産後にうつ病にならないために知っておきたいこと

その他

産後うつとは

子供を産むと言うことは、人生を変える出来事として、いい方向にも悪い方向にも流れる可能性があります。良い面としては、もちろん長い妊娠期間を経て、待ちに待った赤ちゃんに出会えるということです。ただ、良くないこととしては、出産の疲れ、ホルモンバランスの崩れや睡眠不足などから回復している間も、赤ちゃんの世話をしなければいけないということです。

多くのママは、泣きたくなる思いを経験しているのです(いつも喜びの涙と言うわけではありません)。マタニティーブルーと呼ばれるこの感情の変化は、非常に正常な兆候です。マタニティーブルーは多くの女性に見られますが、幸いなことに通常、数週間でホルモンバランスが落ち着いてくると、次第におさまります。

しかし、中には症状がまだ続いていて、産後うつ病(PPD)と呼ばれる疾患にかかっていることがあります。産後うつは、出産後最初の3ヶ月以内にかかる可能性があり、診断されず気付いていないことも多くあります。

産後うつを発症する危険性が最も高い女性は、個人または家族にうつ病の経験がある(産後うつ病含む)、重度のPMS、妊娠中のうつ病、困難な妊娠または出産をした、生活の中でサポートしてくれる人が不足している、赤ちゃんが慢性的な病気を持っている、といった傾向があります。ただし、これらのリスク要因のない人も産後うつを発症する可能性があるため、注意が必要です。

産後うつ病は、ベビーブルースとは異なり数週間以上続き、うつの症状もベビーブルースよりも思い傾向があります。

症状としては以下がみられます。

・悲しみ、絶望、無力感が続く
・自分自身や赤ちゃんの世話をすることができない、または欲望がない
・母親としての失敗感、あなたの気持ちに対する罪悪感
・極度の疲労
・摂食障害
・不眠症
・記憶障害
・パニック
・強迫観念や行動

ごくまれに、産後精神病を発症することもあります。これは、産後うつ病よりもはるかに極端な症状です。幻覚や妄想も含まれていて、とても危険な状態になる可能性があります。

産後うつ病かもと思ったら

医師の元で診断を受けてください。また以下の質問を自分自身に投げかけてください。

・良くないことが起きたとき、不必要に自分自身を責めたことがある
・特に理由もなく、怖がったりパニックに感じたことがある
・とくに理由もなく、不安や心配になったことがある

これらの質問のいずれかまたはすべてに、「はい、ほとんどの時間」または「はい、時折」と回答する場合は、直ちに医師に相談するように予約してください。

自分が産後うつだと診断されたとしても、安心してください。産後うつは治る可能性が高いです。産後うつの主な治療には、対話療法と抗うつ薬があります。また、光療法が取り入れられるケースもあります。また、 オメガ3脂肪酸は気分を良くする効果があるとされています。オリーブ油、サケ、マグロ類、くるみなどに豊富に含まれています。オメガ3を含む妊婦サプリメントの服用を続けます。妊婦や産後ママ用のサプリもありますので、服用するようにしましょう。

治療のほかに、負荷を軽くし、精神を良好するためにできることは他にもあります:
・家族や友だちに助けを求める(そして受け入れる)!全部自分でやろうとしないでください。
・パートナーに夜間の赤ちゃんの世話を手伝ってもらい、睡眠時間を増やす
・新鮮な空気と気分転換のため、少なくとも1日1回は家から出る

関連記事一覧