運動で新陳代謝を促す2つの方法とは

その他

新陳代謝とは

トレーニングが次のステップへ進むことによって、新陳代謝のスピードを上げることができるでしょう。

新陳代謝には、食べ物をエネルギーに変え、その状態を維持するために身体が行うことの全てが含まれています。他の人より新陳代謝が早い人もいます。

新陳代謝が早くなるか遅くなるかに影響を与えるものには、年齢、性別、遺伝子など、自分ではコントロールできないものもあります。しかし、それが普通のことであるとひとたび理解すれば、新陳代謝のスピードを上げられるかどうかは自分次第なのです。実際に違いを生み出すもの、つまり運動について焦点を当てましょう。

筋肉細胞はたくさんのエネルギーを必要としています。つまりたくさんのカロリーを燃焼
しなければならないということです。実際のところ、運動していない時でさえも、筋肉細胞は脂肪細胞よりも多くのカロリーを燃焼しているのです。そのため、トレーニングに時間を費やすことによって、汗を流した後でも、長い間恩恵を受けることができます。

年を取るにつれて、運動することはさらに重要になってきます。年とともに筋肉量は自然に減り、それによって新陳代謝が遅くなります。トレーニングによってこの低下を止めることができます。

簡単なことです。以下のような2つの方法で、筋肉を鍛える必要があります。

1.トレーニングを強化する

ランニングをすることでも、ズンバを踊ることでも、どのような有酸素運動でもカロリーを燃焼することができます。そのような運動をより激しく行うことで、身体はより多くのカロリーを燃焼できるようになるでしょう。

インターバルトレーニングに挑戦してみましょう。どのような有酸素運動でも行うことができます。基本的な考え方は、高負荷と低負荷の運動を交互に切り替えるというものです。非常に負荷のかかる運動をしたら次にペースを下げ、この手順をまた繰り返していきましょう。

例えば、1分間でできる限りの挙手跳躍運動をし、そのあとその場を2分間歩きましょう。これを15分間繰り返します。

2.バーベルを持ち上げる

筋肉は脂肪よりも多くのカロリーを使うので、筋肉を強くすることによって、休んでいる時でさえも、より効率的にカロリーを燃焼できるようになるでしょう。
週に2回、それぞれの主要な筋群(腹筋、二頭筋、殿筋、大腿四等筋)に対して12~15分間
の反復運動を1~2セット行いましょう。

このような運動をすることによって、単に新陳代謝を促進する以上のことを行うことになります。心臓、骨、さらには気分にさえも良い影響を与えます。あらゆることで得をするのです。

関連記事一覧