妊娠糖尿病の治療方法について知っておきたいこと

治療方法

妊娠糖尿病の治療について

妊娠糖尿病は母親と赤ちゃんを傷つける可能性があるので、速やかに治療を開始する必要があります。

妊娠糖尿病の治療は、血糖値を妊娠糖尿病にかかっていない妊婦の血糖値と等しくすることを目標としています。妊娠糖尿病の治療には特別な食事計画と指定された身体活動が含まれています。毎日の血糖検査やインスリン注射も含まれることがあるかもしれません。

血糖を検査している場合には、米国糖尿病学会は妊娠中に妊娠糖尿病になった女性のために以下のような目標を提案しています。程度の差はありますが、厳しい血糖目標を立てることが歌人個人に適切であるかもしれません。

食前:95mg/dl以下
食事の1時間後:140mg/dl以下
食事の2時間後:120mg/dl以下

妊娠糖尿病の治療が必要に応じて変更できるように、医師や看護師、その他の医療チームのメンバーからの助けが必要となるでしょう。妊娠糖尿病の治療をすることによって、非常に大きな赤ちゃんの出産に必要である帝王切開を行う危険性を低くすることができます。

妊娠糖尿病の治療を続けることで、健康的な妊娠と出産ができるようになりますし、生まれてくる赤ちゃんが将来病弱になることを避けられるかもしれません。

広い視野で心配し続ける

妊娠糖尿病は不安の原因になると思いますが、妊婦と医療チーム(医師、産科医、看護師、栄養士)は高い血糖値を下げるために一丸となって取り組むことができます。そしてこの助けがあれば、その不安を健康的な妊娠へ、そして赤ちゃんの健康的な出産へと変えることができるのです。

妊娠糖尿病―先を見据える―

妊娠糖尿病は通常、妊娠後には治ります。しかし、一度妊娠糖尿病になると、3人に2人の割合で将来再び妊娠した時にこの病気が再発する可能性があります。しかしながら、妊娠によって1型糖尿病や2型糖尿病が明らかになる女性もわずかながらいます。このような女性が妊娠糖尿病なのか、あるいは単に妊娠中に糖尿病の症状が現れ始めただけなのか判断することは困難です。このような女性は妊娠後も糖尿病治療を続ける必要があります。

妊娠糖尿病にかかる女性の多くは、数年後に2型糖尿病になります。妊娠糖尿病と2型糖尿病になる傾向には関係があると考えられています。妊娠糖尿病と2型糖尿病はどちらもインスリン抵抗性に影響を及ぼします。特定の基礎的な生活習慣の変化によって、妊娠糖尿病にかかった後に糖尿病になることを予防することができるかもしれません。

痩せることで糖尿病のリスクを下げる

自分の理想的な体重を20%以上オーバーしていますか?何ポンドか体重を落とすだけでも2型糖尿病になることを予防することができます。

・健康的な食べ物を選択しましょう
簡単な日々のガイドラインに従いましょう。例えば、生の果物や野菜などのさまざまな食べ物を食べること、脂肪の摂取量を毎日のカロリー摂取量の30%以下にすること、1人前あたりの量に気をつけることなどです。健康的な食生活は、糖尿病やその他の健康問題を予防することに大いに役立ちます。

・運動しましょう
適度な運動によって身体は余分なインスリンを使うことなく糖を使うことができます。これによってインスリン抵抗性と戦えるようになります。糖尿病患者にとって運動が有益なものであるのはこのためです。運動プログラムを始める前には、最初に必ず医師の診察を受けましょう。

関連記事一覧