赤ちゃんのうんちについて~胎便、移行便~

お腹

赤ちゃんのうんちについて

赤ちゃんはよく排便していますか?たまに?ゆるい?硬い?黄色や茶色、または多彩な色合いですか?臭い?甘い匂い?排便の状態は、赤ちゃんの健康状態を表します。さまざまな色、濃度、頻度で表示され、すべて健康で「正常」とみなされます。

赤ちゃんの最初の便:胎便

赤ちゃんのおむつを初めて交換したときに、緑がかった黒色の便を見つけましたか?それは赤ちゃんがお腹にいる間に、徐々にあかちゃんの腸を満たしていた粘着性のタール様物質である胎便です。それは不安定な色に見えるかもしれませんが、それは完全に正常な証拠です。胎便をだしているというのは、赤ちゃん腸が仕事をしていることということです。

最初の24時間後、すべての胎便を出した時に、薄い緑色がかった黄色で緩やかな(特に授乳中の幼児)移行便が見られ、ときには粘液が含まれることがあります。また赤ちゃんが服用中に血液を飲み込んだ結果として、血液中に跡が残ることもあります(血液が含まれたおむつは看護婦や医師に見せるようにしてください)。

移行期の3〜4日後には、赤ちゃんが食べる食べ物の種類によって、便の色と堅さが決まりますが、排便を繰り返していくうちに、日々変化することがあります。

移行便

移行期の3〜4日後はに、赤ちゃんが食べている食べ物の種類によって色が決まります。
最初の24時間後、すべての胎便が通過したときに、薄い緑色がかった黄色で緩い(特に授乳中の幼児)移行便が見られ、ときには粘液が含まれることがあります。赤ちゃんが服用中に血液を飲み込んだ結果、血液中に痕跡が残ることさえあります(おむつに血液が含まれていれば、看護婦や医師に見せるようにしてください)。

赤ちゃんのうんち:何が普通?

赤ちゃんのうんちの何が普通なのかは、赤ちゃんが母乳かミルクかによって異なります。あなたの赤ちゃんが母乳育児をしている場合、腸の動きはしばしば色と粘り強さのようなマスタードのようなもので、時にはゆるい、水分の多いもの、時には草分け的、かすかなもの、彼女が処方されている場合、便は通常、授乳中の赤ちゃんより柔らかく、より良い形をしています。淡黄色から黄褐色、明るい茶色または茶色がかった緑色です。

赤ちゃんは1日何回うんちする?

早期の段階では、母乳の赤ちゃんは通常、1日1回おむつを変えます。言い換えれば、出生の1日目に、1回うんちをして、2日目には2回するでしょう。ただこのパターンは通常5日目までは続きません。 5日後は、平均的な授乳を受けた新生児には、1日に約5回排便をします。

6週までに、授乳中の赤ちゃんの便のパターンが変わり始めることがあります。赤ちゃんが排便の感覚を1日(または2日または3日)飛ばすことがるかもしれません。赤ちゃんによっては、最初の1年間は、1日に何度も何度も排便しますし、数日に1日の子もいます。赤ちゃんが幸せで体重が増えている限り、6週間後は、赤ちゃんが健康で体重が増えていれば、便の数を数える必要はありません。便の回数は日々変化するかもしれませんが、それは全く持って正常の証です。

ミルクで育てられた赤ちゃんは、1日3〜4回排便する傾向があります。しかし赤ちゃんによっては、3〜4日に1度の子もいます。あなたの赤ちゃんの便が柔らかく、便を出すのに苦しんでいないようあれば、心配する必要はありません。赤ちゃんが5日以上うんちしない場合は、小児科医に相談してください。

私の赤ちゃんが排便をしている場合はどうしたらいいか?

赤ちゃんが唸ったり、うめいたり、顔を歪めたとしても、気にしないでください。これらは柔らかい便を出すときでさえ、赤ちゃんにとっては普通のことです。赤ちゃんのお尻は、便を排泄するために、まだ十分に調整されていないので、こうやって練習しているのです。

なぜ、赤ちゃんの便の色がことなる?

新生児の糞の色、質感、匂いはかなり頻繁に変わることがあります。便は赤ちゃんの健康にそのまま直結するので、注意を払い異変があれば、小児科医に相談してみてください。

便に血液が見られる場合

赤ちゃんが母乳であれば、便の血液がママの食事の何かに過敏症やアレルギーを持っている可能性があります。小児科医は原因を確認するためにママに、乳製品、大豆、ナッツ、小麦、またはピーナッツなどのアレルギーとなりうる食事を、2~3週間控えるよう、勧めるでしょう。赤ちゃんがミルクの場合、大便中の血液は、今飲んでいるミルクにアレルギーがある可能性があります。ミルクの種類を切り替えることについて医師に相談してください。

食物とアレルギー症状との間に相関がないこともあります。その場合、あなたの赤ちゃんは出血を引き起こした彼女の肛門に小さな亀裂があるかもしれません。また、別の可能性として、ママの乳首に出血がみられ、赤ちゃんはその血液を飲み込んでいるかもしれません。

乳幼児メレナとは?

メレナは、生後3ヶ月以降に見られる厚く黒いまたはタール状の便であり、しばしば消化管での出血を表します。メレナの可能性があると感じたら、すぐに小児科医に連絡してください。

赤ちゃんが排便していない

母乳育児の場合、便秘はまれですが、初めの週に一日5回未満であれば、母乳育児は十分に食事をとっていない可能性があります。その後、6週から3ヵ月頃には、1日に1回、2〜3日に1回まで減る可能性があります。赤ちゃんが3日以上連続して出産していない場合は、小児科医に電話してください。

ミルクの赤ちゃんは、通常、排便の間に少し長く行きます。便秘の可能性があるので、彼女が5日以上倒れなければ医者にチェックインしてください。

赤ちゃんの便秘

健康な食事をとっている赤ちゃんでも、便秘になることがあります。赤ちゃんの便秘は簡単に解消できます。何か気になることがあれば、常に小児科医に相談してください。

赤ちゃんの下痢

赤ちゃんが頻繁に、水っぽい緑っぽい便を出しているということは、脱水状態の兆候の可能性があります。異変を感じたら小児科医に相談しましょう。

赤ちゃんの便をみて、凄く不安に感じるようなことがあれば、写真を撮って医師に見せてください。心配ないことが殆どであれば、赤ちゃんが気分がすぐれないようであれば、小児科医に確認してもらうとよいでしょう。

関連記事一覧