える薬品が染み込ませてあります。
・革靴や運動靴はプラスティック製の靴と違い足の通気を良くするので、積極的に履くこと。
・夏にはつま先の開いたサンダルを履き、夕方家では裸足でいること。

いつ医師に診てもらうか

足の臭いは一般的には解決する無害の問題です。
しかし時々、健康状態の表れである可能性もあります。
もしこれらの簡単な方法で足の臭いがなくならない場合、また汗のかき方が尋常じゃないと感じた場合は、医師に診てもらいましょう。
医師は強い発刊抑制剤を処方したり、イオン導入法(要解説)と呼ばれる、過度の発刊をなくすために水を通して弱い電流を流す治療についても考慮することができます。

関連記事一覧